親知らずが生えてきたときの確認事項

はじめに

親知らずとは大臼歯の中で一番後ろにある歯で、正式な名前を第三大臼歯と言います。

親知らずは最も前にある歯から数えて8番目の歯で、生育するのが最後の歯だと言われており、一般的に15歳前後に生えるので親が知らない間に生えるため、親知らずと言われるようになったそうです。

そんな親知らずが生えてきた時、いったいどういったことを確認しておけばいいのでしょうか?

親知らずが生えてきた時のトラブル

そもそも、親知らずが生えてきた時の最大のトラブルとして痛みがありますが、それは一体どうして起こるのでしょうか?その原因は親知らずは最も奥にあり見えづらいため、ブラッシングしづらいことが挙げられます。

親知らずが生えてきた時に傾いていると、前の歯とぶつかりまっすぐに生えることができないため前の歯とぶつかり合ったところに汚れが溜まりやすいです。そうすると、汚れがどんどん溜まってしまい周りの歯が腫れたり、親知らずの周りの歯ぐきが腫れて痛みが出ます。

さらに、汚れによって歯ぐき以外にも他の歯が虫歯になったりして激しい痛みが起こることがあります。どうしてもご自分での歯磨きでは汚れを完全に取りきれないため、虫歯になるリスクが高いのです。

いっぽうで、まっすぐに生えてきた時は汚れがたまるところがほとんどないため、トラブルが起きづらいと言われています。

このように、親知らずは生え方によって痛みが起こることがあります。

親知らずが生えてきた時には抜く必要があるのかどうか確認しておく必要があります。では、どういった親知らずだと抜く必要があるのでしょうか?

抜く必要がある親知らずとは

何度も炎症を起こす

いったん薬物などを使って症状が改善しても、親知らずの痛みは再発しやすいものです。

疲れたり、体力が落ちたりすると、抵抗力が落ちるため腫れや痛みが起こります。多い方は年に1度親知らずの痛みが起こる方もいます。

何度も親知らずの痛みを繰り返す場合は通院するのが大変ですし、重症化すると激しい頭痛が起きたり、あごが開きにくくなったり、だるさや発熱・・などの全身症状が引き起こります。

この場合は抜歯することが多いです。

虫歯になっている

親知らずは最も奥に生えてくるのでブラッシングしづらく、磨き残しが多くなってしまうことが多いです。そうなると、虫歯菌が増殖し虫歯になりやすいです。

これはなにも親知らずに限ったことではないですが、我慢できると言っても虫歯になっている歯を放置していていいことなど何もありません。薬を使って痛みや腫れを抑えた上で、根本的治療を行っていく必要があります。

もともと親知らずは必要な歯でないので、たとえ抜いてしまっても問題ありません。

噛み合わせが悪い、生え方の向きが悪いなどのトラブルがあったらクリニックで相談の上抜いてもらいましょう。

きちんと生えそうにない

親知らずが歯ぐきから見えていてもスペースが足りずに生えらない、倒れてしまている・・などの場合は後になってトラブルの原因になるため抜いておいた方がいいでしょう。

歯並びを悪くしてしまう

親知らずが傾いて埋まっていると、隣の歯を押すため歯並びが悪くなることがありますが、こういったケースでも親知らずを抜歯しないと歯並びが悪くなるため注意が必要です。

お口の中のケア状態が悪い

ブラッシングがきちんとできていないと、親知らずが生えた時に腫れや痛みの原因になるため、トラブルが起きないうちに抜歯しておいた方がよさそうです。

たとえ親知らずに痛みがあったとしても、必ず抜かなければいけないということではなく、完全に生えるまでにかなりの時間がかかることもあるため、その間歯ぐきが腫れたり、隣の歯を押したりすることで痛みが起きることもあります。

ただ、きちんと親知らずが生える見込みがあったり、毎日のお口のケアをしっかりとできるなら親知らずを抜く必要などありません。逆に抜かずに残しておけば他の歯がダメになった時に利用できることもあるので、残せる親知らずは残すという考え方のクリニックもあるほどです。

抜く必要がない親知らずとは

まっすぐ生えている

親知らずがきちんとまっすぐ生えている場合は抜かなくてもいいでしょう。ほとんどの親知らずは斜めや横に生えており、周りに細菌が溜まって痛みや腫れ、口臭が起きたりしますが、まっすぐに生えていればブラッシングしやすいので抜かなくてもいいでしょう。

前の歯の虫歯がひどい

親知らずが横向きや斜めに生えていると、歯と歯の間に汚れが溜まりやすくなり、親知らずの周囲が歯周病や虫歯になりやすいです。

親知らずの手前の歯が神経まで進行しているような虫歯の場合、前の歯を抜歯して親知らずを残す場合もあります。

あごの深くにあって歯ぐきや歯に悪影響がない

親知らずがあごの深くにある場合、歯ぐきや歯に悪影響がないことが多いです。このような場合は親知らずを無理に抜く必要がないと言われています。

ただし、抜くことになった場合は手術が必要になり大がかりになることが多いです。

矯正治療によって正しい位置に移動できる

親知らずの生える方向が悪い場合、矯正治療によって正しい位置に動かしきちんと噛めるように治療することが可能です。ただ、矯正治療は歯を移動させる治療とは言うものの、どういったケースでも治療できるとは言いきれません。

矯正治療で親知らずが動かせるかどうか、クリニックで相談することをおすすめします。

抜きたくない場合

親知らずはどうしても抜かなくてはならないということもないため、残しておくことで将来なんらかのリスクがあることを理解した上で抜かないという選択をする場合もあります。

まとめ

親知知らずが生えてきた時に確認しておくことは抜くべきか抜かない方がいいのか・・ということです。

もし、抜く方がいい親知らずの場合放っておくと、痛みや腫れの原因になったり、他の歯へ悪影響を及ぼすことがあるからです。

将来何か問題が起きそうであれば、かかりつけのクリニックで相談した上、早めに抜いてもらうようにしましょう。

一度、みなさんの親知らずも抜いた方がいいのか、抜かない方がいいのかクリニックでチェックしてもらってはいかがでしょうか?

TOP