歯列矯正が台無しに!?歯並びを悪くするNG習慣とは

はじめに

みなさんはご自分の歯並びに自信はありますか?

歯並びが悪いと、見た目が悪くなるだけでなくブラッシングしにくくなり、虫歯や歯周病になりやすくなると言われています。

ですが、なぜ歯並びが悪くなってしまうのでしょう。

歯並びがきれいな人もいれば、歯並びがガタガタの人もいます。

そこで、ここでは歯並びを台無しにするNG習慣について具体的にご紹介します。

 歯並びが悪いと

歯並びが悪いとどういった悪影響があるのでしょうか?

歯並びが乱れると、見た目以外にもさまざまな不都合やトラブルが起きます。

重度の歯並びの悪さはお口の機能性を低下させるだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼすと言われています。

歯並びが悪いことで起こる悪影響についてまとめてみます。

歯周病、虫歯

歯並びが乱れると、ブラッシングしにくくなりどうしても磨き残しができます。

結果、歯の表面にプラークや歯石がたまっていき、歯周病や虫歯になりやすい口内環境になります。

さらに、噛み合わせが悪化するためしっかりと噛めなくなり、唾液の分泌量も減っていきお口の中をきれいにする自浄作用が落ちてきます。

そうなると、細菌により発生するガスにより口臭が起こることがあります。

消化器官の負担が増える

口の中に入った食べものは歯によってすりつぶされ、唾液と混ざり胃腸へと運ばれますが、噛み合わせが悪いと十分に食べものをすりつぶせていない状態のままで胃腸へと送られてしまうため、消化器官に大きな負担をかけます。

顔が歪む

噛み合わせが悪くなると、左右の噛む力のバランスがおかしくなるため筋肉の発達に差が出てしまい、顔が歪んでしまうことがあります。

さらに、顔が歪むと全身も歪んでしまい、頭痛やめまいなどの症状が起きることがあります。

また、顎のバランスが崩れてしまうため顎関節症になることもあったり、それによって肩こりや頭痛などになることもあったりと、全身へのさまざまな悪影響が起きるでしょう。

発音しにくくなる

歯並びが悪いと、発音しにくくなることもあります。

たとえば、前歯が傾いているとサ、タ行が発音しにくくなると言われています。

つまり、歯並びがいいかどうかはわれわれの日常生活と深く関わっているということですね。

イライラや体調不良が起こる

みなさんは原因不明の体調不良やイライラなどはありませんか?

歯並びが悪いと、しっかりと噛もうとしても顎が無意識に不自然な動きになってしまい、肩やあごの筋肉に余計な力がかかってしまいます。

肩や首の周りには大切な血管や神経が集まっているため、この部分が疲労すると血管や神経が圧迫されてしまい、全身のさまざまな部分に悪影響が及びます。

たとえば、肩こりや頭痛などの身体的不調の他、気分がすぐれない、イライラする、やる気が起こらないなどの精神的な不調までさまざまです。

体に不調があって病院で診てもらっても、原因不明という場合は歯並びの悪さが原因だということもあります。

 歯並びを台無しにするNG習慣

口呼吸

柔らかいものばかり食べていると、歯並びが悪化することがあります。

その理由は柔らかいものばかり食べていると、噛む回数が減ってしまい口や舌の周りの筋肉が鍛えられなくなってしまうからだと言われています。

そうなると、鼻呼吸に必要な役目を果たしている口周りの筋肉の発達が悪くなり、鼻呼吸でなく口呼吸が習慣化されてしまうそうです。

口呼吸を続けているとお口の中が乾燥してしまい、細菌が繁殖してしまうため慢性的な喘息やアトピー、アレルギー疾患などになりやすいです。

また、口呼吸を続けていると虫歯になりやすくなり、お子さんの場合乳歯を抜かなくてはならなくなることがあります。

口呼吸を続けているとそれに慣れてしまい、顔の骨格や筋肉発達にも影響が及んでしまい、顔つきが変わったり、噛み合わせが悪くなったりします。

さらに、ものを飲み込む際に前歯を舌で押すように飲み込むくせがついてしまうため、食事の際にぺちゃぺちゃと音を立てて食べる癖がつきます。

片方ばかりで噛む

食事の際に常に片方ばかりで噛んでいると、噛み合わせや顎がずれてしまったり、曲がってしまうことがあります。

ほとんどの場合無意識にしてしまっているため、しっかりと左右でバランスよく噛んでいるかどうかチェックしましょう。

ほおづえ

何かに熱中している時にほおづえをつく方は多いです。

ほおづえをつく方向によっては顔が歪んでしまい、左右のバランスがおかしくなったり、噛み合わせが悪くなったりします。

また、常に同じ方向を向いて寝ていたり、うつぶせで寝るという方も同じ方向に長時間力がかかるため骨の成長に悪影響が及ぶことがあります。

舌の癖

舌の癖によっても歯並びが乱れてしまうことがあります。

歯は舌とほお、唇からの圧力が均等な場所に生えると言われているのをご存じでしょうか?

常に歯は舌とほお、唇から押され続けているわけで、奥歯は舌とほお、前歯は舌と唇により表と裏の両側から押されているということです。

片方からばかり押され続けているとそちらに動いてしまうことになります。

つまり、歯は両方から均等な力で押されていると動かないため、歯は圧力の均等にかかる場所に生えるというのは納得できますね。

ただ、弱い力であってもずっと押されていると歯は動いてしまうでしょう。

もし、前歯を舌で押すくせがある場合、前歯が外側に動いてしまうことになるため、出っ歯になってしまうということがあります。

このような舌の癖のことを舌癖と呼んでおり、長期間この癖を続けていると、力のかかる方向に歯が動いてしまうことになります。

まとめ

歯並びが悪いとどういった悪影響があるのか、歯並びを台無しにするNG習慣などをまとめてみました。

歯並びが悪いと、全身にさまざまな悪影響があるなんて驚きですね。

もし、身体的肉体的に不調があるもののその原因が分からないという方は歯並びの悪さによるものかもしれません。

ぜひ、一度矯正歯科でご自分の歯並びが乱れていないかどうか、診察してもらうことをおススメします。

TOP