理想の噛み合わせとはどんな状態?噛み合わせのセルフチェック

はじめに

噛み合わせが悪いと、ひどい場合は矯正治療が必要になったり、あごの位置やずれがある場合は外科的処置をするケースもあります。また、噛み合わせが悪いまま放っておくと、さまざまな弊害が起こってくるため注意が必要です。

ここでは噛み合わせが悪いとどうなるか、理想の噛み合わせのチェック法などをご紹介します。

もし、ご自分の噛み合わせに自信のない方はチェックしていただき、あてはまるものがあればクリニックで相談してみて下さいね。

噛み合わせが悪くなる原因

虫歯

虫歯菌が産出する酸によって歯が溶けてしまったり虫歯治療で歯を削ったり抜いたりすると、歯の形が変わり歯並びが悪くなり、噛み合わせも悪くなることがあります。

歯周病

歯周病により歯根部が弱くなると、歯並びが変わってしまい噛み合わせが悪化することもあります。また、加齢により歯周病のリスクが上がると言われています。

加齢によって歯茎が弱まり歯がぐらつき出し揺れてくると、歯並びや向きが変わってしまい噛み合わせが悪化します。

遺伝

生まれつき歯並びが悪い、あごの関節が弱いなどの遺伝的要素によって噛み合わせの悪い方もいます。また、下あごが上あごより前に出ていると、噛み合わせが逆になるため悪くなります。

 悪い噛み合わせのままだと…

噛み合わせが悪いと、歯の機能が損なわれるためきちんと咀嚼できないことは当然ですが、片側ばかりで噛んだりするなど力が偏ってかかるため、あごのバランスが崩れてしまい使う筋肉にも偏りが発生し全身のバランスが崩れることがあります。

歯周病や虫歯

噛み合わせが正しいと自浄作用があるので、食事中にきれいに噛み合わさるため汚れが自然に洗い流されたり、汚れを付きづらくする効果があります。ですが、歯並びが悪いと汚れが付きやすかったり、歯ブラシが届きづらくなるため汚れが溜まってしまい、歯周病や虫歯になりやすくなります。

さらに、歯に負担がかかりすぎまっすぐに力がかからず左右に揺さぶられてしまうため歯周病になりやすいとも言われています。

咀嚼機能の低下

噛み合わせが悪いままだと、上下の歯が噛み合っている部分が少なくなるため咀嚼効率が下がります。矯正治療によって噛み合わせを改善すれば、咀嚼機能が上がり消化器官への負担が軽減するそうです。

発音しづらくなる

上下の前歯がきちんと噛み合っていなかったりすると、特定の音の発音がしづらくなることがあります。

さらに、飲み込みがきちんとできなくなり、飲み込む際に舌によって上下の歯にすき間ができるため噛み合わせにトラブルが起きやすいです。

肩こりや頭痛が起きる

あごを構成している筋肉には肩や首につながっているものもあるので、噛み合わせが悪いと片方ばかりで噛んでしまうためあごを偏った方法で使ってしまいます。

そうなると、筋肉のバランスが崩れてしまい頭痛や肩こりの原因になることがあります。

顔が歪む

噛み合わせが悪いと、あごで使われる咀嚼筋が偏るため片側ばかりで噛むことになるのでバランスが悪化し、筋肉の大きさが変わっていくため顔が歪むことがあります。

顎関節症になる

最近若い女性に増えていると言われている顎関節症ですが、原因はあごの関節のクッションになっている組織が歪んだり、ずれたりすることによって口が開けられなくなったり、噛む時に音がするなどの症状が起きる病気です。

頬杖やストレス、噛みしめなど生活習慣が原因になっているなどさまざまな原因がありますが、噛み合わせの悪さも原因になっていると言われています。

全身への悪影響

噛み合わせが悪いと体が歪んでしまったり、小児喘息、視力の低下など口腔以外にも悪影響を及ぼす可能性があります。

理想の噛み合わせセルフチェック

ここでは美しく機能的な噛み合わせのチェック法をご紹介します。

  • 上下の歯が正しい位置にあるか
  • 上下の歯の真ん中のラインが合っている(歯並び全体が正しくなると、上下の真ん中のラインがきっちり揃うと言われています。)
  • 上の歯が下の前歯より2~3ミリ程度出ている。
  • 上の前歯が下の前歯にかぶさっている深さは2~3ミリ程度である。
  • 上下の歯が正しく噛み合っている(奥歯から犬歯にかけ上下の歯にすき間がなく噛み合っているのが理想です。)
  • 小臼歯までしっかり噛めている(小臼歯でもしっかり噛めているのが理想です。)
  • 隣の歯と正しく接している
  • 歯と歯の隣接面がずれておらず、歯が揃って並んでいる
  • 横顔や輪郭のバランスがいい(唇や鼻あごの位置は歯並びと深い関係があります。バランスの取れた横顔や輪郭かどうかもチェックしましょう。)

 噛み合わせを改善する方法

噛み合わせを含め歯並びの審美性や機能性を改善するには矯正治療が最も効果的です。矯正治療では矯正装置を使って歯の位置を動かすことで噛み合わせを改善していきます。

主な矯正法としてはブラケット矯正とマウスピース矯正があります。

ブラケット矯正とは歯にブラケットを矯正装置を取り付け、ワイヤーを貼って付け替えながら歯並びを改善していく方法です。マウスピース矯正はマウスピースを定期的に取変えながら理想の歯並びに改善していく方法です。

受け口や出っ歯、乱食い歯、開咬、すきっ歯・・など、明確に歯並びが悪い方にとって、矯正治療が最も有効な治療法だと言えるでしょう。

また、虫歯治療などで被せものなどがある場合、噛み合わせが悪化することがあるそうです。

詰め物は人工物なので天然の歯とは硬さが異なり、丈夫な天然歯に対して被せものはすり減ってしまうことがあります。すり減ったところを被せもので補てんしたり、高さを調整したり、天然の歯に近いものに取変えたりして噛み合わせを改善していきます。

また、場合によってはインプラント治療を行って噛み合わせを改善することもあります。

まとめ

噛み合わせが悪いと全身にどういった悪影響があるのか、理想の噛み合わせのチェック法などをご紹介してみました。たかが噛み合わせと思いがちですが、実際には全身にさまざまな影響があることをお分かりいただけましたか?

もし、チェックして噛み合わせが悪いかもと思うことがあったら、信頼できるクリニックで一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

TOP