歯が痛む…根管治療を途中で放置してしまうことの危険性とは

はじめに

風邪は病院に行かなくても自然に治る事がありますが、歯周病や虫歯は自然に治ることはありません。
ごく初期の虫歯であれば再石灰化によって自然治癒の可能性はありますが、できるだけ早く治療を受けた方がいいでしょう。
虫歯はいったん進行してしまうと通院回数も治療期間も長くなってしまい、根管治療を受ける必要が出てくることもあります。
ただ、この根管治療を途中で止めてしまう方が多いです。
ここではそんな根管治療を途中で放置することの危険性についてご紹介します。

根管治療とは

そもそも根管とは歯の根の部分にある血管や神経などが通った管のことを言います。
血管や神経のことを合わせて歯髄と言いますが、この歯髄は歯根の先から歯の中へと侵入し歯が成長するのに大切な役割を持っています。
ですが、大人になり歯が成長した後はこの歯髄がなくなっても根っこの周りから栄養を供給できるため、歯は存在することができるのです。
根管治療とは歯髄が感染や炎症を起こした時に必要な治療で、重度の虫歯や歯の外傷や破損などの場合に行われる治療です。
歯の炎症を放っておくと、歯の根の周りの組織に炎症が起きたり歯ぐきが腫れることがあります。
さらに進むと、発熱したりリンパ節が腫れたり・・など、全身に悪影響が起きることもあるというから恐ろしいですね。
ですが、根管治療を行うことでこういった症状が治まったり、治癒したり予防できたりするため非常にメリットの多い治療法と言っていいでしょう。

根管治療の重要性

根管治療を行わず、歯髄が外傷や虫歯などにより細菌感染を起こした場合、歯ぐきが腫れたり歯がひどく痛むことがあります。
ご自分の歯を残すためには簡単に歯を抜いてしまうという考え方ではなく、歯を残すための治療が重要になってくるというわけですね。
そのためにも、神経をできる限り保存することが大切で、それが不可能という場合には歯を支えている根管の処置が必要になります。
根管治療を適切に行わず歯の治療を行ってしまうと、地盤が悪い土地で地盤が弱いまま家を建ててしまうのと同じだと言っていいでしょう。

根管治療が必要な場合とは

神経が炎症を起こし激しく痛む時

虫歯が進んでしまうと、歯髄にまで達してしまいそれにより神経が炎症を位起こし激しい痛みを感じるようになります。
この場合、できるだけ早く歯髄を取り除く必要があります。
その後、根管内の細菌を全て取り除き消毒を行なって薬を詰め流必要があります。

神経を取り除いた歯が激しく痛む時

神経を取り除いたはずの歯が激しく痛む場合は歯の根っこの部分に細菌が繁殖してしまい、炎症を起こしていることが多いです。炎症を取り除くため根管治療を行なって根管内を消毒する必要があります。

歯の根っこの先に膿が溜まっている時

重度の虫歯で歯の神経が死んでしまっている場合、あるいは神経を取り除いた歯の根っこの先に膿が溜まってしまうことがあります。
このような場合、歯の根っこの中で細菌が繁殖してしまっており根管の外部に膿がたまっている状態です。
痛みがあるかどうかは人によってさまざまですが、いずれにせよ放っておくと悪化するのは間違いないので根管治療を行う必要があるでしょう。
さらに、これらのケースを見てみると、全て虫歯と深く関係していると言っていいでしょう。
虫歯が進んでしまい歯髄にまで達してしまう、虫歯治療により神経を取り除いた歯に痛みが起きる、虫歯によって神経が死んでしまい歯の根っこの先に膿がたまる・・などの場合、全て虫歯が関係すると言われています。

根管治療を途中で放置してしまう危険性

応急処置だけで中断した場合

本格的に治療を行う前に痛みを和らげるため鎮痛剤などを処方するなど応急処置をする場合がありますが、痛みが治まるためホッとして通院をやめてしまう場合があります。
ですが、これだけでは根本的に治療したということにはならないためこのまま放っておくと、さらに悪化する場合があると言われています。

抜歯が必要と言われたままで中断した場合

歯周病や虫歯が進行してしまい抜歯が必要だと言われることもあります。
そのまま放置し神経にまで達するほどの重度の虫歯にまでなってしまった場合と比べると、抜歯は一時的な痛みなのできちんと抜歯しましょう。

神経を取った状態で中断した場合

根管治療などで神経を除去することもありますが、除去したままで放っておくことは非常に危険だと言われています。
歯の内部がむき出しになったままの状態だと、歯周病や虫歯が進行しやすくなるからです。
また、根管内もそれまで以上に細菌に侵されてしまう可能性が高くなります。

型取りをしたままで中断した場合

被せものなどをするために型取りをしたままの状態で治療を中断してしまう方も多いです。
被せものをするだけの状態でいいので、ホッとしてしまうからかもしれません。
実際に、同じ人であってもお口の中の状態はその日によって変わってくるためあまり治療に期間があきすぎると、せっかく作製した被せものなどが合わなくなってしまう可能性があります。
また作り直すとなると、経済的、精神的、身体的な負担がかかるので注意しましょう。

薬剤を詰めたり仮歯を入れたままの状態で中断した場合

根管治療の応急処置として薬剤を入れる場合があります。
それにより痛みが治まる場合がありますが、そのまま放置すると歯周病や虫歯が進んでしまう場合があります。
型取りを行ない被せものが完成するまでの期間はいったん仮歯を装着します。
ただ、仮歯はあくまでも仮の歯なので、長期間使用するのに耐えられるものではありません。
そのため、長期間つけままでいると噛み合わせが悪化したり、すり減ってきたり・・など、不具合が生じますので注意が必要です。

まとめ

根管治療を途中で中断した場合の危険性について詳しくご紹介しました。
根管治療はメリットの多い治療法ですが、途中で中断するとさまざまなリスクがあることをご理解いただけましたでしょうか?
ぜひ、ここでご紹介したことを理解していただき、根管治療を中断しないように注意してくださいね!
みなさんが根管治療を中断せず、最後まできちんと治療を受けていただければと思います。

 

TOP