できれば抜きたくない…非抜歯矯正のメリットデメリット

はじめに

矯正治療を受けたいけれど、歯を抜くのは嫌だ・・と思っている方もいるはずです。
最近、歯を抜かない非抜歯矯正を行っているクリニックも増えているようですね。
このように、非抜歯矯正が増えているということはそれだけ非抜歯の方がメリットが多いということが考えられます。
では、非抜歯矯正にはどういったメリットばかりで、デメリットはないのでしょうか?
メリットだけでなくデメリットも知っておくことが治療後に後悔するのを防ぐことにつながります。
永久歯を抜いてしまうともう二度と生えてこないですし、非抜歯矯正で治療を受けたものの歯並びが思ったほどきれいにならなかった・・ということをよく聞きます。
ここでは非抜歯矯正についてメリットやデメリットをまとめてみますので、矯正治療を予定している人はぜひ読んでみて下さい。

非抜歯矯正のメリット

そもそも非抜歯矯正にはどういったメリットがあるのでしょう?
矯正治療をする際に抜く必要のない歯は体に負担がかかるものでもないため先のことを考えると無理やり抜かない方がいいでしょう。
皆さんは8020運動というものをご存じでしょうか。
これは80歳の時に自分の歯を20本以上維持しよう・・ということを推進する運動のことです。
あるデータによれば、高齢になった時に健康な歯が20本以上残ってるとしっかりと噛んで食べられるので食生活を楽しめる・・ということが分かっています。
このように、ご自分の健康な歯はなるべく残しメンテナンスをしっかり行っていくことが健康的な毎日を送ることにつながります。
ただ、矯正治療を行う際に歯科医師は細心の注意を払い歯を抜くかどうか決定するため、一概に抜歯したからと言っても悪影響が起こると限ってはいません。
ですが、将来あごや歯が弱った時にそれぞれの歯に負担がかかってしまい、以前抜歯したことを後悔することになりかねないでしょう。
こう考えますと、できるだけ健康な歯を保つように心がけたいものですね。

非抜歯矯正のデメリット

非抜歯矯正にメリットもあればデメリットもあります。
歯を抜かずに矯正治療する場合、できるだけ歯と歯の間に間隔をあけてスペースを確保する必要があります。
ですので、歯全体を外側に押し出す必要があることがありますが、その際口元が突出してしまう可能性があります
また、口が閉じにくくなることもあります。

歯科医師は歯の大きさやあご、骨、歯ぐきのスペースにどの程度の余裕があるか・・など、さまざまな視点から見て抜歯する必要があるかどうか決定します。
その際、歯を外側に動かしていいのかどうかも考えており、難しい場合は抜歯を行うなど外科的処置が必要になります。
ただ、必要がなければ歯を抜かずに矯正治療に進んでいくことになりますが、不安な場合は前もって矯正治療を行う歯科医師に聞いてみるようにしましょう。

非抜歯矯正が可能なケースとは

 

  1. 歯を動かすスペースがある

    歯を動かすためのスペースが十分にあるケースでは歯を抜いてまで空間を作る必要がないため抜かなくて済むようです。
    すきっ歯のようなもともとスペースが大きいような歯並びだと歯を抜く必要はなさそうです。

  2. 歯並びの突出や重なりが少ない

    歯の突出や大きな重なりがほとんどない場合、歯を抜かなくても歯並びをきれいにすることができます。
    ですが、あごのアーチから歯の一部が大きく出ているようなケースでは横一列に並べる必要があるためかなりのスペースが必要になります。

  3. アーチの幅を広げられる場合

    乳歯と乳歯と永久歯が混在している時期において、あごの発達を促進できるお子さんの矯正治療の場合、歯を抜く必要がないことが多いです。
    あごの発達途中であごを大きくすることができるため、あごが大きくなるにしたがい永久歯の歯並びが美しく整ってきます。つまり、お子さんの矯正治療の場合あごの幅を広げる治療が主流になるようですね。

非抜歯矯正になった場合の対処法

歯並び全体を拡大させる

非抜歯矯正で矯正治療を行う場合、並んだ歯を外側にそのまま拡大させていく方法を取ります。
歯ぐきのスペースを確保するのが目的で歯全体を外側に広げられるかどうかを見ていきます。
歯並びを広げていくという意味ではあご全体を広げる方法もありますが、この場合も歯を抜かずに治療するためのスペースが必要になります。

歯を削る

歯並びの凹凸が激しくない場合は大きな歯を削ることでスペースを作る場合もあります。
歯を削ったとしてもスペースがそこまでできるのかと疑問に思うかもしれませんが、6本の前歯を1ミリずつ小さくすれば、それだけでも6ミリもの空間ができます。
こういった歯を削る方法はスペースを作るために意外と有効な方法として行われています。

非抜歯矯正か抜歯矯正か迷ったら

非抜歯矯正のメリット、デメリットについてご紹介しました。
今後非抜歯矯正にするかどうか迷った場合、どういった手順で選べばいいのかお教えしましょう。

 

自分がどうしたいのかはっきりさせる

まず、最も大事なことはご自分がどうしたいのか・・ということです。
審美性を求めたいのか、噛み合わせを整えながら歯並びをきれいにしたいのか・・などですね。

 

ご自分のお口の状態を把握する

矯正治療を行う前に、まずはご自分のお口の中の状態を知っておくようにしましょう。
クリニックではほとんどの場合初診の時にお口の中の検査を行います。歯や歯ぐきの検査は保険を使えますが、歯並びの検査は保険が使えないため自費診療になります。
クリニックによって自由に料金が設定できるため、2~6万円程度かかってきますが、ご自分の歯並びの状態や虫歯は歯ぐきなどの状態をしっかりと把握しておくことが非抜歯矯正にするかどうか選ぶ時に大切になるでしょう。

まとめ

非抜歯矯正のメリットとデメリットについて、迷った場合にどうすればいいのか・・などについてまとめてみました。
矯正治療をすることになったら、ここでご紹介したことを思い出していただき、ご参考にしていただければと思います。
もし、疑問点や不安点があれば歯科医師に相談した上で治療に進むことが大切です。
みなさんが矯正治療によって美しい歯並びを手に入れられるよう願っています!

TOP