歯周病は再発しやすい?もう二度とならないための予防法

はじめに

歯周病は大変面倒な病気でクリニックで時間をかけて完治したと思っても、忘れた頃に再発してしまいます。
歯周病で歯ぐきが腫れてしまうと血や膿が出たり、口臭が起きるので憂鬱ですよね?
歯周病になるとていねいにブラッシングするはずですが、それでも体調が悪化すると歯周病が再発することがあります。
ここでは再発しやすい歯周病に二度とならないようにするためにはどうすればいいのかなどをご紹介しますので、ぜひご参考にしていただき、歯周病知らずの生活を送ってくださいね。

歯周病とは

そもそも歯周病とは日本人の成人の8割もの方がかかっている病気です。
この歯周病はプラークの中の歯周病菌に感染してしまうことで歯ぐきが腫れたり、血が出たり、最終的に歯が抜け落ちる日本人の歯をなくす最大の原因となる病気です。
初期段階では自覚症状がほぼないため、気づかない人の方が多いです。
よく歯周病と同じ意味で歯槽膿漏という言葉が使われていますが、最近では歯周病と歯槽膿漏は同じ意味で使われるようになりました。
歯槽膿漏とはその名前の通り、歯周組織から膿が出るものを言うため、厳密に言うと歯周病の中の一つの症状ということになります。

  • プラークが歯周病の最大の原因
    歯周病はさまざまな原因が絡み合って起こる病気ですが、最も大きな原因と言われているのがプラークでしょう。
    これは食べもののカスではなく細菌の塊のことで、これが産生する毒素によって歯周病が発生し進行すると言われています。
  • 免疫力の低下によって進行する
    加齢につれ歯周病にかかる人は増えていきます。
    また、体が疲れていたり、風邪を引いたりして免疫力が落ちていると歯周病は進みやすくなると言われています。それは一体どうしてかと言うと、身体の免疫力が落ちることで歯周病が進みやすくなるからで、高齢者など免疫力が落ちている方は歯周病対策をより一層行う必要があります。

歯周病は再発しやすい

歯周病はお口の中の細菌によって起こる病気なので、細菌を一生除去し続けることで歯周病が予防でき、お口の中の健康が維持できるということになります。
細菌の塊であるプラークは日ごろのていねいなブラッシングによってほとんど取り除けますが、歯周ポケットの中や歯並びが悪いところにあるものはきれいにしづらいです。
これらははプロによるクリーニングによって取り除いてもらうしかありません。
さて、歯周病は再発しやすい病気と言われており、治療により症状がよくなったと思っても、そこはすでに歯周病に侵されてしまっています。
治ったとしても溶けた骨が元に戻るはずもなく、ほとんどが歯と歯ぐきがくっつくことで治っているにすぎません。
きちんと磨けていない、メンテナンスがいい加減・・などが続くと、歯周病菌がまた活動し始め歯周ポケットがどんどん深くなるため簡単に再発してしまうのです。
さらに、残念なことに治療には限界があるので、部分的に治癒しきれないところができるのは否めません。
そういった箇所でもきちんとメンテナンスをし続けることで歯周ポケットがより深くならないようにでき、再発を食い止めることができます。

完治が困難な理由とは

では、どうして歯周病を再発するのを防止できないのでしょうか?
歯周病がお口の奥の方で起きると、治療する場合も目で見るのが難しく治療器具が届きにくくなります。
つまり、歯石や汚れを完全に落とすのはとても難しいのです。
また、きれいに歯石を取り除けたとしても、数日経てばすぐにプラークが付いてしまいます。
このプラークは本来なら歯石になる前にブラッシングするのが理想ですが、ブラッシングだけだと歯ぐきの奥に隠れているので磨きづらかったり、すき間があるため歯ブラシが届きづらかったり・・などで歯周病菌が残ってしまうためどんどん溜まっていきます。
こういったことにより、歯周病は治療しづらく再発しやすいということですね。

歯周病に二度とならないための予防法

  1. 日ごろのブラッシングが重要
    日ごろ普通に生活を送るだけでもお口の中に細菌は入るので、歯周病が完治したと思ってもご自分でのメンテナンスによって汚れをきれいに落とすことが大切です。
    また、クリニックで正しく磨けているかどうかをチェックしてもらうことも大切ですね。
    間違った磨き方を続けていても、一度治癒した歯周病が再発してしまうかもしれないからです。
    歯周病を治療している間も適切なブラッシングをしないと細菌がまたお口の中で繁殖するため、せっかくの治療が台無しになります。
    逆に、日ごろから正しいブラッシングを行うことで治りをはやくできたり、再発を防止できたりします。
    まだ初期段階のうちならブラッシングによって治ってしまうこともあるそうですよ。
  2. クリニックでPMTCを受ける
    クリニックで行うPMTCを定期的に受けることで歯周病の再発を防ぐことが可能です。
    これは機械的に歯の表面をきれいにするもので、歯科衛生士さんなどにより専用の機器を使い、歯の表面汚れをきれいにする施術です。
    ブラッシングだけでは取り切れなかったプラークを落とせるため、歯周病の再発を防止できます。
    さらに、着色汚れやたばこのヤニも落とすことができるのがクリニックでのクリーニングの特徴です。
    この施術には歯と歯の汚れを落とせる器具を使ったり、歯の表面を研磨するブラシなどが使われます。
    患者さんそれぞれのお口の状態を把握し、こういった器具をうまく使って歯をきれいにします。
    ぜひ、定期的にクリニックでPMTCを受けていただき、歯周病の再発に努めましょう。

まとめ

歯周病の再発を防止するには日ごろの正しいブラッシングによってプラークが増えるのを防ぐことが大切です。
また、プロによるクリーニングによってご自分ではきれいに取れない細菌を定期的に取除くことができます。
つまり、日ごろの正しい歯磨きとクリニックでの定期的なメンテナンスを併用することが歯周病の再発を防止する最善の方法だと言えますね。
ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしていただき、歯周病知らずの生活を送れるよう努めて下さいね!

TOP