治療開始前に知っておきたい根管治療の基礎知識

はじめに

みなさんは根管治療とはどういったものか詳しくご存じでしょうか?
根管治療は歯科治療の中でも精度の高い機器を使ったり、痛みがあったりする高度な治療だと言われています。
ですが、もともと歯磨きがおろそかなことが原因だと言ってもいいでしょう。
早く治療を進めるためにもクリニックへちゃんと通っていただきたいです。
ここでは根管治療の基礎知識についてまとめてみますので、ぜひ今後のご参考になさってみて下さいね。

根管治療とは

そもそも根管治療とはどういう治療なのかここで詳しくご紹介したいと思います。
歯の中にある血管や神経などの通っている管のことを根管と言い、根の先から歯へと入り、歯が成長していくのに非常に大切なものです。
ですが、歯が成長してしまうとこれがなくても根の周囲から栄養が供給されると言われています。
歯の根っこを治療する根管治療はこの部分が感染や炎症を起こした時に必要になり、その原因には歯の亀裂やけが、虫歯・・などが挙げられます。
治療しないでおくと、根の周りの組織に炎症が広がってしまったり、歯が痛み出したり歯ぐきが腫れる・・などが起こります。
最悪リンパ節が腫れたり、熱が出たりなど全身の健康状態に悪影響が出ることもあります。
ですが、根管治療を行うことでこういった症状が緩和されたり、治ったり予防できたりが可能です。
根管治療が終り根が再感染した場合、再度根管治療が行われることがありますが、これを感染根管治療と呼んでいます。

根管治療の重要性

根管治療は非常に重要な治療だと言われています。
虫歯により侵されてしまった歯でも根管治療を行うことで元通りの咀嚼力を回復でき寿命を延ばすことができますが、根管治療後の予後が悪いと被せものや歯の土台まで侵されることがあります。
こういった事態にならないよう、根管治療では歯ぐきの腫れや痛み、見た目など細かくチェックし、精密な検査などを行って歯の根を通っている細い管である根管を治療していきます。
この根管は直径1ミリ以下で非常に細くなっている上に曲がっているものもあり、これらに対し小さな専用の器具を通しきれいにし、形を整える・・といった高度な施術が行われます。
高度な技術を提供するためにトレーニングや技術が必要となる治療だと言っていいでしょう。
根管の治療が不完全で新たに感染があった場合は再治療が必要になりますが、現在の技術を用いれば9割以上の確率で歯を守ることができます。

根管治療の費用

根管治療で使われている被せものは銀歯やセラミック、プラスチック・・などがあります。
歯の被せものは基本的に3割負担の方で3~5千円程度のことが多いです。
ですが、どの歯に行うかによってその費用は変わってきます。

険を使えるものだと銀歯やプラスチックなどがありますが、自己負担のものにはセラミックや金などがあります。
セラミックだと8~35万円程度かかり、金を使うと4~12万円程度はかかります。
ただ、自己負担で治療した方がさまざまな面で自由度が上がるので高精度のものが作れますし、治療後トラブルが起きづらい状態で治療が受けられると言われています。
また、セラミックを使って治療すれば汚れがつきづらいため再治療のリスクが軽減されます。
根管治療にかかる費用は基本的におおよそ決まっているものの、高精度に行うには自己負担で行った方がいい場合も多いです。
ですので、保険を使って必ずしも治療を受けようとは思わず、自分の将来の歯のことを最優先に考え治療を行うといいでしょう。

根管治療の流れ

  1. ラバーダムで防湿する

    薄いゴム製のシートを歯にかけ周りを消毒していきます。
    これによって唾液が治療中に根管の中に侵入しないようにし、無菌で治療を行うことができます。
    実は根管治療を行う上でこの処置が最も大切だと言われており、これを行うことで成功率が上がることが分かっています。
    ただ、状態によってはラバーダムが行えない場合もあるようですね。

  2. 虫歯除去

    痛みの原因である虫歯を除去していきます。

  3. 抜髄

    炎症が起こっている神経を取り除いていきますが、ヤスリのようなものを使って治療します。

  4. 歯の根っこの長さを測定します。

  5. 根管内を洗浄する

    根管内の消毒を行いますが、基本的に次亜塩素酸水溶液を使って行います。

  6. 根管に薬を詰める

    根管の中に水酸化カルシウム製剤を詰め、状態が落ち着くのを待ちます。

  7. 根管の充填

    症状が落ち着いたら充填を行っていきます。
    ゴムのような材質のもので根管内を詰めていき、再び細菌に感染しないようスペースを閉じます。
    最終的にレントゲン撮影を行います。なお、再根管内治療の場合には土台や充填したものをなるべく残すようにしながら取り除いていきます。
    この場合すでに根管内は汚染されていることが多いですし、適切でない治療が行われていることが多いため抜髄に比べ治療回数が増えますし、なおかつ成功率が低下すると言われています。

根管治療を中断すると

根管治療は途中でやめてしまっては意味がありません。
忙しかったり疲れたりしていると、それまでどうもなかった歯が突然うずくことがありませんか?
忙しい時間をやりくりしてせっかくクリニックに通っても、痛みが治まってしまい通院を中断する方が多いです。
根管治療の途中で中断してしまうと、後になって困ることが多いです。
痛みがあり根管治療を行うのはいわゆる歯髄の炎症である歯髄炎や歯の根っこの化膿である根尖性歯周炎のことがあります。
どちらも急性期は非常に痛みがあるためつらいものです。
それに、免疫力が落ちていると思った通りに痛みが取れないこともあります。
もし、痛みが治まったとしても、通院をやめてしまわず通い続けるようにすることが大切です。

まとめ

根管治療についてさまざまな基礎知識をご紹介してみました。
根管治療は非常に高精度な治療だということがお分かりいだだけましたか?
また、治療を途中でやめてしまうと、後になってさまざまなトラブルの原因になります。
通院を始めたらしっかりと最後まで治療を受けていただき、完治させるように努めましょう!
もし、根管治療を受けることになったら、ここでご紹介したことを思い出していただけたらと思います。

TOP