理想の噛み合わせとは?(かみ合わせ)

はじめに

みなさんは理想の噛み合わせというものをご存知でしょうか?
噛み合わせが大切なのは分かっていても、自分の噛み合わせが悪いのかいいのか分からない・・という方は意外と多いのではないでしょうか?
噛み合わせが悪いままだと歯周病や虫歯、顎関節症になったり、他にも姿勢や発音が悪くなったり、顎関節症や不眠症、肩こり・・など、全身にさまざまな症状が起こります。
日本人の80パーセント近くは噛み合わせになんらかの異常があると言われているほどです。
ここでは理想の噛み合わせとはどういったものなのか、噛み合わせが悪いとどういったことが起こるのか・・などをご紹介しますので、ぜひご参考になさってみて下さい。

理想の噛み合わせとは

正しい噛み合わせについてみなさんご存じでしょうか?
上下の歯がきちんと噛み合っている状態を正しい噛み合わせだと思っている方もいらっしゃるでしょうが、実際には前歯は上下の歯が前後にずれているため接触していません。
つまり、正しい噛み合わせとは上の歯は下の歯より数ミリ程度出ている状態を言います。
これがあまり前に出過ぎているのもよくないですし、奥にあってもよくないのです。
歯を噛んだまま左右にずらしてみると、犬歯は接触しており奥歯に少し隙間ができます。
この犬歯が触れ合って奥歯に隙間がある状態を犬歯誘導と読んでおり、奥歯を歯ぎしりから保護するためにできたものだそうです。
なお、奥歯は上下に噛む力に強いものの横からの力には弱く、歯ぎしりした場合に非常にダメージを受けやすいです。
つまり、前歯の噛み合わせが正しく、犬歯も正しく噛み合っていることで奥歯が保護されているということですね。
噛み合わせは前歯、奥歯両方が正しい位置にあることが大切なんですね。

悪い噛み合わせによる全身の異常とは

プラークが付きやすいため虫歯になりやすい

噛み合わせが悪いと虫歯になりやすいと言われています。
歯の汚れは食べものを噛んだり、歯同士がぶつかることで落ちたり付きにくくなりますが、噛み合わせが悪いままだと歯の当たる部分が少なくなるため、自然に汚れが落ちないので虫歯になりやすいです。

噛む力がまっすぐ加わらないので歯周病になりやすい

噛み合わせが悪いままだと噛んでいる歯だけに負担がかかるので歯周病になりやすいです。
人間は30歳を超えると抵抗力が落ちると言われており、同時に歯周病リスクが高まります。
噛み合わせが悪いと噛んでいる力に力がかかりすぎるため歯周病が進みやすいと言われています。

顎関節症になりやすい

噛み合わせがいい方でも顎関節症になる場合がありますが、悪い方は悪化しやすいと言われています。
その理由は噛み合わせが悪いと噛んだ時安定感がないためあごの関節に力がかかるからです。
噛み合わせによって支えられる部分が少ないため、歯がすり減ったり治療をしたりした際にあごに負担がかかってしまい、顎関節症になってしまうのです。

顔がゆがむ

顔は咀嚼筋や表情筋などの筋肉でほとんどの部分が作られていますが、噛み合わせが悪いままだと片側だけで噛むことになるので筋肉の厚みが変わってしまい、最終的に顔がゆがんでくるそうです。
顔の下の骨は筋肉の厚みにより変わるため、あごの形も変わってしまうと言われています。

自律神経失調症

噛み合わせがわるいと神経のバランスが悪くなることもあります。
特に精神的ストレスがかかっている時にバランスが崩れてしまうと、精神的にも不調になり自律神経失調症になることがあります。
ただ、今のところ明らかな原因については分かっていないようですね。

適切な歯科治療が難しくなる

噛み合わせが悪いと歯が凸凹していたり斜めになっているため、歯科治療が行いにくいです。
歯の生えている方向に合わせ治療を行おうとすると、歯の軸と違う方向にかぶせる必要があるため、神経が近くなって痛みが出たり治療後に歯が割れたりすることがあります。

自分でできる噛み合わせ改善法

  1. 歯並びが悪くなるくせを付けない

    指しゃぶりや爪を噛む、うつ伏せで寝る、頬杖・・などのくせや習慣は噛み合わせがわるくなる原因ですので、意識してやらないようにしましょう。
    また、呼吸をする際には口は閉じ鼻呼吸を心がけましょう。

  2. 噛みぐせがある方は鏡を見てなおす

    噛みぐせがあり下あごが左右どちらかで噛むことが習慣になっている方は意識的に噛む位置を治せる場合が多いです。奥歯で噛んだ状態のまま鏡を見て上下の前歯の真ん中が合うように意識するようにしましょう
    なお、お子さんの場合は前歯で噛むくせがついていることが多いです。
    前歯で噛むくせがあると受け口になることが多いので、奥歯で噛むように注意してあげましょう。

  3. 気になる場合はクリニックを受診する

    それでも気になる場合にはクリニックに相談に行くといいでしょう。
    その理由は早いうちなら噛み合わせや歯並びが悪くなる前に改善できるかもしれないからです。
    さらに、今後歯並びがなるのを防止できるかもしれませんし、多少悪くても早いうちなら改善しやすいからです。もしかするとご自分では思いもしなかったプランを提案してもらえるかもしれないからです。

クリニックでの治療法

マウスピースを装着する

クリニックでの治療法としてはマウスピースを装着する方法があります。
これは噛み合わせがわるいことであごの症状が起こったなどに有効な方法です。
あごが開きにくい、開ける時に痛みがある・・などの場合、マウスピースを装着してあごの負担を軽減することで症状を軽くできます。
マウスピースを使って症状が落ち着いてくれば噛み合わせを治療していきますが、保険を使えるので5千円程度で済みます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
噛み合わせは悪くなると費用や時間がかかるものです。
また、保険ではほとんどが行えないため、日ごろから大がかりな治療にならないためにも注意して生活するようにしましょう。
もし、ご自分の噛み合わせで気になることがあれば、信頼できるクリニックで相談してみて下さいね!
みなさんが理想の噛み合わせを手に入れられることを願っています!

 

 

TOP