歯周病と生活習慣病の関係について

はじめに

最近ではお口の健康と全身の健康の関係が一般的に知られるようになり、お口の健康への関心が高まりつつあります。
特に歯周病虫歯などといった病気が全身の健康に影響があることや、体の症状や変化などがお口の健康に影響があることについても関心が高まっています。
そんな中、歯周病と生活習慣病との関係について解明されてきています。
つまり、歯周病を予防して治療することが体全体の健康を維持することに繋がっているわけです。
ここでは、そんな歯周病と生活習慣病との関係についてお教えしましょう。

 

歯周病はもはや国民病

歯周病は歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨でできている歯周組織がお口の細菌感染により破壊される慢性疾患で、歯を失う一番の原因だと言われています。
厚生労働省の調査によると、30歳以上の成人の8割もの人がこの歯周病にかかっているそうです。

さらに、この調査から成人以外にも若い人の間でも多くの方がかかっていることが分かっています。
小中学校の歯科検診で歯周病と診断される児童や生徒の数が激増しているそうです。
こういったことから、歯周病はもはや日本人にとって国民病と言ってもいいでしょう。

 

歯周病の原因とは?

歯周病とはプラークによっておこる細菌感染症のことで、お口の中には500~600種類も細菌がいると言われており、その中の20種類が歯周病の発症や進行に深くかかわっていると言われています。
さらに、歯周病は直接因子であるプラーク以外にも先天性の疾患や糖尿病、喫煙やストレス、食生活などの環境因子とも関係している疾患です。
プラークが歯の表面に付く量は歯石の沈着や被せものなどの不具合、虫歯や歯科矯正などのプラークを増殖させる因子によっても左右されるので、どの人も同様に進行するとは限っていません。
歯周病の進行には個人差があるのは先に書いたような先天的な因子の他に後天的な因子も影響しているためです。

 

歯周病が全身に与える影響とは

狭心症、心筋梗塞

動脈硬化によって心筋に血液を送るための血管が狭まったり、ふさがってしまって心筋に血液の供給がなくなると死に至る病気です。

動脈硬化は乱れた食生活や運動不足、精神的ストレスなどの生活習慣が原因と言われてきましたが、別の原因として歯周病原因菌などの細菌感染が着目されはじめました。
歯周病原因などの刺激で動脈硬化を誘導する物質が出て血管の中にプラークができてしまい、血液が通る道が細くなると言われています。
プラークが剥がれて血の塊ができてしまうと、そこで血管が詰まったり、血管の細いところで詰まりが起きます。

 

糖尿病

以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われてきており、実際に糖尿病の方は糖尿病でない方と比べ、歯周病にかかっている割合が高い・・という調査結果がいくつもあります。
さらに、最近では歯周病にかかると糖尿病が悪化するといった、逆の関係も報告されています。
つまり、歯周病と糖尿病はお互いに悪影響を及ぼし合っている関係だということですね。
つまり、歯周病治療を行うと糖尿病も改善していきます。

 

内毒素を体中にまき散らす

内毒素とは最近の細胞壁に含まれている毒物のことで、細菌が死滅したとしても毒だけは残ると言われていて、エンドトキシンとも呼ばれています。
歯周病菌は歯肉から簡単に血管内に侵入して全身に回ると言われており血管内に入った細菌は免疫力で死滅しますが、歯周病菌の死骸を持った内毒素は残ってしまい、血糖値に悪影響を及ぼすそうです。
なお、血液中の内毒素は肝臓や脂肪組織からのTNF-αを作り出すのを強力に促進するとも言われています。

このTNF-αは血液中にある糖分を取り込むのを抑制する働きもあるので、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害してしまいます。
たとえば、歯周病と糖尿病を合併している患者さんに抗菌薬を使った歯周病治療を行ってみると、血液中にあるTNF-αの濃度が低下したほか、血糖値のコントロール状態を表すHbA1の数値も改善した・・という結果があるそうです。

 

脳梗塞

脳の血管にあるプラークが詰まってしまったり、頸動脈や心臓からプラークや血の塊が届き脳血管が詰まってしまう病気のことです。
歯周病にかかっていると、かかっていない人の3倍近くもリスクがアップすると言われています。
コレステロールや血圧、中性脂肪が高めの場合には動脈疾患を予防するため歯周病を予防したり治療することが大切でしょう。

 

歯周病の予防法

プラークは歯磨きがいい加減な人ほどたまりやすいのは当然なので、朝晩しっかりとていねいに歯磨きを行いましょう。
歯ブラシだけでなくデンタルフロス歯間ブラシなども使うと効果がアップします。
さらに、歯周病を予防できる歯磨き粉を使うのも効果的。
歯以外にも歯ぐきも念入りに丁寧にブラッシングすることで歯周病が予防できるはずです。

 

ただ、あまり力を入れすぎると歯ぐきが傷むので注意が必要です。
歯ブラシは柔らかめかふつうのものを使いましょう。

 

定期的にクリニックに通院する

歯医者さんが好き・・という方はほとんどいないでしょう。
歯を削る器械の音を聞くだけで憂鬱になる人がほとんどのはず。ですが、クリニックはなにも虫歯になってからだけ通うところではありません。

 

予防歯科という言葉をご存じでしょうか?
定期的に歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらい、歯周病や虫歯を予防するものです。
歯周病や虫歯のチェックを受ける際には健康保険が適用になりますので費用面でも安心です。
40代を超えたらぜひ3か月に1度はクリニックに行っていただき、歯や歯茎をチェックしてもらいましょう。
そうすれば、歯周病や虫歯を早めに見つけることができるはずですよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病は早期発見により、自宅でのセルフケアで改善することが可能です。
もし不安な時はクリニックでスケーリングという処置をしてもらい、磨き残した部分をキレイにしてもらいましょう。
歯周病は悪化すると治療が難しくなり、体全体の健康にも悪い影響がありますので日ごろから注意していただきたいです。

 

ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしていただき、いつまでもお口の中の健康を維持してくださいね!

TOP