根管治療で仮歯が重要と言われるのはなぜ?

はじめに

歯の中には歯髄があるところを根管と言いますが、ここを治療する根管治療は歯髄を取り除いた後きれいにし、消毒を行って根管内部の炎症や痛みを抑える治療のことです。
治療が終わったら、根管内に薬剤を詰めたり、被せものをして歯の機能性を回復できると言われています。
ここではそんな根管治療で仮歯が重要と言われる理由について、根管治療の流れなどについてもお教えします。

根管治療とは

歯は人間の体の中で最も硬い組織と言われており、その中には歯髄と柔らかい組織があり、根の先の方はあごの血管や神経とつながっています。
この部分がけがや虫歯などで細菌感染すると、歯ぐきが腫れたり、歯が激しく痛んだりすることがあります。
そういった場合に歯を維持してずっと機能させたいなら、歯髄を全てまたは一部取り除き歯を残すための治療が必要です。
そのための治療が根管治療を呼ばれるもので、一般的に歯の神経の治療と言われています。
歯を残したいと思うことから誕生した根管治療によって、歯の寿命を延ばすことにつながります。

根管治療の重要性

虫歯によって侵されてしまった歯でも根管治療を行うことで元の歯の咀嚼力を回復でき、ずっと使い続けることができます。
ですが、根管治療後の経過がよくないと、被せた歯がダメになってしまうこともあります。
こういったことを防ぐためにも、根管治療を行う際は歯ぐきの腫れや痛み、審美性・・などに注意し必要な検査を全て行って治療を進めていきます。
その結果を元にして原因となっている歯の根を通る根管を処置していきます。
そもそも根管とは1ミリ以下で非常に細くなっています。
それに、硬くなったり曲がったりしているものがあるため、そういった根管に対し器具を完全に通過させきれいにし、形を整える高度な処置が行われることもあります。
もし、根管治療が不十分だったり、新しく損傷や感染が起きた場合は再び治療が必要になることがありますが、9割以上の確率で歯を守ることができると言われています。
歯を抜くということは最近ではめったにないことで、つまり歯を残すことの重要性がどれほど大切なことなのか見直されつつあります。

根管治療の費用相場

根管治療にかかる費用相場は治療する数によって決まってきます。
保険を使った治療の場合、一般的に3割負担の方で1,500~3,000円程度だと言われています。
ですが、費用については使用する機器や治療法などによって差があるため、クリニックによっても費用に差が出てくるのは当然です。
特に、根管治療の中でもマイクロスコープを使った治療法や、確実性の高い薬剤を使うなどした場合、保険外治療になることもあります。
この場合10~100万円とかなり幅があり、費用も高額になってきます。

根管治療の流れ

根管治療はどういった流れで行われるのでしょうか?
ここでは根管治療の流れについてご紹介します。

  1. お口の中の検査
    一般的にクリニックで根管治療を受ける場合、お口の中を精密検査します。
    歯の状態を診た後、レントゲンなどを使って画像診断し、どういった状態なのかを歯科医師が的確に把握し、カウンセリングを行って治療方針を決定します。
  2. 抜髄
    上で決定した治療方針に基づいて根管治療を行うと決定したら、治療を始めていきます。
    歯髄を取り除く抜髄を行ったら麻酔をかけ、専用の器具を使って虫歯などを取り除いて歯髄を取り除きます。
  3. 根管内をきれいにし消毒する
    歯髄を取り除いたら根管内の汚れなどをきれいにし、空洞になった根管を専用の器械を使って長さを測ります。これによって確実に根管の奥を治療、消毒、充填できるようになります。
    終わったら薬で洗浄し消毒していきます。
  4. 根管内に薬を詰める
    炎症がひどい場合は根管内に薬を詰めふたをして密閉し、数日程度おき、中がきれいになるまで洗浄と薬剤を入れる処置を何度か行っていきます。
  5. 詰めものをする
    根管内が完全にきれいになれば、その中に詰めものをしていきます。
  6. 土台を作る
    詰めものをした上に土台を作っていきます。
    これはプラスチック製や金属製などがあるので、歯科医師が選んで歯に立てていきます。
    この土台の役割は根管の中に細菌が入り込まないようにするものです。
  7. 人工歯を装着する
    土台を作った後、被せものと言われる人工歯を装着します。
    一般的に噛み合わせを調整して仮の歯を作っていくための型取りをするので、多少時間が必要です。

根管治療で仮歯が必要な理由

歯髄に炎症や感染が起きた時に行われる根管治療ですが、歯髄を取除いた後、かぶせものを使いますがその前に土台を作ります。
ですが、人工歯を被せるまでには時間がかかるため、必要になってくるのが仮歯です。
この仮歯とはその名前の通り仮の歯のことを言い、本歯を入れる前に付けておくものです。
虫歯によって部分的に歯を失って治療をするわけなので、なくなってしまったところを何らかの材料で補わなければなりません。
簡単な仮歯だと歯自体に感染が起きてしまうため、折れたり歯が動くことで噛み合わせが変化したりなどのリスクがあります。
そういったリスクを回避するため仮歯を装着し治療する必要があります。
つまり、根管治療に仮歯は絶対に必要なもので、なにも感染予防だけのものではありません。
また、奥歯の場合は特に仮歯なしで治療するのはリスクが高いと言われています。
つまり、仮歯は本歯が完成するまでの間、審美性、しっかり噛むためだけでなく、感染防止や噛み合わせが悪くなるのを防いでくれる存在です。
もし、使用している間に仮歯が取れてしまった場合には誤って飲み込む可能性があるので、クリニックへ持っていくようにしましょう。
ただ、万が一飲み込んでしまっても人体に悪影響のないものを使ってるため心配しすぎる必要はありません。

まとめ

根管治療で仮歯が重要と言われる理由や根管治療の流れや費用などについてまとめてみました。
根管治療は優れた治療法ですが、最も重要なことはそもそも虫歯にならないようしっかりと予防することでしょう。
日ごろから正しいブラッシングを行って、定期的にクリニックでお口の中の状態をチェックしてもらうことも大切です。
ぜひ、ここでご紹介したことを今後のご参考になさってみてくださいね!

TOP