どうやって治すの?噛み合わせの治療法

はじめに

常に肩こりや頭痛、顎関節が痛い、口内炎がしょっちゅうできる・・など、原因が分からない体調不良に悩む方は多いはず。

実はこれらは噛み合わせの悪さが原因で起こっているかもしれません。

ここでは噛み合わせが悪い場合どういった治療が行われるのか、噛み合わせが悪くなる原因などについてご説明したいと思います。

もし、今思い当たることがある方はご参考にしていただき、一度クリニックへ相談に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

悪い噛み合わせとは?

そもそも、噛み合わせにはいいものもあれば悪いものもありますが、いい噛み合わせについてはイメージしやすいはずです。

では、悪い噛み合わせとはいったいどういったものなのでしょう。

見た目だけで言いますと、きれいに歯が並んでいない状態です。

機能面では歯がなくなっていたり、欠けたりしていてうまく噛めない状態を言います。

頬や舌をよく噛む方は噛み合わせが悪いと言ってもいいでしょう。

ですが、本当の意味での悪い噛み合わせとは体のどこかに何か悪い影響が出ていることを言います。

 

悪い噛み合わせの原因とは

噛み合わせが悪いままだと、様々な悪影響があることは耳にしたことがあるでしょうが、そもそもどうして噛み合わせが悪くなってしまうのでしょう。

ここでは噛み合わせが悪くなる原因についてご説明しましょう。

 

詰めものや被せものが合っていない

詰めものや被せものが正常な位置から低くなったり、歯がすり減ることで噛み合わせが少しずつずれてきます。

それに、顎関節も緊張が続くため顎関節症が進んでしまったりします。

 

悪い習慣やクセ

日ごろの生活の中で無意識にやってしまっている頬杖や片側噛み、うつ伏せに寝る・・などの習慣やクセにより悪い噛み合わせになることがあります。

また、仕事や勉強などをしている時は集中するため、食いしばったり、寝ている間に歯ぎしりすると歯並びにかなりのダメージがあると言われています。

また、爪を噛むクセがある方も噛み合わせが悪くなることがあります。

爪は体の中で歯に次いで硬いところで、その爪を噛むクセがあると歯ぐきや歯に負担がかかってしまい、前歯の歯並びが悪くなったり、噛み合わせが乱れたりします。

 

歯並びが悪い

八重歯、出っ歯など歯並びが悪い方は噛み合わせが悪くなるといわれており、大人になるに従ってあご周りの筋肉や骨格などが変わってくるため噛み合わせのバランスが乱れてしまうことがあります。

 

歯周病や老化

歯周病になると歯の根元が弱くなってしまうため、歯並びが悪くなり噛み合わせが悪くなると言われています。

さらに、老化により歯周病になるリスクが上がりますが、老化によって歯ぐきは弱まり歯がぐらつきだして揺れ出すと歯並びや向きが変わってしまうため、噛み合わせはどんどん悪化します。

 

虫歯や歯の形

虫歯菌は酸を出しますが、それにより歯が溶けたり治療で歯を抜いたり削ったりすることで歯の形そのものが変わってしまい、歯並びが悪くなって噛み合わせが悪くなることもあります。

 

子どものころの噛みくせや指吸い

小さい頃噛み癖があったとか、指を吸っていた・・などがある場合にはそれによって歯の生える向きが変わるため噛み合わせが悪くなることがあります。

 

遺伝

生まれつき歯並びが悪い方や、顎の関節が弱い方は噛み合わせが悪い場合があります。

また、下顎の方が上顎より前に出てしまっている方は噛み合わせが逆になるので悪くなるようですね。

 

柔らかいものをよく食べる

小さい頃から硬い食べものをあまり食べない習慣の方はあごの骨格が弱いため噛み合わせがわるくなることがあります。

細菌では顎が細い人ほど見た目がスマートで魅力的だとされていますが、噛み合わせの観点から言うといいとは言えません。

 

噛み合わせの治療法

噛み合わせが悪い場合にはクリニックで治療を受ける必要が出てきますが、大きく分けて4つの治療法があります。

口腔外科では噛み合わせの悪さに対してマッサージを行っています。

他にもスプリント療法という方法により歯と顎関節の負担を軽くするものや、痛みがある場合には薬を使った方法で緩和したりしながらプロによるカウンセリングによって、噛み合わせが悪化する根本的な原因を調べていきます。

それでもよく鳴らない場合には歯科矯正などを行って歯並びを矯正したりします。

 

スプリント療法

この治療法は柔らかいゴム製のマウスピースを装着し、噛み合わせを治していく方法です。

無意識に食いしばりや歯ぎしりなどによって起きる歯へのダメージや顎関節への負担も軽くできます。

 

認知行動療法

噛み合わせがわるくなるほとんどの理由は片側噛みやうつぶせ寝、頬杖、食いしばり・・などといった、無意識のうちに行ているクセや習慣などによるものです。

これらはプロによるカウンセリングによって悪い癖を見つけ、意識して改善していくことによって根本的に治していきます。

 

歯科矯正

もし、噛み合わせの悪さが上で書いたスプリント療法や認知行動両方などによっても一向に改善されない場合、歯科矯正を行う場合があります。

なお、患者さんによって矯正の程度が変わってくるようですね。

歯科矯正する場合は治療期間も数年単位となり費用も高額になりますが、前歯だけなどなら治療期間も短くて済み、費用も安くできます。

 

痛みがある場合は薬で緩和する

噛み合わせが悪くなると顎関節や歯に強い痛みが起きることがあります。

そういった場合には応急処置的に痛み止めや顎関節周りの緊張をほぐすため筋弛緩剤などを処方することもあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

噛み合わせが悪いと歯だけでなく顎関節やお口の中、全身の健康状態の悪化につながっていきます。

噛み合わせが悪くなる原因には日ごろの習慣やクセなどで起きるものがほとんどですので、自分で見つけることは難しいため気になる症状がある方はクリニックで専門医の診察を受けていただき、適切に治療を行って根本的に治すようにしましょう。

噛み合わせがよくなれば今まで以上に健康的な生活が送れるはずです。

ぜひ、ご参考になさってみてくださいね。

 

TOP