歯に悪影響を及ぼす!今すぐやめたい生活習慣とは

はじめに

誰でも虫歯や歯周病になりたくないものです。

虫歯や歯周病になると歯を失うことになりますが、これらを防ぐための今すぐやめたい生活習慣とはどういったものなのでしょうか。ここではそんな悪い生活習慣についてご紹介しましょう。

思い当たることがあれば、すぐに改善してくださいね!

虫歯ができるメカニズム

そもそもなぜ虫歯になるのでしょうか。

虫歯になる原因はミュータンス菌などの菌が歯についてプラークと言われる細菌の塊を作り出し、食事などで摂った糖分を使い酸を作ります。この酸によって歯が溶かされてしまい虫歯になる・・というものです。

歯の成分はリンやカルシウムなどのミネラルでできており、酸によってこれらが溶かされることを脱灰と言います。

虫歯はほとんどが黒くなります。脱灰が起きた後に唾液などのリンやカルシウムが歯に付いて再生することを再石灰化と言い、再石灰化が行われる際になんらかの色素を取り込むことで黒くなると言われています。

では、どうして進行してしまった虫歯が黒いのかというと、神経が死んでしまい使えなくなってしまっており栄養分が歯に行き届かなくなているからだと言われています。

今すぐやめたい歯に悪い生活習慣

歯に悪い生活習慣とは歯磨きを怠ることにありますが、それ以外にも注意したい生活習慣は数多くあります。ご紹介する項目に心当たりがある方は注意が必要です。

研磨剤入りの歯磨き粉で磨く

歯磨きをする際に研磨剤の入ったもので磨いている方が多いでしょう。

研磨剤は歯を白くするためのもので、歯に付着した汚れを落とす効果がありますが、エナメル質を傷つけてしまうこともあります。

研磨剤の入った歯磨き粉で力を入れてブラッシングすると、エナメル質がはがれてしまい象牙質が露出します。そうなれば、虫歯になっていないのに冷たいものなどがしみてくる可能性があります。

酸性や糖分の多い飲食物を摂る

歯は酸に弱いと言われています。

酸はすっぱいものの成分ですので、そういったものが入ったジュースやお菓子などを撮ると歯は次第に弱ってきます。また、かんきつ系の果物などを食べた後はしっかり歯磨き得お行わなければ歯が弱ってしまうでしょう。

また、炭酸飲料はその名前の通り酸を多く含んだ飲み物ですし、糖分とクエン酸が多く入っていますので、飲み過ぎるのはおススメできません。

だらだら食い

唾液にはお口の中の歯周病菌などの菌をきれいにし、清潔に保つ効果がありますが、だらだら食いをしていると、酸性に傾く時間が長くなるため歯の再石灰化がしづらくなります。

つまり、間食が多い方は虫歯になりやすいためだらだら食いをせず食べる間隔をあけるようにし、酸性に傾く時間を少なくしましょう。

特に、あめなどをなめる習慣がある場合は注意が必要です。

虫歯菌が糖分をえさにし酸を作り出し、歯の表面を溶かすため虫歯になりやすいからです。また、小さいお子さんは唾液の分泌量が多いので虫歯になりにくいと言われていますが、虫歯が多いお子さんはだらだらと食べていることが考えられます。

だらだら食べるのをやめ、時間を決めておやつをあげるようにしましょう。

寝る前に歯を磨かない

歯磨きをしないで寝ると、お口の中の食べもののかすや糖分などが歯に付着したままになります。

虫歯菌はそういった糖分などを栄養にし、歯の表面に粘着性の物質を作りだしその中に虫歯菌や歯周病菌などが増殖してしまいますが、これがプラークと言われるものです。

プラーク内の虫歯菌は糖分をえさに酸を作り出し、歯の表面を少しずつ溶かし出す・・これが虫歯です。

ここで重要なのが虫歯に抵抗力がある唾液で、唾液の効果によって細菌の増殖を抑えたり、酸を中和し虫歯になりづらくします。

ただ、寝ている間は唾液の分泌量が減ってしまうため、虫歯になりやすいので寝る前は必ず歯磨きを行って、糖分をなくしておくようにしましょう。

寝る前に食べる

寝ている間は唾液の分泌量が減少すると言われており、唾液の分泌が減少して口の中が乾きやすくなってしまい、プラークが付きやすくなります。

寝る前に歯磨きをしたとしても磨き残しがあれば虫歯菌の栄養になる可能性があるため、寝る前30分は食べたり飲んだりするのをやめましょう。

食いしばりや歯ぎしり

食いしばりや歯ぎしりをすると、かなりの力が歯にかかります。あまりに強い力がかかりすぎると歯が割れたりすることもあります。

これを放っておくと、虫歯や歯周病になることがあります。

ただ、寝ている間の歯ぎしりは生活習慣なのでご自分で意識的にやめることが難しいです。

クリニックで歯ぎしり防止用のマウスピースを作ってもらい防止したり、ストレスが原因ならストレスを解消する方法を考えるといいでしょう。

たばこを吸う

たばこに含まれているニコチンという成分は血管を収縮させると言われていますが、実はお口にも悪影響があることが分かってきました。

たばこを吸うと骨の血管や歯ぐきの血管が収縮し血液の供給量が減ってしまいます。

さらに唾液の分泌量も減ってしまい、細菌をやっつける白血球の機能が半減し歯周組織が細菌に侵されやすくなります。また、治療が済んだところを回復させる力にも悪影響があると言われています。

たばこを吸うと歯周組織の抵抗力が落ち治療したとしても治癒しにくくなる可能性があるのです。

たばこを吸うと唾液の量が減るため歯周ポケットに歯石が付着しやすくなりますし、メラニンを作り出す細胞を刺激するため歯ぐきが黒くなり、お口の中が乾燥し口臭が起きることもあります。

 まとめ

歯に悪影響を及ぼすやめたい生活習慣について具体的にご紹介しました。

ご自分にも思い当たることがあるかもしれませんが、早いうちにクリニックで相談していただき、対策を取れば虫歯や歯周病を防止できるはずです。

ぜひ、悪い生活習慣を見直していただき虫歯や歯周病にならない生活を送ってくださいね!

TOP