親知らずを抜歯する場合の治療法について

はじめに

歯医者さんに親知らずを抜くことをすすめられ、抜くかどうか迷っている方は多いでしょう。
また、友達から経験を聞いたりして自分も抜く方がいいのか気になっている方や、すでに親知らずが痛み出した方もいるでしょう。
親知らずは下の歯が横向きにはえていることが多く、正常にはえているより抜歯が困難だと言われています。
さらに、大人になって抜歯は初めてという方はさらに不安なものです。
でも、親知らずを残したままでいるとデメリットがあまりにも多いですし、早いうちに抜いてしまった方が傷の回復も早いです。
ここでは、親知らずの抜歯について方法や抜いた方がいい理由などをご紹介しましょう。

 

親知らずを抜歯した方がいい理由とは?

もし、親知らずが原因で歯ぐきが腫れていたら、すぐにクリニックで治療してもらいましょう。
虫歯になっていたり、腫れていたら悪化するばかりです。
親知らずが腫れる原因の最も多い理由は、親知らずの周りにばい菌がたまって炎症を起こしているからです。
たとえば、親知らずが半分だけ生えていたり、頭部分だけ見えている状態ですね。
では、親知らずを抜いた方がいい理由にはどんなものがあるのでしょう。

 

隣の歯が虫歯になる

親知らずの手前の歯は虫歯になりやすいため、これを治療するためには親知らずを抜歯してから処置をする必要があります。

 

頭痛が起こる

上の歯が親知らずだと親知らずの根っこの先が副鼻腔に近いところにあるため、この部分の感染が副鼻腔に広がってしまうと、鼻づまり頭痛の原因となります。

 

歯並びを乱す

横向きに生えている親知らずは出てくる際、手前の歯を押し出して痛みが出ます。
さらに、出て来る時の力が前の歯に掛かり続けると前歯が動き出し歯並びが悪くなります。

 

親知らずが生える時に痛い

親知らずが生えてくる時、一番奥の歯ぐきを突き破って出てくるのですが、その際に汚れがたまり歯ぐきが腫れて痛みが出ます。
さらに、かみ合う歯の親知らずがまず出てくると、親知らずを覆っている歯ぐきを噛み痛みが出ると言われています。

 

口臭が起こる

親知らずがあると汚れがたまりやすいため、歯周病虫歯のリスクが高くなり口臭が起こります。

 

のどやあごに痛みが出る

細菌が歯ぐきと親知らずの間からあごの中に入ってしまうと、化膿してしまい痛みが出ます。
さらに、親知らずの腫れがのどの組織にも広がって喉が赤くなり、飲み込む際に痛みが出ます。

 

虫歯で痛みが起こる

親知らずは歯磨きを行うのが難しいため虫歯になることが多いです。
でも、歯ぐきが覆っているため歯科検診などでは見つけにくいので、レントゲンなどで検査する必要があります。
虫歯がかなり進んでから痛みが突然出るため、治療が難しく抜歯する必要が出てきます。

 

歯ぐきが腫れ痛みが起こる

親知らずは歯ぐきが上にあることが多く、この歯ぐきと親知らずの間とに汚れがたまってしまうと腫れて痛み出します。
覆っている部分が少ないと歯ぐきを切る部分は少しでいいですが、広範囲だと痛みや腫れを繰り返すため抜歯する必要が出て来ます。

 

親知らずの治療の流れ

正常に近い状態で生えている親知らずや、斜めになっている程度のものなら通常の抜歯と同じように行えることが多いです。
斜めに生えていて通常の抜歯のように抜くことができなくても、歯ぐきを切開したり、骨を削ったりせず歯の頭部分と根の間を削って分けるだけでも抜歯できるものがあるようです。
ここでは親知らずの抜歯方法についてご紹介しましょう。
まず、麻酔をしてメスで歯ぐきを切開していきます。
その部分の歯ぐきをめくって親知らずの骨や歯の位置が分かるようにするわけです。
もし、歯の頭部分が骨に埋まっていて抜けない場合には骨を木槌で叩いて落としたり、切削器具により削ったりします。
次に、歯の頭部分と根の間を切削器具で削り、頭のみ抜きます。
次に根の部分を抜き、いくつかの根が開いていて骨に引っかかる場合は根と根の間も削ってひとつずつ抜いていきます。
最後に抜歯した骨を掻爬して歯ぐきを縫合して元通りにします。

 

痛みを軽減するため抜歯前に行えること

誰でも親知らずを抜歯する際に痛みはできるだけ少なくしたいですよね?
では、どうすれば痛みを軽減できるのでしょうか?

 

口の中を清潔にしておく

お口の中を清潔にしておけばお口の中の細菌を減らすことができるため、手術後の痛みや腫れのリスクが軽減できます。
さらに、歯磨きをきちんと行い歯ぐきを引き締めておけば傷の治りも早くなり抜歯した後穴が早く治るようですので、抜歯前には必ず歯磨きを行って、クリニックでしっかりとクリーニングしてもらいましょう。

 

抜歯後傷の治りをチェックすることが重要

横向きに生えている歯を抜く場合には歯ぐきを切ったり、骨を削ったりすることが多いです。
歯ぐきを切ったところは縫合するため、抜歯した次の日の消毒とその後の抜糸が必要になります。

 

この時、細菌に感染していないかどうか傷は治っているかを確認します。
少し面倒かも知れませんが、傷口を早く治すためには重要なことなのです。

 

歯ぐきの腫れはどの程度続くのか

親知らずを抜歯してから腫れや痛みが続くのは処置後3日程度だと言われています。
その後はだんだん腫れは引いていきますが、腫れがひどい場合は3週間程度続く方もいるようです。
それ以上腫れが引かない場合にはすぐにクリニックへ行って診てもらいましょう。
また、下向きに生えている親知らずを抜く時はかなり腫れる可能性があるようです。

 

上向きに生えているものとは違い、水平に倒れ込んでいるため親知らずを割って抜く必要があるからです。
ただ、レントゲン撮影すればどういった状態かチェックできるため安心しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
親知らずを抜いた方がいい理由や、親知らずの抜歯方法などをお伝えしてみました。
親知らずを抜糸する際の痛みを少なくするには手術前のケアが大切です。
親知らずを抜いた方がいいか迷っている方は、一度クリニックでご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?
きっと歯科医師があなたにピッタリ合った提案をしてくれるはずですよ!

TOP