歯並びの悪さがもたらす悪影響と大人におすすめの矯正方法

はじめに

歯並びはなにも見た目だけの問題ではありません。
もちろん、見た目は非常に大事ですが、矯正治療を始めようとする方のきっかけは見た目によるコンプレックスをなくしたい・・と思うことがほとんどです。
歯並びが悪いと見た目だけの問題ではなく、歯の寿命を短くしたり、生活の質が低下したりなど、さまざまな問題があると言われています。

歯並びが悪いことでの悪影響

虫歯や歯周病のリスクが上がる

歯並びが悪いままだと、歯ブラシが奥の方まで届きづらいためきれいに汚れが落としづらくなりプラークが溜まりやすいです。
プラークは歯周病や虫歯の原因になると言われています。
つまり、磨き残しがあるせいで時間が経つとともにプラークが歯石になってしまい、歯周病や虫歯の原因になります。
歯ブラシだけでは落としきれないところに食べかすが残る場合は歯間ブラシやデンタルフロスなどを補助的に使い、歯周病や虫歯を防止しましょう。

噛み合わせが悪くなる

また、歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなると言われています。
噛み合わせが悪いと、歯ぎしりや食いしばりをするため特定の歯に力がかかりすぎ、歯槽骨を吸収するとも言われています。
これによって歯周病になるとも言われており、歯ぎしりがひどい方はクリニックでマウスピースを作ったり、矯正治療によって歯周病の原因を取り除くことがおススメです。

発音への影響

歯と歯の間に隙間ができると、空気が抜けてしまうため話しにくくなります。
また、歯並びがガタガタだと、舌の動きが制限されるので発音が悪くなります。
たとえば、日本語だとサ行やタ行が発音しにくくなり、英語ではsやzなどが発音しづらくなるそうです。

噛むことへの影響

前歯で食べものを噛み切ったり、奥歯でしっかり噛み飲み込めなくなります。
ちゃんと噛まずに飲みこんでしまうと、消化を促進する唾液が出づらくなるため食べ物をすべて胃腸で消化することになってしまい、消化器官に負担が大きくかかります。
さらに、噛む回数が少ないと脳の血行が悪くなるため、運動機能や脳の発達に悪影響が出ると言われています。

顎関節症による痛みが起きる

歯並びが悪いと、あごに力が均等にかからないため関節への負担が増えてしまい、口を開けづらくなったり、口を動かした時に耳の周辺で音がしたり、噛んだ時あごの周りの筋肉や関節に痛みがおきたり・・などが起き、顎関節症が起きやすくなります。

全身への悪影響

歯並びが悪いと顔の周り悪影響を及ぼすだけでなく、全身への悪影響があると言われています。
体のゆがみや視力の低下、お子さんの場合はぜんそくなども歯並びの悪さや噛み合わせの悪さにより起こると言われているほどです。
ただ、科学的に証明されているわけではないため、はっきりとした根拠がありません。
ただ、歯並びが悪いことと複数の症状が合わさることでの全身へ悪影響は否定できないようです。

精神的コンプレックスになる

歯並びが悪いとそれがコンプレックスになるため、口元を隠して笑ったり会話したりするでしょう。
ですが、口元を隠して人とコミュニケーションを取ろうとすると人間関係に支障が出るとも言われています。
つまり、歯並びの悪さを改善すれば精神的にもいい影響が出るはずです。
さらに、自然に笑顔を作りやすくなり、自信が持て前向きになるかもしれません。

大人へおススメの矯正治療法

  1. ブラケット矯正
    最もポピュラーな矯正治療法としてブラケット矯正が挙げられます。
    この矯正法は歯の一つ一つに矯正装置を装着するため微調整ができるメリットがあり、歯並びや噛み合わせが美しくなる矯正法です。
    また、最近では透明や白いブラケットもあるため、目立たずに治療することが可能です。
    大人の方は仕事などの関係で矯正治療を行っているのを気づかれたくない場合が多いので、透明や白いブラケットはおススメでしょう。
    費用については50~100万円で、クリニックによってかなりの差があるようですね。
    期間については2年半~3年程度かかることが多いようです。
  2. 舌側ブラケット矯正
    この矯正法は基本的にブラケット矯正と同じなのですが、ブラケットを歯の裏側に装着するものです。
    通常のブラケット矯正と比べると目立たないので、審美的に高く人気の矯正法です。
    ただ、舌が当たるところに装着するため違和感があることが多いと言われています。
    さらに、一般的なブラケット矯正と比べると1.5倍程度の費用がかかるので、100万円以上治療費がかかることもあります。それに、期間も3年程度と長くなることが多いです。もし、経済的に余裕があればこの治療法を選ぶことをおススメします。
  3. マウスピース矯正
    この矯正法はマウスピースを装着し矯正するものです。
    凹凸がある場合には歯を削り治療することもあります。この矯正法のデメリットは抜歯が必要なほど歯並びが悪い方には不向きだということでしょう。出っ歯の方や小さい凸凹の歯の方の矯正に向いていると言えます。
    このマウスピース矯正はご自分で取り外すことができます。
    大人の方の場合は就職活動や面接、接客やデートなどの機会が多いのでこの矯正法はおススメでしょう。
    また、取り外しができるので、気にせずなんでも食べたいものを食べられるのもメリットです。
    ただし、取り外す時間が長くなると矯正期間が延びてしまったりすることがあるため注意しましょう。
    金額は上下で100万円以下のことが多いです。
    治療する部位によって上だけ、下だけなどの治療が可能で、そうなると治療費用は安くすみます。
    期間としては1~2年程度のことが多いです。

まとめ

歯並びは審美面だけでなく精神面など、さまざまな悪影響を及ぼすことが分かっています。
何より、歯の寿命を短くする原因となってしまったり、顎関節が痛む、うまく噛むことができなくなる、口が開けづらくなる・・など生活の質を低下させるものでもあり、精神的に悪影響を及ぼすこともあります。
つまり、歯並びの悪さを矯正治療することは歯を長持ちさせることができ、心身共に健康にすることにつながります。
ぜひ、ここでご紹介したことを理解していただき、ご自分にぴったりの矯正治療を選んでくださいね!

TOP