根幹治療のメリット・デメリット

はじめに

みなさんは根管治療という歯科治療のことをご存じですか?
根管治療とは歯の根っこの治療のことで、完治にはとても時間がかかるため本当によくなっているのか・・と不安になる方が多いです。
根管治療は歯の根っこを消毒するものですが、歯の寿命を大きく左右する治療でもあります。
歯の寿命を延ばすために大切な治療なので、正しく理解をしておかねばなりません。
ここでは根管治療のメリットやデメリットなどを詳しくご紹介しますので、今後治療が必要になった時のご参考になさってみて下さい。

根管治療とは

みなさんは歯の痛みがひどくて何も手につかない・・ということはないですか?
その原因は歯の神経にまで虫歯が進行しまっているからです。
歯医者さんに行くと、この痛みを止めるために神経を取りますが、この治療を抜髄と呼んでいます。
ただし、神経を取ったからと言って治療が終了したということではありません。
放っておくと神経の管に細菌が繁殖してしまい、根の先の方に膿を作ったり、歯ぐきが腫れたりするため、それを防ぐために根管治療を行う必要が出てきます。

根管治療を行うべき症状とは

虫歯が進み神経にまで届いてしまうとひどく痛むことがあります。
それを取り除くために麻酔をかけ神経を取る抜髄をしますが、その後根の中を消毒します。
どういった症状があったら根管治療を行うべきなのでしょう。

神経が死んでしまって痛みがある時

虫歯が進み過ぎたり、歯をぶつけると神経が死んでしまうことがありますが、この神経は腐り細菌が根の先まで達してしまうとものを噛んだ時に痛みが起こることがあります。
この場合にも根管治療を行って根の中を消毒し痛みを取り除いていきます。

歯根に膿が溜まってしまった時

神経が死んでしまい時間が経過すると根の先に膿の袋ができると言われています。
この場合無症状のことがほとんどで、レントゲンを撮って初めて見つかります。
放っておくとどんどん大きくなり、痛みや腫れが起きることがあります。
なお、この原因は根の中の細菌なので、根管治療を行って根の中を消毒していく治療が行われます。

根管治療の流れ

さて、根管治療とは細菌に汚染された根をこすり落として消毒し、薬を入れて密閉し、細菌が繁殖しないようにする治療です。
根の中に少しでも細菌が残っているとそこから細菌がまた増えてしまうので、痛みが起こったり再発したりします。

  1. 細菌が根の中に入らないように処置する
    根の中にプラークや唾液が入ると細菌感染を起こし痛みが取れなかったり、再発することがありますので、専用の器具を使って根の中に唾液中の細菌が入らないように治療します。
  2. 歯の神経を完全に取り除く
    歯の神経の管は人によっても歯によっても本数が違うため、この管を見逃すと痛みが起きることがあります。
    なので、一つ一つをていねいにきちんと消毒しなければなりません。
  3. 根の中の形をきれいに整える
    歯の神経の管の形は単純に丸くなっているわけではなく、三角形、楕円形・・などさまざまな形をしています。この根の中をきれいに消毒して薬を根の中に入れやすい形にする治療が必要です。
  4. 薬剤を緻密に入れていく
    歯の神経の管を消毒したら、薬剤をていねいに詰めていきます。
    神経がなくなった歯は細菌に感染しやすいので、空気が入ると再感染や痛みの原因になるため、ゴム状の薬を丁寧に入れ細菌が棲みつかないようにしていく必要があります。
  5. レントゲンを撮って確認する
    根の中に薬剤を入れたら、根の先の方まできちんと薬剤が入っているかどうかをレントゲンを撮って確認します。もし、空気が入っていたり、途中までしか入り切れていなければ再感染のリスクがあるため再度入れ直すことになります。

根管治療のメリットとは

まず、根管治療のメリットは神経を取り除くので痛みを感じることがなくなることです。
冷たいものを食べたりするとしみたり、痛くなったりしていたのがなくなるので、なんでも安心して食べられるようになります。
さらに、虫歯は放っておくとどんどん広がっていきますが、この治療を行えば虫歯の進行が止まるので、重度の虫歯の場合にはこの治療が適していると言われています。
たかが虫歯・・と思われがちですが、実際に虫歯が全身の健康に悪影響を及ぼすこが分かっています。
実際には根管治療が必要になるほど虫歯を放っておくことは少ないかもしれません。
でも、もしそういう場合には手遅れになる前に速やかに根管治療を受けていただきたいです。

根管治療のデメリットとは

さて、根管治療にはメリットが多いですが、逆にデメリットもないわけではありません。
それは歯が弱くなってしまうことです。
誰でも歯が弱くなってしまうのは嫌なものです。
また、虫歯による痛みがなくなると上で書きましたが、これは逆に言うと虫歯が進んでしまっても気づきにくくなる・・というデメリットだと言えます。
そうなると、虫歯治療が手遅れになることもあるので最悪歯を抜くリスクが起こってきます。
ですので、こういった根管治療のデメリットもしっかりと理解していただいた上で治療を受けるようにしてください。
クリニックで歯科医師がメリットだけでなくデメリットについても説明があるかと思いますが、もし一切デメリットについて説明がない場合には他のクリニックで治療を受けた方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近、歯医者さんはコンビニエンスストアより数が増えていると言われています。
つまり、クリニック同士の競争も激しくなっているということです。
他のクリニックより特色のある治療を行うため、根管治療を取り入れているクリニックもあります。
ですが、かかりつけのクリニックで根管治療を行っていない場合、国立病院の歯科や大学病院の歯科なら行っているかもしれません。
ただ、根管治療は医師の技術力の他に最新器具が揃っていないと成功しません。
そういったものが揃っているクリニックがお近くにあれば一度根管治療について相談してみるといいかもしれませんね!
信頼できるクリニックが見つかったら、根管治療のメリット、デメリットについてきちんと説明を受けた上で治療に臨んで下さいね。

TOP