【iTero】最先端の歯の型取り!最新スキャナーの特徴とは

はじめに

歯科医院で歯の治療を受けていると、「歯型をとりますね」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。歯型をとるのは意外と苦手な方も多く、嘔吐反射が起きてしまったり辛いと感じる方が多くいらっしゃいます。

しかし歯並びを改善する歯列矯正では歯の状態を確認し、今後どのように治療を進めていくのかというプランを練るためにも、歯の型をとるという行為は避けては通れません。歯型をとることができなければ、矯正治療の計画を立てられず治療を進めることが困難になってしまいます。

そこで今回は「口の中にペースト状の独特の臭いや感触のシリコンなどを押し込められるのは辛い…」「何かほかに楽な方法は無いの?」と思っている方に知って頂きたい最先端の3Dスキャナー、iTero(アイテロ)についてお伝えしたいと思います。

歯科治療においてとても重要で必要不可欠な歯の型どりを快適なものに変える、画期的な最新スキャナーについて知りたいという方は是非参考になさって下さい。

歯型をとるのが苦手な方へ

歯型をとることを”印象”と言います。歯列矯正治療の際の歯並びを確認するために行われたり、歯科治療の診断用に行われることがあります。

金属のトレーに型どり専用のピンク色の粘土のようなもので型どりを行うのが一般的ですが、口の中に物を入れられると気持ち悪くなってしまい、吐き出してしまう嘔吐反射がある方は歯型をとることをとても苦痛に感じてしまいます。

嘔吐反射があるかないかは個人差がありますので、歯型をとることを全く苦痛に感じない方もいらっしゃれば、吐き気が強くて我慢できないという方も中にはいらっしゃいます。

嘔吐反射の原因は過去の歯科治療にトラウマがある場合や、生理的な反応が強い場合、口呼吸が原因となっている場合などさまざまなことが考えられます。嘔吐反射が原因で歯科医院に通うことを躊躇ってしまうというケースもあります。

しかし歯型をとることは歯科治療において必要な処置ですので、少しでも楽に歯科治療を受けることができるように対策する必要があります。

嘔吐反射がある方も安心のiTero(アイテロ)とは

iTero(アイテロ)とは、口の中をスキャンすることによって口腔内の状態をデジタルデータ化することができる世界最新の3Dスキャナーです。レーザーでスキャンするだけなので、シリコンなどを使用せずに素早く正確なデータを得ることができます。

シリコンなどによる印象に比べても精度が格段に優れたデータを得ることができるため、インビザラインのマウスピースなど、フィット感が重要となる矯正治療においても全く違和感のないものを作製するのに役立ちます。

iTero(アイテロ)はより高精度で精密なインビザラインや審美治療を受けたいという方にぴったりです。

iTero(アイテロ)の特徴

正確で精密なデータを取得できる

iTero(アイテロ)の3Dスキャンでは、歯の表面の細かな凹凸などの状態を採取することができるため、極めて制度の高い歯科治療を行うことができます。

安全性が高い

iTero(アイテロ)は光学式スキャナーなので放射能を一切使用していません。そのため、妊娠中の方も安心です。

また、従来の歯型をとる方法では誤嚥してしまう危険性や印象材が喉の奥に流れ込んでしまう可能性がありましたが、iTero(アイテロ)は口腔内をスキャンするだけなのでそのような危険性もありません。お子さまや嘔吐反射がある方なども安心して歯型をとることができます。

失敗しにくい

シリコンなどを使用した従来の歯型の採取では、しっかりと歯に密着しきれていないケースなどがあり、やり直しをしなければならないことがありました。シリコン印象では全体の中の4%程度は取り直しが発生すると言われており、嘔吐反射がある方にとってもそうでない方にとっても歯型の採取のための再来院などはとても大きな負担となってしまいます。

しかしiTero(アイテロ)においては、全体のわずか0.4%しか取り直しが発生しないというデータがあります。iTero(アイテロ)の場合にはモニターで確認しながら型どりを行うため、データの採取に失敗しにくいのです。

患者さんの苦痛を解消

従来の歯型をとる方法では、独特の臭いや味のするシリコンなどの歯科材料を使用していたため、吐気や不快感を感じる方が多くいらっしゃいました。

iTero(アイテロ)では歯や歯ぐきにレーザーを当てるだけなので、吐気などを抑えることができます。嘔吐反射がある方も安心して歯型をとることができます。

今まで歯型をとるのが嫌で歯科医院に行くことができなかったという方も、歯型をとっている途中でも休憩をはさんだり、うがいをして頂くこともできますので、治療の幅が広がるでしょう。

インビザラインとiTero(アイテロ)

インビザラインとは、患者さんの口腔内のデータをもとに透明なマウスピースを作製し、装着することによって徐々に歯並びを整えていく歯列矯正治療です。

インビザラインのための歯の型どりにおいても従来のシリコン印象が使用されていましたが、iTero(アイテロ)を使用することによってより精度の高いフィット感のあるマウスピースを作製することができます。シリコン印象などの型どりで作製したマウスピースと比較すると、フィット感が悪いと感じるものが7分の1にまで減少したというデータもあります。

また、歯型のデータを簡単に取得した後は、そのデータをインターネットでアメリカのメーカーに送ることができるため、治療にかかる時間を大幅に短縮することに成功しています。

まとめ

歯並びにコンプレックスがある方は、一度は歯列矯正治療を受けようと考えたことがあるのではないでしょうか。

歯列矯正治療において歯型をとるということは避けては通れない道ですので、最先端の3DスキャナーであるiTero(アイテロ)による高精度で素早い型どりで、快適に美しい歯並びを手に入れてみてはいかがでしょうか。

優れたiTero(アイテロ)ですが、日本国内では普及率がまだ高いとは言えません。iTero(アイテロ)を導入している歯科医院があれば是非相談してみましょう。

TOP