iTeroを導入しているクリニックで矯正治療を受けるべき理由

はじめに

みなさんはインビザラインという矯正治療法をご存じでしょうか?

インビザラインで治療すると、出っ歯や受け口などの治療を行うことが可能です。
さらに、歯を抜いて矯正する場合もそうでない場合でも適切な治療ができると言われています。
ここではそんなインビザラインで矯正治療する際にiTeroを導入しているクリニックで矯正治療を受けるべき理由についてまとめてみます。

インビザラインとは

最近、取り外せ審美性の高い矯正治療としてマウスピースを使った治療を選ぶ方が増えてきました。
マウスピース矯正と言っても、さまざまな種類があり日本製のものや海外製のものなど、かなりの種類があると言われています。
そのシステムごとにマウスピースの素材や製造法、交換期間や費用、治療方法などが違います。
また、それぞれにメリットもあればデメリットも存在します。
このインビザラインとは1998年にアメリカで開発されたマウスピースを使った矯正治療のことで、2001年にヨーロッパで導入が始まりました。
現在ではオーストラリアや韓国、香港などでも導入され、2006年に日本で導入が開始されたと言われています。
治療に適した範囲が広く、歴史や症例数、実績などのあらゆる視点から見ても、現在のところインビザラインを超えるシステムはマウスピース矯正では存在しないと言われるほどです。
さらに、インビザラインで治療できない歯並びはないと言われるほどで、研究は進められ日々アップデートが行われています。
たとえば、マウスピースに使われる素材やコンピュータのシュミレーションシステムは日々新しいものにアップデートされ続けています。

インビザラインのメリット

  1. デジタル治療が可能
    インビザラインで治療すれば、精密検査や診断、矯正後の保定期間までどの過程でも全てデジタルで対応が可能です。
    その理由はクリンチェックや口腔内スキャナーなどで使用する、デジタル機器と連動することができるようになっているからです。
  2. ビッグデータがある
    これまで400万人以上もの方がインビザラインで矯正治療を行っており、その経過や結果についてのデータは全て蓄積されています。
    さらに、それらのビッグデータを分析するシステムがインビザラインにはあり、最適な治療を受けられます
  3. 治療中の痛みがない
    インビザライン治療で使われるマウスピースは柔らかい素材なので、他の治療より痛みがほとんどないのが特徴です。お仕事や勉強に支障が出るのは困るという方や、痛みに敏感な方にとっておすすめの矯正治療法です。
  4. 治療期間が短くて済む
    インビザライン治療において歯を移動させるにはコンピュータですべてプログラミングされており、目的の位置まで最短距離で動かすことが可能です。
    さらに、的確な力がかかるようにできるため最も効率よく歯を移動させることが可能です。
    歯並びが非常に悪い方や治療期間が長くかかるようなケースであっても、歯を抜く必要があり長期間治療にかかるケースなどにはおススメです。

iTeroを導入しているクリニックで治療を受けるメリット

歯並びをチェックした後に治療が始められる

これまでのワイヤー矯正や一般的なマウスピース矯正だと、治療後どういった歯並びになるのかチェックすることは不可能でした。
ですが、iTeroで治療すれば3Dスキャニング機能によって歯型が高精度に取れ、非常に正確なマウスピースを作れるようになりました。
また、スキャニングした画像をすぐにチェックでき、患者さんの目の前で治療のシュミレーションを行いながら、どんな歯並びになるか前もってチェックしてもらうことができます。
もし、出っ歯を治療する場合には前歯の位置を固定し、治療のシュミレーションを行えるため、治療前後のイメージのずれがほとんどなくなります。

不快感が少ない

今までの印象材を使った治療だと、お口の中にシリコンを詰め歯型を記録するため、お口の小さい方や異物に対して嘔吐反射がある方などにとって苦痛が伴いましたが、iTeroを使って治療すれば、お口の中にものを入れずに済みますし、高精度な歯型を作製できるメリットがあります。

高精度なマウスピースを作製できる

iTeroの画像技術はシリコン印象に比べかなり高精度なので、患者さんの歯並びによりフィットするマウスピースを作製できます。
さらに、iTeroを使って治療すれば、全体のわずか0.4パーセント程度しか取り直しが起こらないとも言われています。
一般的に歯型を取る際には歯の表面にある凸凹までデータ化できませんが、iTeroを使ってデータを取れば可能です。
シリコン印象だと歯型を取る際に変形する可能性がありますが、それもほとんどないと言われています。

安全性が高い

また、iTeroを使った治療法を受ければ、より安全に治療を受けることができます。
iTeroによる3Dスキャニングなら一切放射線を使わないので、被ばくの心配がなく妊婦の方やお子さんにも安全です。
一般的に歯型を取る際、シリコン印象材がお口の奥に流れ込むことがありますが、そういった心配も皆無です。
また、歯がぐらついている方や、ブリッジをされている方でアンダーカットがある場合でも治療ができるのもメリットです。

治療期間が短くて済む

今までのマウスピース治療の場合、歯型を取った後アメリカのインビザライン工場へ空輸する必要があり、現地で歯型をコンピュータでシュミレーションし作るため製作期間が1カ月程度必要でした。ですが、iTeroを使えばマウスピースを製作するまでの期間をかなり短くすることができます。
何度も通院したり、マウスピースを作り直手間もほとんどありません。
デジタルデータをネットで工場へ送信し、印象材を提出しマウスピースが到着するまでの期間が短くて済み、すぐにインビザライン治療を始めることができます。

まとめ

iTeroを導入しているクリニックでインビザライン治療を受けるメリットについてまとめてみました。
iTeroを導入しているクリニックはまだ非常に少ないです。
ここまでメリットが多い治療ならぜひiTeroを導入しているクリニックで治療を受けたいと思いませんか?
ネットなどで導入しているクリニックを探すことができるので、興味のある方は一度調べてみてはいかがでしょうか?

TOP