噛み合わせが悪いと顎関節症になるの?

はじめに

これまで顎関節症は噛み合わせの悪さが原因だと言われていましたが、今では原因にはさまざまなものがあり、複数の原因が重なり発症すると言われるようになりました。
ただ、顎関節症になりやすい人やそうでない人もいて、歯ぎしりや食いしばりなど生活習慣上でのくせなどにもよります。
ここではそんな顎関節症の症状や原因、噛み合わせの悪さとの関係などについてまとめてみました。

顎関節症とは

そもそも顎関節症とは口を開けようとした時に顎関節やあごの周りの筋肉が痛んだり、大きな口を開けらない状態を言います。
また、口を開け閉めする際に音がするなどの症状もあります。
顎関節症は一生のうちに2人に1人が経験するというほどポピュラーな病気で、症状が音だけなら肩や首を動かす時に音がするのと同じなので病院に行く人はいないでしょうが、顎関節は耳の近くにあるので音が気になることが多いです。
ただ、これを消すためだけに手術することは必要ないとされているのが一般的です。
つまり、顎関節症の症状があったとしても、口が開けづらい、痛みがあるなどの症状が一時的だった場合や音だけであれば治療は不必要だと言えるでしょう。
ちなみに、顎関節の音がある人は全人口の2割程度はいるそうです。
また、あごを動かす筋肉や顎関節の痛み、口の開けづらさなどで治療が実際に必要な人は症状を自覚している方の5パーセントにすぎないと言われています。
顎関節症で受診する方のほとんどは女性で、年齢は20~30代の方が最も多いそうです。
年齢が上がるにつれ患者さんは減ると言われています。

顎関節症の症状

  1. あごの痛み
    顎関節の周りやこめかみ、ほおが痛みます。
    口を開閉したり、食べ物を噛んだりする際にあごを動かす時に痛むのが特徴だと言われています。
  2. あごを動かすと音が鳴る
    あごを動かすと耳のあたりで音がすることがあります。
    音の種類はカクカク、ミシミシ、ジャリジャリ・・などさまざまです。
    なお、症状が音だけなら顎関節症の前段階と言ってもいいですが、治療は必要ないでしょう。
  3. 口が大きく開けられない
    正常な場合は縦に指が3本分入りますが、指が2本以下しか入らない場合は顎関節症のことが多いです。
    あごを動かす際に痛みがあり無意識に抑えてしまっていたり、顎関節が異常で口が大きく開けづらい場合とがあり、突然口が開けられなくなる場合と少しずつ開けづらくなる場合とがあります。

顎関節症の原因

噛み合わせの悪さ

顎関節症の最大の原因に噛み合わせの悪さが挙げられます。
噛み合わせが悪い人は噛むたびにあごがずれ、その影響で歯がずれた方向に収まるからです。
この噛み合わせが悪くなる原因のほとんどは噛み合わせを考慮せずに行った歯科矯正や抜歯、歯を削る・・などの歯科治療によるものや、むち打ちなどでの首のけん引が原因のこともあります。
また舌で歯を押すなどのくせも顎関節症の原因になることがあります。
さらに、長期的に硬いものを食べることが多かったり、柔らかいものばかり食べたりしても噛み合わせが悪化することがあります。
また、永久歯が元々足りない、歯が変形しているなど先天性の原因によって噛み合わせが悪くなることもあるようですね。
逆に、噛み合わせの悪さの原因が顎関節症の場合もあります。
つまり、噛み合わせの悪さと顎関節症とは非常に深い関係があるということですね。

外傷

顎関節症の原因には外傷もあります。
この外傷とはぶつけるなどしたときにあごに外部から力がかかるもので、たとえば、交通事故やスポーツ、ボールが当たる・・などですね。
あごはブランコのようにぶら下がっているため、外部からの力に非常に弱いと言われています。
急な力によりあごが動いてしまうと、顎関節の中の関節円板と言われるところがずれてしまったり、軟骨を傷める原因になりますので、ぶつけてしまった直後は口が開けづらかったり開けようとした時に痛みが起きたりすることがあります。
ほおには噛む筋肉がついているため、筋肉まで傷めている場合には噛んだ時にほおの周りの筋肉が痛いことがあります。
通常だと筋肉が痛む時は軟骨や関節円板より痛みが強いのでどうしても筋肉に意識がいってしまいますが、治りも早いため顎関節症の症状を感じるのは軟骨の障害や関節円板のずれ・・などがほとんどです。
痛みがある時に噛んでしまうと症状が悪化することが多いので、あごをぶつけたりした時は柔らかめの食事をする方がいいでしょう。
さらに、ぶつけてすぐは炎症が起きるため、なるべく早く冷やす方が治りが早いと言われています。

精神的ストレス

意外かもしれませんが、顎関節の原因には精神的ストレスもあります。
顎関節症と精神的ストレスとの関係は強く、顎関節症の方のほとんどが精神的ストレスを抱えていることが多いです。
顎関節症の症状である無意識の食いしばりや歯ぎしりなども精神的ストレスからきており、これはさまざまな実験によって立証されています。
なお、食いしばりや歯ぎしりは精神的ストレスにより意識しないまま脳がストレスを発散させていることから起こると言われています。
ですので、精神的ストレスがかかり過ぎると噛む筋肉が緊張したり疲労してしまい、あごのバランスが崩れることから精神的ストレスは顎関節症の大きな原因と言えるのです。
さらに、顎関節症の方に性格、心理、精神分析などのテストを行ったところ、情緒不安定や自律神経の乱れなどの結果があったそうです。
顎関節症の方の性格的な傾向としては几帳面、神経質、完璧主義・・などの傾向があります。
そういった傾向の方はそうでない方と比べて恐怖や不安、緊張などを感じやすいため慢性的に精神的ストレスを抱えてしまうようでね。

まとめ

同じような生活習慣を行っていても、顎関節症になりやすい方とそうでない方がいらっしゃいます。
また、顎関節症の方は最近増えており、特に若い女性などに急増中です。
その理由は柔らかいものを食べることが増えたため、噛む力が弱まったことが考えられます。
もし、ご自分が顎関節症かな?と思ったら、噛み合わせも含めかかりつけのクリニックで一度診てもらうことをおすすめします!

TOP