根管治療を途中でやめてしまうことの危険性について

はじめに

虫歯を治療するためにクリニックへ通院していて神経を取る必要があったり、歯の根っこの周りが膿んでしまい、根の治療を受けることがあります。ですが、歯の根の治療については回数や時間がかかる地道な治療なので途中でやめてしまう方が多いですが、非常に危険性が高いです。

そこでここでは根管治療を途中でやめてしまうことの危険性についてなどについてまとめてみました。

根管治療とは

そもそも根管治療とはその名前の通り歯の根にある神経の管を治療するものです。では、どうして根管治療を行う必要があるのでしょう。

歯の根の神経の管の中には歯髄と言われる神経がありますが、歯周病や虫歯によってこの部分が細菌感染によって炎症が起きることがあります。すると、他の組織まで侵されてしまうことがあるのですぐに取り除く必要が出てきます。

この歯髄を取り除くことを抜髄と言いますが、その後歯髄が合った管をきれいにし消毒して薬を注入して無菌状態にすることを根管治療と呼んでいます。

これまでは歯髄が侵されてしまうと歯根そのものを抜こうという考え方でしたが、現在では根管治療によって可能なかぎり歯を残そうという考え方に変わってきました。

 根管治療が必要な症状とは

では、いったいどういった状態になると根管治療が必要になるのか具体的にご説明してみましょう。

虫歯が進行し神経まで細菌感染している

虫歯を放置しておくと、最初は小さい穴が次第に大きくなっていきエナメル質の下にある象牙質にまで進行していきます。すると、熱いものや冷たいものがしみたりして、神経近くにまで達するとズキズキと痛みが起きるようになります。

さらに神経にまで達してしまうと、細菌感染により歯髄炎になります。ここまでくると、神経を除去する抜髄という処置が必要になります。また、虫歯を取り除く間に神経が露出してしまった場合にも神経を取り除く必要が出てきます。

治療が終った歯に違和感がある場合

根管治療が終って時間が経っているのに、噛んだ時に痛みが起きたり、違和感があることがあります。

実際に根管治療は非常に難しい治療法で根っこのところが人によって違っていたり、神経が根っこの中で分かれていたりと見えないところの治療は細菌を完全に除去することが難しいと言われています。ですので、詰めものや被せものをした後に少しずつ細菌が増殖してしまいトラブルの原因になります。

そういった場合、いったん被せものを外し再度治療を行う必要があり、何度治療してもうまくいかない場合には最悪歯を抜く必要があります。

神経が死んでいる

虫歯が痛い状態が続いていると、痛みがなくなったような気がすることがあります。これは虫歯が勝手に治ったということではなく神経が死んでしまったからで、虫歯がゆっくりと進んでいる場合や以前の治療の影響のことがあります。痛みがないと言っても放置していると歯が黒くなったりするので注意しましょう。

最悪根っこの先にまで炎症が進んでしまい膿が溜まったり、病巣を作ったりしてしまうと根管治療が必要になります。

根管治療を途中でやめてしまうことの危険性

根管治療は歯の根っこの管が細菌によって侵され、その部分を消毒している状態のことを言います。途中でこの治療をやめてしまうと、消毒のために薬を入れた状態の根管は蓋をしてあると言ってもほとんど中が空洞の状態です。

時間が経つと同時に消毒薬の効果が落ちてくるため再度細菌が入り込んでしまい、腫れや痛みなどが起きてきます。

痛みが長引いたり違和感が起きる

根管治療は最終的に根管の内部にすき間がないようにしっかりと充填し細菌が入り込まないようにふさいでいきます。根管治療の途中で通院をやめてしまうと、ふさいでいない根管を放置することになるため周囲の炎症が治まらなくなり、結果的に治療が長くなったり、噛んだ時に響いたりなどの症状でてくる可能性があります。

根管治療のため通院が長くなってくるといつまで続くのか?本当に治るのか?などといった気持ちになってくるのは当然です。

1年以上も根管治療を続けているという人も中にはいるそうですが、だからと言って治療を中断してしまうと、逆に通院期間や費用がかかってしまうでしょう。後になって途中で治療をやめてしまったことに後悔することにならないように治療をやめてしまわないようにしましょう。

根管治療を止めてしまうと他にもこんなことが

根管治療の途中に削ってある歯の中は柔らかい象牙質が見えている上神経を抜いてしまったり、神経が死んでいるため虫歯によって痛みが起きることがあります。

なので、知らないうちに虫歯がさらに進行してしまい歯根部に穴が開いてしまい、もろくなり割れることもあると言われています。

さらに、歯の中の穴に歯ぐきが入り込んでしまい、クレーターのようになってしまうというから驚きです。ここまでくると歯を抜くことになるかもしれません。また、歯を抜かずに無理に残したとしても、後から痛みが起きたり腫れたり・・などのトラブルが起きることもあります。

根管治療を受けるためのクリニック選び

根管治療で最も大切なことは細菌感染を起こさないことです。ですが、治療によって根管治療が終ったら何らかの理由で再度感染してしまうこともあります。

つまり、根管治療を受ける際にクリニック選びのポイントとなるのは再度細菌感染を起こさないよう緻密な治療を行ってくれるところを選ぶことでしょう。

根管治療を成功するために必要不可欠な治療として、マイクロスコープなどが挙げられます。このような根管治療のための専用の器具を使って根管内を徹底的にきれいにし、再び細菌感染が起きないよう治療を行ってくれるクリニックを選ぶようにしたいものですね。

まとめ

根管治療は歯の土台や基礎になるところを治療する難易度の高い治療です。いくら被せものをしたとしても土台がしっかりとしていないと痛みがまた出てしまったり、不具合が起きたりします。

根管治療はとても難易度の高い治療で時間もかかるものなので、事前に説明をしっかりと受けるようにし絶対に治療を途中でやめてしまわないようにしましょう。根管治療を途中でやめてしまうと後悔することなるかも知れません。

TOP