糖尿病と歯周病の切っても切れない深い関係とは

はじめに

みなさんは歯周病と糖尿病には深い関係があるということをご存知でしょうか。全く関係なさそうなこの2つの疾患には実は深い関係があると言われています。

歯周病は糖尿病の合併症とも言われており、糖尿病患者の方が歯周病にかかることは多いとも言われています。また、最近の研究によれば、歯周病が糖尿病に影響を与えることが分かってきました。

ここでは歯周病と糖尿病との関係を知っていただくため、詳しくご説明したいと思います。ぜひ、今後ご自分の健康を守るためにもご参考になさってみてくださいね!

 全身と歯周病との関係とは

歯周病は全身の健康に影響を及ぼすことが分かっています。そもそも歯周病とはお口の中にある歯周病菌によって起こる病気として知られています。

ですが、最近では歯周病が全身に悪影響を及ぼすことがさまざまな研究によって分かってきました。

特に糖尿病については歯周病と深い関係があると言われており、ある研究結果によれば、歯周病菌の数を減らす処置をしたところ、それまで改善しなかったヘモグロビンの数値が改善した人が現れました。さらに、歯周病菌が血管の中に入ってしまうと、血栓ができやすくなるため脳梗塞や心臓病のリスクが上がるとも言われています

また、歯周病が進行すると、手足を切断したり、失明、突然死が起こる確率が上がるとも言われています。

糖尿病によって歯周病のリスクが上がる理由

免疫力の低下

糖尿病の方は細菌を取り込む働きのある白血球の一種の働きが弱まると言われており、それにより体内の感染を防御しようとする機能が低下するため感染症にかかりやすくなると言われています。

その中に歯周病も含まれています。

人間の体は細菌の活動が活発になれば抵抗しようとする作用が働くものですが、糖尿病の方はこの働きが落ちるため歯周病になりやすいことが分かっています。

組織が修復されにくくなる

高血糖状態に陥ると、組織の修復能力が低下するといわれており、人体は新陳代謝により壊れてしまった細胞の分だけ新たな細胞ができ破壊と修復とのバランスが保たれていますが、糖尿病になるとこの修復能力が落ちてしまい、修復が破壊に追いつかなくなり歯周病がどんどん進んでいきます。

インスリンが作りづらくなる

歯周病になってしまうと、細菌から出る毒素が歯ぐきの血管から血液へと入り込んでしまうことがあります。

この時に人の体は毒素に毒素に抵抗するためのサイトカインという物質が排出されますが、これによりインスリンが作りづらくなるため、血糖値が下がりづらくなりますのでさまざまな合併症が起きる場合があります。

また、インスリンが作りづらい状態が続いてしまうとより多くのインスリンを作ろうとしてしまい、分泌しようとする機能が落ちてしまうので糖尿病がますますひどくなります。

歯周病を予防するには

歯周病の原因が分かっていれば、どうやって予防すればいいのかわかるはずです。まず、歯周病を予防するために大切なポイントについて書いてみましょう。

  • 歯周病の原因はプラークである
  • プラークがつきやすいのは歯と歯ぐきの間やさかい目
  • プラークは24時間経つと固まって歯石になる

ということが分かっています。

こういったことが分かっていれば、歯周病をどうやって予防すればいいのか分かるはずです。つまり、歯周病を予防するために、また歯周病を治療するためにやるべき最大のこととはたった一つだと言ってもいいでしょう。

それはプラークコントロール、つまり正しいブラッシングです。

歯磨きを行なって歯の表面に付着したプラークの量を減らすことをプラークコントロールと呼んでいます。

歯磨きと言えば小さい頃から誰もがやっている生活の中の習慣ですが、正しい方法を実践している人はそう多くはないはずです。その理由は適切なブラッシング法を教えてもらうチャンスないままほとんどの方は大人になっていくからで、なんとなく磨いていてはプラークコントールを行なうことはできません。

日頃からただ単に歯磨きを行なっているということと、正しい歯磨きを行なうことができているのとでは歯周病の予防効果が全く異なります。

正しく歯磨きができてないと、プラークコントロールができずに歯周病になる危険性を持ったまま生活していることになります。

このような状態のままでクリニックでいくら治療を受けたところで原因が根本的に解決していないため、どんなに時間が経っても歯周病がよくなることはありません。一見するとよくなったように見えることがあるかもしれませんが、根本的に治すことができないのです。

こういった状況から抜け出すためにできることはたった1つです。正しい歯磨き方を知って習慣づけることですね。

ただ、正しい知識だけを身につけたとしても正しく磨けるようになれるはずもないので、毎日考えながら実践するということが重要です。

部屋の掃除に例えるなら、歯ブラシつまり掃除道具の正しい使い方が理解できていれば、あとは汚れのあるところに合わせてきれいにしていくだけでいいのです。

当然、人それぞれ上手くできる人とそうでないひとがいるかもしれませんが、誰でもいずれできるようになります。

さらに、プラークは24時間経つと歯の表面部分に溜まってくるため、歯磨きも1日のうちでたった1回ていねいにやれば、かなりきれいになるはずです。

つまり、何度も歯磨きをする必要はなく、回数を多くするというより質のいい歯磨きを行うことが大切なんですね。

まとめ

糖尿病と歯周病との関係についてや、歯周病を予防するために大切なことをご紹介してみました。

糖尿病と歯周病は一見なんの関係もないかもしれませんが、実は深い関係があるということをお分かりいただけたでしょうか。歯周病は歯だけの問題だと思わずに、対処法や予防法についてしっかり把握しておきましょう。

ここでご紹介したことをご参考にしていただき、歯周病知らずの生活を送ってくださいね!

 

TOP