噛み合わせが悪いことが原因として考えられる全身の不調とは

はじめに

顎関節が痛い、頭痛や肩こりが治らない・・など、原因不明の全身症状がある方は多いでしょう。
実はこういった症状は噛み合わせの悪さが原因で起こっていることが多いです。
ここでは噛み合わせが悪いことで考えられる全身の不調についてご紹介します。
また、噛み合わせが悪くなる原因についてもまとめてみましたのでぜひ最後までお読みください。

噛み合わせが悪くなる原因とは

虫歯

虫歯菌は酸を出し歯を溶かしますので、虫歯を放置していると酸により歯が溶けてしまうことになります。
歯の形が変形してしまうと、噛み合わせに悪い影響を及ぼすことが多いです。
つまり、虫歯を放っておくと噛み合わせが悪くなることがあるわけです。

歯周病

歯周病になると、歯の根元部分が弱くなるため歯並びや噛み合わせが変化することがあります。
歯の根元が下がってしまうのは歯周病によるものもありますが、老化現象の一種でもあります。

悪習慣や癖

噛み合わせが悪くなる最大の原因は悪い習慣や癖で、これらは気づかないまま行っているため治療するのは難しいです。
そのため、専門の医療機関でカウンセリングなどを受けることがおすすめです。
日常生活で無意識の間にやってしまう片側噛みや同じ側での頬杖、うつぶせ寝などの悪い習慣や癖は噛み合わせを悪くしていきます。
また、仕事中などに集中して食いしばりをしたり、寝ている間の歯ぎしりなどは歯に大きなダメージを与えると言われています。
詰めものや被せものが正しい位置より低くなったり、歯がすり減ってしまったりしてしまい、噛み合わせが少しずつずれてきます。
さらに、顎関節の緊張がひどくなり顎関節症が起きることもあります。

歯が抜けたまま放っておく

歯がなんらかの原因で抜けてしまったのを放置していると、歯並びが悪化したり、噛み合わせが乱れてくることがあります。
下の歯が抜けてしまった場合上の歯が噛み合う歯をなくしてしまうため、周りの歯への力のかかり具合に変化が起こります。
大したことだと思わない方が多いですが、後になって悪影響が及ぶことがあるため注意が必要です。

歯並びが悪い

八重歯や出っ歯など歯並びが悪いと、噛み合わせが悪くなることが多いです。
小さい頃はさほど問題なくても、成長するにつれあご周りや骨格などの筋肉が変化するため嚙み合わせが乱れてくることが多いです。

詰めものや被せものが合わない

虫歯治療で使う被せものや詰めものが合っていない場合も噛み合わせが悪くなることがあります。
特に奥歯に詰めているものがずれると、高さが合わなくなってしまいあごの関節にも悪影響が及びます。
また、入れ歯が合っていない場合も噛み合わせが悪くなるため注意しましょう。

噛み合わせが悪いと、周辺の歯への力のかかり方が変わってしまうのです。
自分では大したことと思わなくても、あとあとで大きな影響が出ることがありますので注意しましょう。

噛み合わせが悪いことで考えられる全身の不調とは

虫歯や歯周病になりやすい

噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすいと言われています。
われわれはものを噛む時、歯と歯が当たることでプラークが取り除かれます。
ですが、噛み合わせが悪いと、噛んだ時にきちんと当たらない歯が出てくるのでプラークが取り除かれる量が少なくなってしまうのです。
また、嚙み合わせが悪い人のほとんどは歯並びも悪いことが多いです。
歯並びが悪いとブラッシングしづらくなるので、歯磨きがきちんとできなくなります。
つまり、自然にプラークを落とせない、歯磨きの効率が落ちる・・などプラークが溜まる原因になるわけです。
このため、嚙み合わせが悪い人はそうでない人と比べて虫歯や歯周病になりやすいと断言できます。

顎関節症になりやすい

顎関節症は日常生活に支障が出るほどの病気です。
基本的な症状として、あごの痛みや口を大きく開けない・・などの症状があります。
さらに、あごの動きに変化が出るため噛み合わせが一層悪化します。
人によっては完全に口を閉じられなくなることもあります。
同時に全ての症状が起きるとは限りませんが、嚙み合わせが悪いと顎関節症になる確率は上がります。

頭痛や肩こり

嚙み合わせが悪いと、お口の中だけでなく全身にも悪い影響が及ぶと言われています
その代表的なものとして頭痛や肩こりなどが挙げられます。
咀嚼筋の中には首から肩にかけてつながった広頸筋と言われるものがあり、嚙み合わせが悪いと筋肉のバランスが悪くなりこの筋肉に悪影響が及びます。
首から肩にかけて繋がる筋肉と言われるとイメージできる通り、嚙み合わせが悪いことで悪影響を受けた広頸筋により肩こりが起きやすくなるのです。
また、頭痛も同じような理由から起こります。
咀嚼筋の一つに側頭筋と言われるものがありますが、この筋肉はあごの関節から頭の横辺りにかけ繋がっています。
嚙み合わせが悪いと、この筋肉が緊張してしまうため頭痛の原因になるというわけです。

消化器官に負担が増える

嚙み合わせが悪いと、食べものを噛みづらくなるため噛む効率が落ちます。
食べものは本来なら口の中で細かく噛み砕かれ胃へと送られますが、それができなくなってしまうと消化器官への負担が大きくなります
そうなると、胃腸の調子が悪化することになります。
嚙み合わせが悪いことが原因なら、それが治らない限り慢性的に症状が出続けます。

精神的コンプレックスになる

噛み合わせが悪いと、笑顔に自信が持てなくなるため仕事でもプライベートでもマイナスになることがあります。
見た目が悪いことで精神的コンプレックスにつながるため、性格が消極的になったりすることもあります。

まとめ

嚙み合わせが悪いと、全身にどのような悪影響が及ぶかお分かりいただけましたでしょうか?
嚙み合わせが悪いこと自体歯をなくしてしまうようなものではないですが、虫歯や歯周病など歯をなくす原因になるのは間違いなさそうです。
つまり、嚙み合わせが悪いことを甘く考えないようにしましょう。
ぜひ、矯正治療や噛み合わせを改善するための治療について検討することをおすすめします。
嚙み合わせが悪い方はクリニックで相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

TOP