入れ歯とブリッジのメリット・デメリット

はじめに

人間の歯の本数は親知らずを除いて28本ですが、歯を失った時の選択肢としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

歯はそれぞれ形が違うように役割も違っており、なくなったままにしておくと悪影響が多いので、そこを補わなくてはなりません。

ここでは歯をなくした時の選択肢として挙げられる、入れ歯とブリッジのメリット、デメリットなどについてまとめてみたいと思います。

 

ブリッジのメリット

自分の歯のように噛める

ブリッジとは自分の歯に被せものをする治療のことで、噛んだ時にまるで自分の歯のような噛み心地を得られるのがメリットです。

一方で、入れ歯だと噛む力を支えるのが歯でなく歯ぐきや骨なので、自分の歯と比較すると噛み心地が全く違ってきます。

 

外科手術の必要がない

一般的にブリッジと比べられるのはインプラント治療で、歯をなくしてしまった場合チタン製のねじを埋め込み歯を作成します。

インプラントだと骨の中にねじを埋め込むため外科手術の必要がありますが、ブリッジは外科手術が必要ありません。

歯茎を切開したり、骨にねじを埋め込まずに隣の歯を削るだけで済みます。

 

治療期間が短い

ブリッジだと最短2回通院するだけで治療が終ることが多いです。

最初に歯を削って次の通院で被せものを装着する・・だけで済みます。

ですが、入れ歯だと最低でも4回程度の通院が必要になり、治療期間も長くなります。

なるべく通院期間を短くしたいと思う方はブリッジ治療の方がメリットが多いでしょう。

 

ブリッジのデメリット

隣の健康な歯を削る

ブリッジとはどういった治療か上で書いた通り、なくなった歯の両隣の歯を削らなければ被せものをすることができません。

しかも、その削る歯が虫歯でない場合には健康な歯を削ることにもなりかねません。

歯はいったん削ると再生しないので、この点についてはじっくり考えていただきたいですね。

 

土台になる歯に左右される

たとえば、土台になる歯が歯周病などでぐらついていて、もう片方の歯が健康だった場合には揺れ具合が違っているためトラブルの原因になるそうです。

分かりやすく言いますと、ブリッジを歯に装着している接着剤が揺れのせいで溶け出してしまったりします。

そうなると、ブリッジはそう簡単に取れたりしませんが、接着剤が溶け出すとその隙間から細菌が侵入して中で虫歯になってしまうことがあります。

ブリッジを外してみたら虫歯がかなり進んでしまっていた・・ということもあるため、ブリッジのデメリットをしっかり分かっている歯科医師ならブリッジを勧めないこともあります。

なので、ブリッジ治療をする前にはクリニックでよく相談することをおススメします。

 

自分に合うブリッジにするためには

ブリッジは両側の歯とつながっているため接着剤でしっかりつけられているので外して掃除ができません。

なので、入れたままにするのではなく定期的にクリニックで検診を受け、問題が起こっていないか見てもらうことが大切です。

最低でも1年に1度はメンテナンスを受けましょう。

 

入れ歯のメリット

では、入れ歯のメリットにはどういたものがあるのでしょうか?

 

歯を削らずに済む

一部のものを除けば残っている健康な歯を全く削ることなく入れ歯をすることができます。

中には少し削る必要があるものもありますが、ブリッジと比較すると健康な歯への負担が軽くて済むと言えます。

 

外科手術が必要ない

歯をなくした時の治療法として最近増えているのがインプラント治療ですが、この場合だと外科手術が必要になるため不安を感じてしまう方が多いです。

さらに、多くのクリニックでこの治療を行っているようですが、歯科医師の中には経験が少ないまま行っている人もいます。

患者側からその判断は難しいので外科手術に不安を感じているとも言えます。

不安を感じる方は外科手術の必要がない入れ歯の方がおススメです。

 

残された歯が抜けても修理ができる

ブリッジだと土台になっている歯が抜け落ちた場合に最初から治療をやり直す必要があります。

なので、場合によっては再度高額な費用が必要になります。

インプラント治療の場合でも他の歯が抜け落ちてしまったらまた最初の歯と同じ費用が本数分必要になります。

つまり、結果的に高額な費用が必要になるため本数によっては数百万円もかかってしまう場合があります。

ですが、入れ歯だと歯がなくなっても修理で対応できるので将来お口の中の状態がどうなっても費用をあまりかけずに対応できるメリットがあります。

 

どのような状態でも作成できる

ブリッジの場合には隣の歯を土台にするため、歯が残っていない方は治療が受けられません。

インプラント治療もあごの骨が少ない場合には治療が不可能になることもあります。

ですが、入れ歯だと1本も歯が残されていなくても、あごの骨が少ない場合でも治療できるメリットがあります。

 

入れ歯のデメリット

種類や調整具合によっては痛みや違和感がある

入れ歯の場合それぞれの方のお口の状態にあった調整を行わないと痛みが起きることがあります。

さらに、プラスチック製の入れ歯を入れた場合は調整をきちんと行っていてもすぐに痛みが起きる場合が多いようです。

なので、入れ歯治療を受ける場合には信頼できるクリニックを選んでいただき、それぞれの入れ歯の特徴などを理解した上で相談して決めることをおススメします。

 

自分に合う入れ歯を作るには

どんなに正確に作ってもらっても入れ歯は取り外すため合わなくなってきます。

合わないからと言って外したままにしておくと残った歯に悪影響があります。

あきらめてしまわず、ご自分のお口に合うよう調整してもらいましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

歯をなくしてしまった時の治療法として、ブリッジや入れ歯、インプラントなどがありますが、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

なくしてしまった歯の数や場所などさまざまなことを考慮した上でどの治療法を選ぶか決める必要がありそうです。

信頼できる歯科医師にそれぞれの治療法についてしっかりと説明を受けた上で納得できる治療法を選びましょう!

TOP