歯周病の原因とは

はじめに

もしかして歯周病にかかっているのでは?と思った時、あなたならどうしますか?
歯周病は初期段階であれば正しいケアで改善できると言われています。
では、正しいケア方法とはどういったものなのでしょうか?
ここでは歯周病を改善できるセルフケアや歯周病の原因などについてご説明しましょう。
ぜひ、歯周病について理解を深めてみて下さいね!

歯周病とは

そもそも歯周病とは歯を支えている歯ぐきや骨が破壊される病気です。
歯ぐきの中は普段は見えませんが、歯の根の表面にあるセメント質と骨との間に膜があり、骨から歯が脱落しないように支えています。
虫歯とは歯自体が破壊されている病気ですが、歯周病はこういった組織が破壊されてしまい最終的に歯が抜け落ちる病気です。
日本人の40歳以上の方の80パーセントもの方が歯周病にかかっていると言われています。
なお、生活習慣がこの病気と深くかかわっているため生活習慣病の一つと言われています。

歯周病の原因

細菌

歯周病の最大の原因はプラークに含まれる細菌によるもので、一言で細菌と言ってもすべてが歯周病菌を引き起こすものばかりとは言えません。
ですが、歯周病にはさまざまな細菌が関係しており、それを特定するのは難しいとされてきましたが、最近の研究により関係の深い細菌が分かってきたそうです。
中には歯周病だけでなく全身疾患に関係するものも判明しており、歯科医療業界だけでなく医療業界全体から注目されています。
歯周病の原因となるのは空気を嫌う運動性の細菌だと言われています。
プラークが溜まると、空気に触れることのない深いところへと細菌が移動していきます。
なので、目に見えるものより歯ぐきの下や歯と歯ぐきの間の溝、歯周ポケットなどの中に多く棲みついています。

体の防御反応

人間の体を防御するため進化したものが白血球で、われわれの生体防御はこれによって行われていると言われています。
白血球は自律神経により分布が支配されており、過剰に増えすぎると常在菌に反応し粘膜が炎症したりします。
つまり、自律神経に作用すると言われている加齢やストレス、疲労など、日ごろはなんでもないような刺激であっても炎症が起きてしまうことがあります。
この仕組みは歯周病に限ったことではなく、腎炎や子宮内膜症、胃潰瘍、大腸炎・・など、粘膜系の病気を引き起こすそうです。
他に免疫と深い関係がある全身疾患も大きな関係があり、なかでも歯周病と糖尿病との関係は深いものがあり、歯周病は糖尿病の合併症とも言われているほどです。

環境と生活習慣

歯周病は細菌と関係が深い感染症だと書きましたが、生活習慣病でもあります。
生活習慣病と言うと高血圧や糖尿病、高脂血症などが知られていますが、これらは日常生活が乱れていることや摂取カロリー過多、喫煙、その他にストレスや体質などの要因が加わって起こるものだと言われています。

歯周病の全身への影響とは

お口の中に存在する細菌はさまざまですが、歯周病菌は粘膜上皮や血液中、血管の中などから侵入でき増殖してしまうので、血液によって全身へと運ばれてしまい病気の原因になるリスクがあります。
たとえば、心筋梗塞で亡くなった方の冠状動脈の中から歯周病菌が見つかったり、口以外の病巣から見つかるケースも多いです。
さらに、歯周病菌の中の毒素は菌が生きていない場合でも血液の中にあると全身に炎症が起きることもあるので、あらゆる角度から研究が行われています。
また、血管や心臓以外にも気道に入ってしまい呼吸器系の感染症になったり、子宮が収縮することで起きる早産や低体重児出産などとも関係があると言われています。
つまり、歯周病とはお口の中だけの問題ということでなく、命に係わる全身疾患とも深い関係があるものなのです。

歯周病のセルフケア法

  1. プラークコントロール

    歯周病を治すにはプラークコントロールが必要不可欠です。
    プラークコントロールとは歯に付いてしまったプラークを除去し、お口の中の細菌を減らすことを言います。なお、ご自分で行えるプラークコントロールの基本とは毎日の歯磨きでしょう。

  2. 自分に合った歯ブラシ選び

    一般的に歯ブラシの硬さにはやわらかめ、ふつう、かためがありますが、出血していたり歯ぐきが腫れていたり、歯磨きの時に痛みがある・・などの場合にはやわらかめを使うようにしましょう。
    ただ、プラークを除去する効果についてはかために比べて劣るため丁寧に行い、慣れてくればふつうに変えるといいでしょう。かためはプラークをしっかり除去できますが、歯ぐきを傷つけてしまうことがあるので磨き方に注意しましょう。毛先についてはテーパー状と言われているものが先が細くなっているので最適です。

クリニックでのケア法

  1. スケーリング

    初期段階の場合はスケーリングやルートプレーニングなどの治療法で改善することが多いです。
    まず、スケーリングとはスケーラーと言われる器具を使い、歯磨きだけで除去しきれないかったプラークや歯石を除去します。
    なお、歯ぐきの下にある見えない歯石についてもこれできれいにできます。
    歯石を取り除く際に血が出ることがありますが、これは歯石が付いたところにある歯ぐきが炎症を起こしているためで、歯石を取り除けば出血もおさまります。
    スケーリングは歯周病の基本的な治療法で予防にも効果があります。

  2. ルートプレーニング

    次にルートプレーニングですが、スケーリングだけでは落としきれなかった歯の根の部分の歯石を取り除くものです。
    プレーニングは平らにするという意味があり、歯の根の部分を平らにしていきます。
    根っこが凸凹していると細菌感染しやすいからですね。
    費用についてはクリニックによって違いますが、保険外診療の場合5千円~1万円程度のところが多いようです。

まとめ

歯周病は早めに気づけばご自宅でのセルフケアでよくなるものです。
もし、不安な場合にはクリニックでスケーリングをしてもらえば磨き残しがあったとしてもきれいに取り除いてもらえます。
歯周病は進んでしまうと治療が困難になる上全身へ悪影響を及ぼすため日ごろからきちんとケアを行うことが大切です。
ぜひ、歯周病を予防するためのご参考になさってみて下さい。

TOP