奥歯の歯並びが悪い人は歯列矯正が必要?

はじめに

奥歯の歯並びが悪い場合、歯科矯正は必要なのでしょうか?
奥歯を歯科矯正する場合の治療法として部分矯正がありますが、実際に矯正したいと思われる方は少ないようです。
その理由は部分矯正するケースのほとんどが前歯の審美性を高めるためだからです。
もし、奥歯の歯並びが気になるから歯科矯正したい・・と考えるなら、部分矯正をおすすめします。
奥歯はブラッシングしづらく、磨き残しによって歯周病や虫歯になり、将来歯をなくしてしまうことになりかねません。
ここでは、そんな奥歯の歯科矯正についてご紹介しますので、ぜひご参考になさってみてください。

部分矯正とは

そもそも部分矯正とは歯全体に矯正装置を付けて行うものとは違い、噛み合わせや歯並びに問題のあるところだけに付ける矯正治療です。
全体矯正と比べると3分の1程度の費用で行え、装置の不快感や時間も少ないことがメリットです。
最近気軽に行える矯正法ということで、治療を行う人が増えています。
この部分矯正は気になるところだけを矯正する治療ですが、本当に歯並びがきれいになるのか、バランスよく矯正を行えるのか・・など、効果があるのか気になる方は多いでしょう。
実際に全体的に噛み合わせまできれいにできる全体矯正と比べると、部分矯正は適応できないものもあります。
ですが、審美性の高さを必要とする仕事に就いている方も多く治療を行っており、最近患者さんも増えているため、正しく治療を受ければ満足のいく効果が得られるでしょう。
信頼できるクリニックでしっかりとカウンセリングを受ければ部分矯正に適しているケースかどうか教えてくれますし、全体を矯正した方がいいと言われることもあります。
また、表や違和感などについてもしっかりと説明してくれるはずです。

部分矯正と全体矯正の違いとは

さて、部分矯正と全体矯正の違いですが、第一に矯正装置を全体に付けるか部分的に付けるか・・という施術の範囲が違うため、費用がかなり違う点が挙げられます。
症状によって個人差があるものの、部分矯正は全体矯正の費用の3分の1程度で治療が受けられると言われています。
さらに、矯正治療の期間も全体だと3年程度かかることもありますが、部分矯正なら半年程度で終わる場合がほとんどだそうです。
こういったことからも、部分矯正を受けるのにはメリットが多いため年々治療を受ける方が増えているのも納得できますね。

部分矯正の費用

ここでは部分矯正の費用についてご説明したいと思います。
一般的に行われている全体矯正とは違い、奥歯など数本だけの治療で済むため安く済むと思われている方が多いでしょう。
では、具体的にいくらくらいになるのか、相場はいくらくらいなのでしょうか?

・部分矯正の相場

一般的な全体矯正の治療の相場は70~100万円程度ですが、部分矯正の場合は30~60万円程度とかなり安いです。
なので、安く治療を受けたいと思っている方にとっては大変ありがたいですね。
奥歯の歯並びが悪い方は部分矯正を検討してみてはいかがでしょうか?

・本数によって金額が変わる

さて、部分矯正の費用は治療を行う歯の本数によって差が出ると言われています。
少ない場合は相場より安くなるのは当然ですし、5本以上など多くなれば高くなるケースもあります。
クリニックによっては部分矯正とひとくくりにして一定の料金にしているところもあるため、しっかりとクリニックを選んでいただき、きちんと料金についても確認しておきましょう。
また、1本当たりいくらと表示しているクリニックもあります。
治療する本数が少ない場合はこういったクリニックを選ぶことで費用を安く抑えることができますね。
ぜひ、クリニックのホームページなどをチェックして費用を比べた上でカウンセリングを受けてみて下さいね。

部分矯正のメリットとは

では、最近治療を受ける人が増えつつある部分矯正にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
第一に、気になる歯だけを矯正するため、全体矯正と比べますと費用や時間が大幅に節約できることが挙げられます。
さらに、矯正装置を付けることで歯磨きや食事など、生活上の不便さや違和感などもほとんどありません。
また、目立たないので他人に矯正を行っていることを気づかれることもほとんどありません。
全体矯正は数年単位と長い期間が必要ですが、部分矯正だと半年程度で済むのもかなりメリットだと言えます。
ですので、効果を早く実感でき、矯正に伴う負担を感じる時間が少なくて済むため、費用や時間がかかることで矯正を断念していた方でも気軽に受けられることができます。

部分矯正のデメリット

・治せないケースがある

噛み合わせや歯並びがかなりずれてしまっている方の場合は部分矯正だけでは治療しきれません。
と言いますのも、部分矯正は歯の部分的な矯正には向いているのですが、全体的にきれいにしたい場合は全体矯正の方がきれいに治療できるからです。

・全体矯正と比べると審美性に欠ける

部分矯正は部分的な矯正なので全体矯正と比べると審美性に欠け、上下の噛み合わせを完全に治療しきれない・・などのデメリットもあります。
他の歯とのバランスが取れない場合は妥協せざるを得ないこともあります。

・歯を削る量が多い

部分矯正は全体矯正と比べると、歯と歯の間を削る量が多くなると言われています。
歯のエナメル質を削る場合もあり、このエナメル質がはがれると冷たいものなどがしみることもあります。
このように、部分矯正にはメリットだけでなくデメリットもあるため、どちらも理解した上で治療を検討することが大切ですね。
他に疑問や不安な点がある場合にはクリニックでカウンセリングの際に尋ねるようにしましょう。

まとめ

奥歯の歯並びが悪い時には部分矯正を行うことがおススメです。
この部分矯正は奥歯だけなど気になる歯だけを矯正することができますし、高額な費用や長時間に及ぶ精神的苦痛なども少なくて済みます。
また、全体矯正と比べると治療に対する敷居が低いので最近治療を受ける人が増えている矯正法です。
もし、奥歯の歯並びが悪いことで悩んでおられるなら、この部分矯正を治療の選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

TOP