歯列矯正後の後戻りを防ぐための注意点

はじめに

矯正治療が終ったら美しい歯並びを手に入れられると思う方がほとんどですが、実は矯正治療に後戻りはつきものです。
完全に元の歯並びに戻ってしまうわけではありませんが、生活習慣や歯の使い方によって少しずつ動いているため、きれいになった歯並びが少しずつ後戻りする可能性があります。
この後戻りを防ぐための注意点にはどのようなものがあるのでしょう。
ここでは矯正治療後の後戻りを防ぐための注意点や対策などをご紹介します。

歯の後戻りを防ぐには

矯正治療後の後戻りを防ぐのに使われているのがリテーナーと呼ばれる保定装置です。
リテーナーは保定装置とも呼ばれており、矯正治療後に歯が元に戻るのを防止するための装置でさまざまなタイプのものがあります。
取り外しができるため矯正治療中は不便だった食事や歯磨きの際にも便利です。
特に、歯磨きの際に取り外せるのはていねいにブラッシングができるので矯正治療後の歯のお手入れがしやすいというメリットがあります。
リテーナーには細菌が繁殖しやすいためていねいにケアする必要があり、専用の洗浄剤などで汚れが付いてしまう前にきれいにするようにしましょう。

リテーナーの種類

リテーナーには大きく分けると、取り外せるタイプと固定タイプとがあります。
また、取り外せるタイプにはプレートタイプとマウスピースタイプがあり、プレートタイプにもいくつか種類があり一般的に広く使われています。
歯の表にはワイヤーがあり、裏側にはプラスチック製のプレートが密着するような構造です。
なお、噛み合わせる面は覆われていないため歯並びをきれいに保ちながら噛むことで少しずつ歯が移動し、噛み合わせを安定した状態で保つことが可能です。
いっぽうで、マウスピースタイプは透明なものなどがあり、透明な樹脂素材でできているため見た目に保定装置を付けているのが分かりません。
このタイプは噛み合わせる面がおおわれているため噛み合わせを安定させるには不向きです。
プレートタイプが使えない、見た目を気にする方によく使われるタイプです。
また、このタイプは短時間で作製できるためプレートタイプが出来上がるまでに一時的に使うリテーナーとして使うこともあります。
固定タイプのリテーナーは歯の裏側にワイヤーを接着し固定しますが、取り外せるタイプと比べ保定する力が強力なので後戻りの可能性が大きい方に向いています。
リテーナーを装着する際に入りにくい、きつい・・などと感じる方も多いでしょうが、歯並びの後戻りを防ぐためには必要なものなので嫌がらずに装着するようにしましょう。
しばらくの間つけていないだけで入らなくなる可能性もあります。
矯正治療後の後戻りするのはこのリテーナーを付けていなかったことがほとんどだと言われているため、矯正治療が終ってもしっかりとリテーナーを付けておくようにしましょう。

リテーナーを装着する期間

リテーナーを装着しておくべき期間は骨がしっかりと安定するまでの1~3年程度だと言われています。
このリテーナーを装着し続けておくべき保定期間は患者さんの年齢や治療内容、クリニックによって違っています。
ただ、この保定期間が終わってもリテーナーを外してしまうと、少しずつ歯は後戻りし始めます。
その理由は歯は常に自然に動こうとしているからです。
そのため、夜寝ている間だけでも装着するように指導するクリニックが多いです。
歯は一生動こうとしているため保定期間が長いほど歯並びを保つ効果が高くなりますので、長く保定しておくことのデメリットは全くありません。
美しい歯並びや噛み合わせをずっと保つための最善の方法は夜寝ている間だけでもリテーナーを装着し続けることだと言っていいでしょう。

リテーナーを装着するメリット

さて、保定期間中にリテーナーを装着するメリットは後戻りを防止するというものがありますが、それ以外にもリテーナーを装着するメリットがあるのをご存じでしょうか?
それは治療期間を短くできるというもので、リテーナーを使わない場合は矯正期間は倍にもなってしまうと言われているほどです。
また、リテーナーは矯正装置と比べると歯を細かく動かすことができるので、噛み合わせをきれいにするという効果もあります。
矯正装置だけで矯正すると噛み合わせがきれいにならない場合もあるため、リテーナーで細かい調整を行っていくことをおススメします。
つまり、保定期間にリテーナーを付けないでいると矯正治療自体途中で止めてしまうということと同じです。
後戻りを防止し歯の噛み合わせをきれいにするためにも、保定期間をしっかりととるようにしましょう。

リテーナーを使用する場合の注意点

取り外せるタイプのリテーナーは食事や歯磨きがしやすいというメリットがあるものの、手軽なためつい装着時間が短くなりがちです。
クリニックで指導された通りの装着時間を守らないと効果が落ちてしまうことがあるため注意しましょう。
さらに、リテーナーは矯正装置と同様にお手入れする必要があります。
歯周病や虫歯にならないよう日頃からしっかりとお手入れするようにしましょう。

後戻りしてしまったら

もし、リテーナーを装着しようとしてもきちんと入らない場合は多少無理に入れて入るようならそのまま使い続けていただき、かかりつけのクリニックで相談するようにしましょう。
少の後戻りならリテーナーの調整だけで対応可能な場合もありますが、完全に入らないようならリテーナーを作り直す必要が出てきます。
さらに、後戻りが大きく歯並びが乱れてしまった場合には再度矯正治療を行わなければなりません。
保定期間が終わってもクリニックで定期的にチェックを受けていただき、矯正治療で手に入れた美しい歯並びを保ってくださいね!

まとめ

歯列矯正後の後戻りを防ぐための注意点をご紹介しました。
いくら矯正治療によって歯並びが美しく整ってもリテーナーで保定しないと後戻りしてしまうことをお分かりいただけましたか?
せっかく高いお金と時間をかけて美しい歯並びを手に入れたのですから、リテーナーをきちんと装着し歯並びを保つようにしてくださいね。
みなさんが美しい歯並びを保てるためのお役に立てるとうれしいです!

TOP