歯列矯正で得られる嬉しい身体への影響とは?

小さい頃から歯並びが悪くコンプレックスだった方や、年を重ねるごとに歯並びがどんどん悪くなってしまい、口元を美しくしたいという方もいらっしゃるでしょう。

矯正治療はお口の中だけの治療と思われがちですが、実際は全身へさまざまな効果をもたらすとも言われています。

ここでは、矯正治療のうれしい身体への影響についてまとめてみました。矯正治療を行おうと考えている方、今矯正治療を行っている方もぜひご参考になさってみてくださいね。

矯正治療の種類

矯正治療の体へのうれしい影響をご紹介する前に、矯正治療の種類をご紹介します。

ブラケット矯正

この矯正法は矯正治療の中で主流なもので、歯一つ一つに矯正装置を付けるため微調整ができる治療です。
そのため、噛み合わせや歯並びを最もきれいにできるとも言われています。
ですが、この矯正法だと見た目に矯正治療を行っていることが分かるため、敬遠されがちです。
今では目立たない矯正装置も使われるようになりました。

舌側ブラケット矯正

これは歯の裏側にブラケットを装着するもので、見た目には全く分からない治療法です。
歯の裏側に矯正装置が付けられるので舌が常に当たる場所に矯正装置があり、慣れるまで多少違和感があります。
また、費用についてもブラケット矯正より少し高めです。

マウスピース矯正

これはマウスピースを作って装着し歯を動かしていく治療法です。
マウスピースは透明なので見た目に分かりづらいですが、抜歯が必要なほど歯を動かす場合には不向きな治療法です。

さらに、完全に歯を動かすことはできないため、多少ずれが残る場合があります。取り外しがしやすいため勝手に取り外したままだと歯が元の場所へと戻ったり、治療期間が長くなることもあります。

歯列矯正で得られる嬉しい身体への影響とは

しっかり噛めるようになる

歯並びが悪いままだと食べ物をちゃんと噛めないほか、噛みやすい場所で噛むので偏った力が歯にかかってしまいます。

力が強くかかった歯はすり減りやすく知覚過敏が起きたり、歯の寿命が短くなったりします。
矯正治療によってこういった心配もなくなります。

歯周病になりにくくなる

歯を失ってしまう最大の原因は歯周病だと言われています。
プラークや歯石が最近のすみかとなって、細菌が排出する毒素が歯周組織を侵し、歯槽骨が後退していきます。
ですが、矯正治療を行うことで歯がきちんと噛み合わさって、自浄作用が高まりブラッシングがしやすくなります。

それにより、歯周病になりづらくなるということですね。

精神的コンプレックスが解消される

年と取るごとに歯並びがだんだん乱れてしまう方も多いでしょうが、小さい頃からご自分の歯並びの悪さにコンプレックスを持っている方も多いようです。

口を開けて歯を見せることに抵抗があったり、笑うのをためらってしまうこともあるはずです。
これは精神面での問題ですが、矯正治療を行うことでずっと抱えてきた精神的コンプレックスから解消されるメリットがあります。

肩こりや頭痛が改善されることがある

歯並びが悪いせいで噛み合わせが乱れていると、あごの筋肉が左右非対象になったり、あごの筋肉が緊張したままの状態が続いたりします。

噛み合わせが歪んでいることで肩こりや頭痛の原因になるということです。
ずっと悩まされてきた肩こりや頭痛が矯正治療によって改善することも多いようですね。
他に、イライラや耳鳴り、不眠症などの不快な症状も矯正治療によってよくなる場合があります。

正しく発音できるようになる

言葉を正しく発音するには舌の動きが重要ですが、舌の周りの歯の状態も発音に大きな影響があると言われています。

特に発音する時に舌が歯の裏に当たるサ、タ、ナ、ラ行の発音については歯並びの良し悪しによって、発音しやすいかどうかが決まってきます。

たとえば、前歯が出ていて上下の前歯がきれいに噛み合っていない場合には発音に悪影響があると言われています。しっかりと歯が噛み合うことで、発音する際に発する空気を漏れ出すのを防止する役目があるわけですね。
なので、発音する際に空気が発せられるサ行などの発音は歯並びの良し悪しによって発音しやすいかどうか変わってくるのです。

他に英語だとtheが付いているものについては発音する際に空気が発せられるので、歯並びによって発音しやすいかどうか決まってきます。

矯正治療によって正しい歯並びになればだれが聞いてもきれいに聞こえるようになるはずです。
そうすれば、他の人とのスムーズに会話できるようになり人間関係もより円滑になるでしょう。

顎関節症が改善される

食べものを噛んだり、言葉を発する際に動いている歯を動かしているのはあごの関節です。このあごの関節は口を開け閉めする際に動いている他、食事の咀嚼の際に歯にかかる力を分散する役割もあります。

ですが、噛み合わせがよくないと歯に均等に力がかからず左右どちらかだけに力が偏るため、顎関節症になることがあります。

この顎関節症は生活習慣が原因で起きると言われているので、矯正治療によって噛み合わせがよくなれば症状が改善することが多いです。ですが、その他に顎関節症になる原因にはさまざまなものがあるので、クリニックで正しく診断してもらった上で矯正治療を行う必要があります。

姿勢がよくなる

歯並びが乱れたままだと背骨がゆがんでしまい、身体の全体的なバランスが乱れてしまうと言われています。あまり知られていないかもしれませんが、矯正治療を行うことによって、全身の歪みを改善でき、美しい姿勢になるメリットがあります。

まとめ

歯並びをきれいにすることは見た目がよくなるだけでなく、全身の健康や発音など、さまざまなことと関係しています。

クリニックでは積極的に歯科矯正することで歯並びを美しくする治療が進められてきました。
年齢にかかわらず矯正治療を行うことができますので、いつから始めたとしても遅すぎるということはありません。

これを機会にぜひ矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか?
きれいな歯並びを手に入れていただき、生活がより豊かで楽しいものになるといいですね!

TOP