歯列矯正の治療方法とはどんなもの?

 

はじめに

みなさんはご自分の歯並びに自信がありますか?

 

歯並びを綺麗にしたいけど、どうやって矯正するのか、また、費用や治療期間はどの程度なのか・・と心配する方も多いでしょう。

歯科矯正と言うとワイヤーを歯の表側に装着するブラケット矯正が一般的ですが、ご自分の今の歯並びの状態などに合わせた矯正法が選べます。

また、保険が適用になる場合もありますので、ぜひ事前に知識を得ていただきたいです。

さらに、歯並びを綺麗にしたい方は審美性の高さを手に入れたいというのが本心でしょう。

ただ、歯並びを治すことは見た目だけでなく、歯の健康を維持したり、消化吸収を促進できるなど多くのメリットがあります。

こういったメリットを知るほど、歯科矯正に迷っている方は前向きになれるに違いありません。

ここでは、歯科矯正の治療とはどんなものがあるのか、メリットやデメリットなどとご紹介しましょう。

 

歯科矯正のメリットとは

歯科矯正にはメリットがたくさんありますが、具体的にどういったメリットがあるのかここでご紹介したいと思います。

 

顔つきがよくなる

まず第一に、顔つきがよくなるというメリットがあります。

歯科矯正を行うと歯並びがよくなるため口元が変化していき、顔のイメージが大きく変わります。

人の顔つきは骨格により決まりますが、歯並びが悪いままだと噛み合わせがずれるため、あごの位置がおかしくなり実際の年齢より老けて見えたりします。

ですが、歯科矯正を行うことで噛み合わせや歯並びが正しい位置になるためバランスがよくなって、笑った時の口角が上がったり、あごのラインがすっきりします。

 

発音が明瞭になる

次に発音が明瞭になるというメリットがあります。

歯科矯正では歯の隙間であるブラックトライアングルというものを防ぐように矯正していきます。

これにより、すきっ歯が改善され見た目がよくなるメリットがあります。

さらに、すきっ歯が改善されたことで発音が明瞭になるメリットがあります。

歯と歯の間に隙間があるままだと、発音した時に歯の隙間に空気が漏れるので発音がおかしくなり聞きづらくなります。

ご自分で発音に気を付けていたとしても、歯並びを矯正しない限りはすきっ歯による発音は改善されないと言われています。

 

歯周病を予防できる

歯科矯正を行わなければならないほど歯並びが悪いと、歯磨きをうまくできないことがあります。

たとえば、横の歯と前後互い違いに生えているような歯の場合には前後の歯が重なっているため、歯ブラシの毛が届かなくなってしまうのでプラークがたまりやすくなります。

このように、歯磨きが綺麗にできないような歯並びのままだとプラークが蔓延して、歯周病が進行してしまいます。

歯科矯正により歯並びを綺麗にすれば歯磨きを行いやすくなり、歯周病を防止できます。

つまり、歯周病を防止できればより長い間ご自分の歯を使うことができるのです。

 

コンプレックスが解消できる

歯並びが悪いことは歯並びがいい人が想像している以上にコンプレックスになっていることが多いです。

小さな頃、歯並びが悪いことをからかわれたりした経験を持っている人もかなりいるはずです。

 

◇噛み合わせがよくなり運動能力が上がる◇

歯並びを矯正しなければいけないほど悪いままだと、歯の噛み合わせにもずれが起きてしまうでしょう。

ラストスパートをかけたり、重いものを持ち上げたりなどするときにはかなり奥歯を噛みしめますが、噛み合わせが悪いままだと力をかけずらくなります。

歯科矯正によって歯並びと噛み合わせを治せば、歯をしっかり食いしばれるようになるため運動能力を一層引き出せるはずです。

このように、歯科矯正を行うことでさまざまなメリットがあることが分かります。

歯科矯正しようかどうか迷っている方はぜひ前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

 

歯科矯正の種類とは

歯並びを矯正するには主に3つの方法があると言われています。

ご自分の歯を動かす歯科矯正にはブラケット矯正やマウスピース矯正などがありますが、他にもセラミック矯正だと歯を動かさずに被せものをするだけです。

もし、短期間に歯科矯正を行いたいなら、セラミックを被せたセラミック矯正が歯並びを早く改善できるためおすすめです。

また、この矯正法は目立つ前歯の矯正や部分的な歯科矯正に向いていて、歯の形や色などを変えることもできます。

なお、歯科矯正する際にはご自分の歯へどういった影響があるのか考慮することも大切です。

歯科矯正によってご自分の歯や歯ぐきにダメージを受けることもあります。

歯を動かすことによって歯根や他の歯まで影響があると言われているからです。

こういった点を考慮して治療法を選ぶようにしましょう。

 

歯科矯正のデメリットとは

費用がかかる

必要だと思っていても、治療に踏み出せない最大の理由として費用が高くつくという点が挙げられます。

治療法にもよりますが、高額な場合は100万円以上もかかる場合がるようですね。

 

時間がかかる

歯科矯正は少しずつ歯を動かしていく治療法なので、治療が終わるまで時間がかなりかかります。

平均的に1~2年程度はかかると言われており、3年さらにそれ以上かかることもあります。

 

治療中痛みをともなう

歯科矯正を行っている間は歯を動かすため、人によって差があるものの痛みを感じる場合があります。

食べ物を噛んだ時に痛かったり、硬いものが食べられないことがあるようですね。

 

まとめ

歯科矯正を行う際、歯並びの程度や矯正方法により長期間かかったり、高額になることがあります。

さらに、保険が適用される場合には外科手術が必要となっています。

ですが、歯並びを綺麗にすることは審美性を高める他に消化機能や咀嚼機能を高めたり笑顔に自信が持てるようになるなど、精神的にも肉体的にもかなりのメリットがあるはずです。

また、歯並びを綺麗にすると日ごろのケアが行いやすくなり、歯を大切にする意識が高くなるでしょう。

歯科矯正についての知識や方法などを知っておけば、いざクリニックを選んだり、相談する時に役立つに違いありません!

 

 

TOP