糖尿病や肥満と歯周病の関係とは

はじめに

みなさんよく知っておられるかと思いますが、歯周病は世界で最も患者数の多い感染症で、日本では7割もの方が歯周病にかかっていると言われています。
この歯周病、以前は歯をなくす病気だと思われていたのですが、最近の研究によれば糖尿病や肥満とも深く関係しているということが分かってきました。
ここでは歯周病と糖尿病や肥満との関係について詳しくご説明させていただきます。
歯周病かも・・と不安に思っておられる方はぜひ最後まで読んでみて下さいね。

歯周病とは

歯周病は以前歯槽膿漏と言われていた病気のことです。
歯槽膿漏の歯槽とは歯の根元が治まっている歯槽骨で囲まれた部分のことで、そこから膿が出てくる状態を表しています。
なお、歯槽膿漏は現在では歯周病の一種として分類されています。
虫歯は歯が破壊される病気ですが、歯周病は歯の土台が侵されてしまう病気で、そもそも歯周病とは以前は高齢者の病気だったものの、最近では若い人も歯周病にかかっている人が増えています。
その最大の原因は食べものをしっかり噛まないことが挙げられます。
よく噛まないで食べると、あごの発達が不十分になり歯並びが乱れ細菌が溜まりやすくなるからです。
また、歯周病は感染症の一つで人から人へとうつっていきます。
歯周病が進行してしまうと、お口の中の組織が壊れてしまい歯ぐきが剥がれてしまったり、歯を支えている骨が侵されてしまうため放置するのは非常に危険な病気です。

歯周病の原因

歯周病はプラーク内の細菌により歯ぐきに炎症が起き、歯を支えている骨を溶かす病気です。
プラークは取り除かないと硬くなり歯石と言われるものに変化しますが、この歯石や周りに細菌がさらに侵入することで歯周病を悪化させる毒素が出し続けられどんどん進行します。

歯周病により糖尿病が悪化する理由

免疫力が落ちる

糖尿病になると、細菌を取り込む好中球と言われるものの働きが鈍くなり体内の感染防御機能が落ちるため、さまざまな感染症になりやすくなります。
細菌の活動が活発になるとそれに抵抗しようとしますが、糖尿病になるとその働きが落ちてしまうため、歯周病にかかりやすくなるのです。

組織の修復機能が落ちる

また、高血糖状態が続くと組織を修復しようとする機能が落ちることも分かっています。
人間の体は新陳代謝によって老化して死滅した細胞と同じ数だけ新たに細胞が作られることでバランスを保っています。
ですが、糖尿病になると組織の修復機能が落ちてしまい破壊される数に対して修復が追い付かなくなるため、歯周病がどんどん進行していくのです。

インスリンが作りづらくなる

歯周病になると、細菌から排出される毒素によって歯ぐきの毛細血管から血液の中に侵入することがあります。
人体はこの時毒素に対抗しようとする物質を出しますが、これによりインスリンを生成しづらくなるため血糖値が下がりにくくなります。
血糖値が高いままだと、さまざまな合併症が起きやすくなります。
さらに、インスリンが作りづらい状態が続いてしまうとより大量のインスリンを生成しようとしてしまうため、インスリンを生成する細胞に負担がかかり過ぎてしまい、分泌機能が落ちることで糖尿病が悪化する・・という悪循環に陥ります。

肥満と歯周病との関係

ある調査によれば、肥満の人の多くが歯周病だということが分かっています。
驚くことに肥満の人は標準体重の人と比べ、歯周病にかかる確率が1.5倍にもなると言われています。
歯周病は40代以上の8割もの人がかかっている病気で、中高年の人が歯を失う最大の原因となる病気です。
ですが、最近ではお口の中の病気だけでなく糖尿病や心臓病など全身疾患と深く関わっていることが判明しました。
肥満の人の内蔵脂肪にはTNF-αという物質が大量にあり、これは白血球の一種であるマクロファージと言われる物質からも分泌され炎症反応を活発化させるのに役立っています。
つまり、肥満だと常に体内に炎症が起きているのと同じで、なんらかの感染症にかかってしまうと全身の炎症が悪化することが分かっています。
歯周病は感染症の一つですので、炎症がさらに悪化してしまう・・ということになります。
さらに、歯周病菌の死がいが内毒素と言われる大量の毒素をまき散らしたり、血糖値に悪い影響を与えることも分かっています。
なお、血液中の内毒素はTNF-αの産生が脂肪組織や肝臓内に強力に推し進めるとも言われています。
TNF-αは糖分が血液中に取り込まれるのを抑制する働きもあるので、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害してしまうのです。
さらに、脂肪細胞から分泌されるTNF-αは骨の吸収を促す作用があることも分かっています。
肥満の方は脂肪組織が分泌したこの成分が歯槽骨が吸収されやすくなっており、歯周病が進行するのではないか・・と言われています。

歯周病を予防するには

では、糖尿病や肥満と深く関係している歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?
歯周病の最大の予防は歯と歯ぐきをていねいにブラッシングしたり、しっかりと噛んで食事をすることが挙げられます。
ですが、ていねいに磨いたつもりでいてもプラークが残ってしまい歯周病になることがあるため、定期的にクリニックでクリーニングを受けるようにしましょう。
日ごろのブラッシングだけでは落としきれないプラークやバイオフィルムを落としてもらえば歯周病を防止することが可能です。
歯周病を予防するのに最も大切なことはプラークが溜まり歯石にならないようにすることです。
とは言っても、日ごろのブラッシングだけでは完全にプラークを取り除くことは難しいです。
ご自分の日ごろのケアだけでなく、プロによる定期的なケアによってお口の中を常にきれいな状態で保つことが大切ですね。

まとめ

歯周病と糖尿病や肥満との関係についてご説明しました。
歯周病と聞くとお口の中の病気というイメージがありますが、糖尿病や肥満とも深く関わっていることがお分かりいただけましたでしょうか?
歯周病を予防すれば糖尿病や肥満も防止できます。
ぜひ、ここでご紹介したことを頭に入れておいていただき、歯周病にならないよう日頃からしっかりとケアしてくださいね!

TOP