嚙み合わせの治療にかかる料金はいくら?

はじめに

噛み合わせとは上下の歯が接触することで成り立つもので、つまり、一が固定されている上あごの歯に対し、下あごの歯が噛み合う位置が噛み合わせの位置・・ということになります。
さらに、この噛み合わせの位置とは下あごの周りの咀嚼筋がもっともリラックスした自然な位置と一致していることが好ましいと言われています。
噛み合わせを治療する方法とは歯ぎしり食いしばり噛みぐせ抜いたままの歯・・など、なんらかの原因によってずれた噛み合わせの位置を咀嚼筋がもっともリラックスする位置と一致するよう行うものです。

 

噛み合わせを治療するメリットとは?

歯にいい影響を及ぼす

噛んだ時痛かったり、歯がしみたり、ものがはさまったりしたらまず、虫歯だと考えませんか?
ですが、実際のところ半数以上の方に歯に異常がなく、噛み合わせがずれていることで負荷が過度にかかったことで起きているのです。
つまり、噛み合わせを調整すれば改善することが多いようですね。
被せものや詰めものなどを外す前に、まずは噛み合わせを治療し改善すれば、歯にとってもっとも優しい治療になるはずです。
また、噛み合わせに問題がある場合それと同時に歯周病を起こしていることが多いため、噛み合わせを治療することで歯周病もよくなるようです。

 

体に優しい

首筋のこり、頭痛、肩こり、耳鳴り、腰痛、めまい、手足のしびれ、顎関節症、疲れ目、かすみ目、不眠症・・など、こういった症状は噛み合わせのずれによるあごの関節の位置が異常だったり、姿勢の変化によるものだと言われています。

ですので、噛み合わせを治療すればこれらの症状がかなり改善することが分かっています。

このことから、噛み合わせを治療することは体にとっても非常に優しいと言えるでしょう。

 

さて、この噛み合わせのズレは年齢には無関係で起こると言われています。
中学生でも頭痛やめまい、耳鳴りや腰痛などに悩んでいる方も多いようです。
中には口内炎があまりに頻繁にできるという人もいるようです。

 

噛み合わせが悪くなる原因とは?

なお、噛み合わせが悪くなる原因には次のようなものが挙げられます。

  • 慢性的な歯周病
  • 高さが合っていない被せものや入れ歯など
  • 事故などによる怪我
  • 精神的ストレス

・・などですね。

また、慢性的な歯周病虫歯により歯が抜けて、そのため他の健康な歯が傾いてしまうことがあります。
入れ歯や被せものが合っていないと噛み心地がかなり変わってきますし、高さの合っていない入れ歯を使っていると合わなくなっていきます。
これが原因となり、本来の噛み合わせがおかしくなります。

歯周病や虫歯がある方は噛み合わせの治療の前にぜひ治療を行っていただきたいです。

 

過度な精神的ストレスを受け続けると人間は歯を食いしばるものです。
ストレスはまた歯ぎしりの原因にもなり、この歯ぎしりはとても厄介なもので、健康な歯や歯がなくなった部分が破損する可能性があると言われています。
さらに、あごにも過度な負担がかかるため顎関節症の原因にもなりえます。

 

噛み合わせが悪いことのデメリット

さて、噛み合わせが悪いと歯やあごの他にさまざまな部位に悪い影響を及ぼすと言われています。
噛み合わせが悪いため起こる症状としては次のようなものが挙げられます。

 

歯周病が悪化する

噛み合わせが悪いままだと噛む時に加わる力が歯により変わってきます。
過度な力が加わり続ける歯があると、もともと歯周病だった場合に弱っている歯肉や骨などの組織をさらに刺激するため、歯周病の症状が悪化すると言われています。

 

消化器への負担がかかる

噛み合わせが悪いと噛む力が弱まってしまい、咀嚼効率が低くなります。
食事の時にしっかりものを噛めなくなると、消化するのに時間がかかってしまうため消化器系に負担がかかります。

 

プラークが付きやすい

歯の噛み合わせが正しいと噛んだ時に歯が当たるためついたプラークは落ちやすいですが、噛み合わせが悪いと歯と歯が当たる部分が少なくなるため、汚れが落ちにくくなり虫歯になりやすくなります。

 

全身症状を引き起こす

噛み合わせやあごの位置は首や肩、顔周りの筋肉の緊張状態にも関係しています。
噛み合わせが悪いままだと重心がずれるので歯やあごのバランスが乱れてしまい、肩こり、頭痛、腰痛などの全身症状の原因になります。

 

顎関節症になりやすい

噛み合わせが悪いままだと噛むたびにあごがズレます。
あごの関節に負担がかかるため、顎関節症が起きやすくなります。
そうなると、耳の穴の前の顎関節や筋肉が痛みだし、口を開け閉めする際に音がしたり、口が開けづらい・・などの症状が起きます。

 

噛み合わせ治療の費用

では、噛み合わせ悪さを治療するのにかかる費用は一体いくらくらいなのでしょうか?

それぞれの症例により変わってきますが、保険適用内で収まらない場合が多いようですね。
インプラント利用や歯科矯正などと同様、保険適用外となることが多いです。
たとえば、歯がない場合噛み合わせの治療を行う前に入れ歯ブリッジインプラント治療など、治療法を選ぶ必要があります。
マウスピース治療でも保険適用なら5000円程度で済みますが、保険適用外だと100万円程度になることもあり、症例やクリニックによってもかなり差があるようです。

 

まとめ

噛み合わせが悪いことが原因で起こる症状はいろいろありますが、噛み合わせの悪さに自覚がない人は非常に多く、日常的に感じる体の不調の原因が実は噛み合わせの悪さが原因・・ということが意外と多いです。
噛み合わせをよくするには自分の噛み合わせに悪影響を及ぼす根本的な原因の他に、今どういった症状があるのかなどをしっかり理解しておくことが大切でしょう。
噛み合わせに悪影響を及ぼしている原因にもよるのですが、治療法には入れ歯ブリッジ歯科矯正マウスピース・・など、さまざまなものがあります。
噛み合わせを悪くしている日ごろの習慣を改善するのはもちろんのこと、まずはクリニックで噛み合わせのチェックを受け、専門医による自分にもっとも合った治療法を提案してもらいましょう。
そうすれば、きっと噛み合わせが改善されるに違いありません!

TOP