歯列矯正の種類って?自分に合った治療で笑顔を取り戻そう

はじめに

歯並びをキレイにしたいけどどんな風に矯正していくのか費用はどのくらいなのか・・など、不安なことも多いでしょう。

歯科矯正と聞くとすぐにワイヤーを歯の表に装着するブラケット矯正をイメージするでしょうが、今の自分の歯並びの状態やニーズに合ったいろいろな種類の矯正法があります。

また、健康保険が使える場合もあるので、矯正を行う前にこういった知識を得ていれば矯正のイメージがより具体的に描けるかもしれません。

ここでは、そんな歯科矯正について種類やメリットなどをご紹介してみます。

 

悪い歯並びとは?

そもそも歯科矯正が必要となる悪い歯並びにはどういったものがあるのでしょうか。

叢生

これはいわゆるでこぼこした歯並びで、あごの大きさに対し歯が大きいなどで歯の生える隙間がじゅうぶんにないため起こるものです。

上顎前突

いわゆる出っ歯のことです。

上下の歯の距離が大きく、上の前歯が前に傾いていたり、上顎が大きかったり、下顎が小さかったり、また指しゃぶりを大きくなるまでしていた・・など、さまざまな要因があるようですね。

過蓋咬合

噛んだ時下の歯がほぼ見えない状態で、下の歯が上あごの歯茎を噛んでいるものです。

開咬

奥歯でものを噛んだ時に前歯の横の歯がきちんとかみ合わないためものが噛めない状態になっているものです。

下顎前突

いわゆる受け口のことです。

上の前歯より下の前歯が前方に出ているものです。

 

歯科矯正の種類とは?

ブラケット矯正

歯並びを矯正するもっとも一般的な方法がこのブラケット矯正と言われるものです。

歯の一つ一つにブラケットを言われる装置を取り付けてそこにワイヤーを通し、引っ張ることによって矯正が行われます。

この治療法のメリットは歯並びと噛み合わせを全体的に改善することができ、0.1ミリの単位でそれぞれの歯を矯正できることでしょう。

さらに、過去に十分な実績があるため高い信頼性を持つ矯正法です。

ただ、デメリットとしては審美性の低さが挙げられます。

金属性のブラケットが目立つので見た目が悪いですが、最近では透明のブラケットを使用できる場合もあります。

また、ブラケットやワイヤーの隙間に歯垢や食べかすが溜まりやすくなるため、しっかりとお手入れしないと虫歯になりやすいです。

 

マウスピース矯正

この矯正法は、ブラケット矯正とは違って取り外しできるマウスピースを使用した矯正法です。

マウスピースを定期的に交換し歯を少しずつ移動させていくもので、でこぼこした歯並びを治す比較的簡単な矯正に使われるものです。

ただ、歯を動かす距離が大きいケースには不向きだと言えます。

この矯正法のメリットは簡単に自分で取り外しできることでしょう。

ブラケット矯正と比較して歯のお手入れがしやすく、虫歯になりにくいです。

デメリットは人前に出る時など取り外せるので審美性の低さが気にならないことでしょう。

ですが、逆にこれがデメリットとも言えますね。

1日の装着時間は20時間以上が好ましいのですが、つい外してしまって治療期間が長引くことが多いからです。

 

舌側ブラケット矯正

この矯正法は、歯の裏側にブラケットを装着しワイヤー矯正するものです。

表にブラケットを装着するより矯正するのが難しく、ブラケット矯正より費用も高額になります。

メリットとしては舌側に装着するため矯正中の審美性の低さがない点でしょう。

デメリットはブラケットが内側にあるため舌に接してしまい、違和感を感じる場合もあることです。

もちろん、通常のブラケット矯正と同じように虫歯になりやすい矯正法のため日ごろのお手入れは大切です。

歯科矯正のメリットとは?

矯正の種類によっては治療期間も費用もかかる歯科矯正

この歯科矯正のメリットはなにも歯並びがよくなるだけではなく、治療後にさまざまなメリットがあります。

体が健康になる

毎日しっかり歯磨きしているつもりでいても、歯並びが悪いとうまく歯ブラシが届かないところがあるもの。

常に食べかすや歯垢が溜まりやすい場所があると、そこから虫歯や歯周病になったりします。

ですが、歯科矯正することでブラッシングしやすくなるため虫歯や歯周病、口臭予防などが期待できます。

フェイスラインにも影響大?

歯科矯正と聞くと歯並びをキレイにする・・というイメージがありますが、それだけではありません。

歯並びは、あごや口元のラインにも大きな関係があるということを知っておくべきです。

実際に歯並びだけを治すつもりで矯正した方が治療後に横顔や口元のライン、さらに表情までもキレイになり、想像以上にメリットを得たというのをよく聞きます。

さらに、噛み合わせが悪いと咀嚼が不十分になるため胃腸の消化吸収に大変負担が増します。

でも、歯科矯正することによって咀嚼機能が高まって消化吸収が大きく改善され、より健康的な生活が送れるようになります。

精神面でも効果大

歯を見せて人前で笑うことに引け目があった方は、歯科矯正することで明るい笑顔を積極的に見せることができるようになります。

つまり、歯科矯正した方は精神面でも前向きで明るい生活に変化したことを実感できます。

それに、歯をケアすることに対しての意識も矯正前よりかなり向上するようです。

それはいったん手に入れたキレイな歯を失いたくないという意識が高まることによって、毎日のケアも積極的に行い歯を健康に保つ習慣への意識が高まるからでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

歯科矯正を行う時、その歯並びの状態や矯正の種類によって長期間かかったり高額な費用がかかる場合があります。

ですが、歯科矯正することは見た目をよくするほかに消化機能や咀嚼機能を高めたり、笑顔に自信が持てるようになったり、精神的に身体的に大きなメリットがあるものです。

さらに、歯並びがキレイな歯はお手入れしやすくなるほか、歯を大切にしようとする意識が高くなるもの。

歯科矯正する前にさまざまな矯正の種類やメリットについて予備知識をつけておけば、歯科矯正医院を選ぶ際や相談する際にかなり役立つはずですよ。

もし、今後歯科矯正を行おうとした時にここでご紹介したことがお役に立つとうれしいです!

TOP