インビザライン矯正に欠かすことができない最新スキャナーiTeroとは

はじめに

ここ数年で歯科医療業界のお口の中のスキャナー技術の飛躍的進歩によって、インビザラインでiTeroの使用が導入され、より精密なデータを取ることができるようになりました。
このインビザラインで使われるiTeroとはどういったもので、どのようなメリットがあるのでしょうか?
また、インビザライン矯正についても詳しくご紹介してみます。

インビザラインとは

そもそもインビザラインとはアメリカで開発された矯正治療法で、マウスピース型の矯正装置を使った方法を言います。
その後、ヨーロッパやアジア、オーストラリアや韓国などでも行われるようになり、日本では2006年から行われています。
現在、世界各国で300万人以上の人mpインビザラインの治療実績があります。
インビザラインでは2週間ごとにマウスピースを交換し、歯を少しずつ移動させきれいな歯並びにしていきます。

インビザラインのメリット

 

取り外せるので衛生的に保てる

インビザラインは着脱可能なのでこれまでの矯正装置のようなプラークが溜まる心配もなく、歯や周りの組織を常に衛生的に保てます。
それに、歯ブラシで簡単にブラッシングできるの非常に衛生的です。

痛みがほとんどない

インビザラインはこれまでの矯正装置を比べると、痛みがほとんどないのがメリットです。
その理由には1つのマウスピースで動かす歯の距離が0.25ミリと決まっているため、力が過度にかかり過ぎないことがあります。
また、ブラケットなどを使わないので粘膜に刺さったり、当たったりすることもないため口内炎になる心配もありません。

金属によるトラブルもない

また、インビザラインは金属製ではなくプラスチックでできているため、金属アレルギーの心配がないのもメリットです。

好きなものが食べられる

これまでの矯正装置だと葉物などを食べると絡みやすかったり、粘着性のあるものはくっつくため食べることが難しかったです。
ですが、インビザラインは着脱可能なので、いつもと同じように食事が楽しめます。

会話しやすい

インビザラインはなめらかで薄いためこれまでの矯正装置のように凹凸や厚みがなく会話しやすいです。
なので、人前で話す機会が多い方や接客業の方でも抵抗なく治療が行えます。

透明なので目立ちにくい

インビザラインは透明なので、装着していても大きな口を開けて笑うことができます。
見た目に分からないので、矯正治療を行っていると人から気づかれる心配もありません。
人に気づかれずに矯正治療ができるのはうれしいですよね?

iTeroとは

では、インビザラインで使われるiTeroとはどういったものなのでしょうか?

データの取り直しがほとんどない

インビザラインではマウスピースを作る際に歯型のデータを取りますが、その際取り直しが発生します。
シリコン印象の場合、4パーセント程度の取り直しがあるようですが、iTeroだとたった0.4パーセント程度の取り直ししか起こらないということが分かっています。
これは100万件以上ものインビザライン症例のデータに基づいています。
取り直しがほとんどないということはそれだけ治療にかかる時間が少なくて済む・・というメリットにつながりますよね。

マウスピースの違和感がほとんどない

ある研究によれば、240万件ものインビザラインの症例データを分析したところ、マウスピースの違和感が生じた症例はシリコン印象に対しiTeroだと7分の1だったそうです。
iTeroは精密なデータを得ることができるため、インビザラインのマウスピースを作る際フィット感に優れたものを作ることができます。
iTeroの精密なデータにより違和感のないマウスピースを作ることができるのです。

治療期間が短くて済む

これまでのシリコン印象の場合、アメリカに航空便で送りデータを取得しクリンチェック治療計画を作るまでに2週間程度かかっていました。
なので、日本でインビザラインの治療を行う際にどうしても輸送の時間が余計にかかってしまいます。
また、輸送事情や天候によって遅れが生じることもあります。
ですが、iTeroならデータをネット上で瞬時にアメリカに送れるので、クリンチェック治療プランはシリコン印象の半分程度で作ることが可能です。
つまり、治療期間が非常に短くて済むというメリットがあります。

患者さんの苦痛が最小限

インビザラインで精密検査を行う際、歯ぐきや歯並びの型を取るシリコン印象を使っていましたが、これだと味やにおいのある材料だったため吐き気をもよおす場合がありました。
ですが、iTeroなら歯や歯ぐきにレーザーを当てるのでにおいや味のあるものを使うこともなく、吐き気を抑えることができます。
また、検査中に口をゆすいだり、休憩することも可能です。

安全性が高い

また、光学スキャニングだとレントゲンとは違うため被ばくがないのもメリットで、お子さんでも安全に治療が受けられます。

高精度

これが最大のメリットだと言ってもいいでしょう。
高精度のマウスピースを作るには精密で正確なデータが必要ですが、このiTeroを使えばデジタルデータが得られるため素材の劣化や変形などの心配がありません。
また、施術者による差がほとんどないのもメリットです。
施術者による差がないというのはかなり重要で、誰が行っても正確にデータが取れるというのは非常にメリットが大きいと言っていいでしょう。

その他

他にメリットと言えば、患者さんの模型をデジタルデータ化できることなどが挙げられます。
これができれば、データを長期保存することができ模型の破損などの心配も皆無です。
さらに、患者さんの都合で転院する必要が起こった時にもスムーズに受け渡しできるメリットもあります。
そうすれば、異なるクリニックで症例の共有が可能となり、難しい症例をお互いに共有することで将来治療の質を上げることも可能になります。
つまり、iTeroはさまざまな可能性を持っているわけですね。
今後ますますiTeroを導入するクリニックが増えることを願ってやみません。

まとめ

インビザラインで使われるiTeroのメリットや、インビザライン矯正についてまとめてみました。
iTeroについてご存じの方はほとんどおられないでしょうが、ここでご紹介したことをご参考にしていただき、矯正治療の際に役立ててみてくださいね!

TOP