歯の寿命を左右する”根幹治療”とはどんな治療か

はじめに

歯の根っこを治療する根管治療は虫歯などによって歯の神経を取って神経があった根管をキレイにし、歯の根っこまで薬剤を入れる治療のことを言います。
根管治療は被せものなどの土台になるところを治療するため、健康な歯を残すためにはとても重要な治療です。
ですが、根管は歯のある場所によっては形もさまざまで複雑なものもあるため、作業に時間もかかるためていねいに治療を行わなければ完全にきれいにすることができないので、再度治療することになります。
ここではそんな根管治療とはどういった治療なのか、あらゆる観点からご説明したいと思います。

根管治療とは

そもそも根管治療とは歯の根っこの中にある血管や神経などが通っている根管を治療する方法です。
歯髄は根の先から歯の中に入って歯が成長するのに大切な役割がありますが、大人になって成長が終った後は歯髄がなくても歯根の首位から栄養が供給されるので歯の健康が維持できると言われています。
歯の根っこを治療する根管治療は歯髄が炎症したり、感染を起こした時に必要で、その原因となるのはけがや虫歯などが挙げられます。
感染や炎症を放置していると歯が痛み出したり、歯の周りの組織に炎症が広がったり、歯ぐきが腫れることもあります。
重度になると熱が出たりリンパ節が腫れたり・・など全身に悪影響が及ぶこともあります。
ですが、根管治療を行うことで、こういった症状が軽くなったり、治ったりすることもあるようです。
なお、根管治療では傷んでしまった歯髄を取り除き、根管をきれいにして再感染しないよう根の中に薬剤を詰めます。
このような歯髄を取り除く治療を抜髄と言いますが、前に根管治療を行ったところが再度感染してしまった場合にも行われることがあります。

根管治療の費用

根管治療は実際のところ粗悪なものがあることもないとは言えません。
レントゲンを撮ると根管の治療がじゅうぶんでなかったために再度感染してしまい、再治療することもあります。
場合によってはうまく治療できているケースもありますが、それはごくまれだと言ってもいいでしょう。
一般的に再度治療することが多く、治療のたびに歯はだんだん傷んでいきます。

・保険適用の場合

奥歯を根管治療した場合の費用は保険を適用する場合で9千円程度です。
難易度の高い治療が1万円以内で受けられるのですから、患者にとってはありがたいですよね。

・自費治療の場合

歯が悪くなると抜いてしまってインプラント治療を受けるという方法もありますが、健康な歯を抜いてしまうのは誰でも避けたいもの。
重度の虫歯であっても保険外治療で根管治療を受け残すようにすれば、インプラント治療よりかなり安上がりになるためおススメです。
保険外診療の場合の費用は前歯で4万円程度となっています。

根管治療にかかる期間

さて、根管治療にかかる期間は患者さんのお口の中の状態や使う薬や器具などによっても変わってきます。
状態がいい方の場合は1週間程度で終わる方もおられますが、悪い場合は数か月かかることもあります。
最悪半年程度かかる方もいらっしゃるようです。

根管治療の流れ

1.治療前の準備

まず、歯の被せものや詰めものを取り、歯髄や根管部を露出させて歯髄を取り除きますが、過去にもすでに根管治療を受けて歯髄がない場合は根管に詰めている薬を取り除きます。

2.清掃

根管治療用の器具を使用し、感染している歯や残っている歯髄、薬剤などを除去しきれいにしていきます。

3.洗浄、消毒

薬剤を使って洗浄と消毒を行って、症状に合った薬剤を詰めていきます。
状態によってはレーザーなどを使って根管の中を殺菌したり、消毒したりすることもあります。

4.治療が終ったら

根管治療が終ったら炎症や痛みなどが落ち着き次第、根管の中に細菌が侵入するのを防止するため薬剤を埋める治療を行います。
これを根管充填と言いますが、その後症状がない場合には詰めものや被せものを入れるため歯を削りその後型取りを行います。

根管治療のメリット

・歯を抜かずに済む

さて、根管治療の最大のメリットは歯を抜かずに済むことでしょう。
歯の神経を治療するので歯を残すことができます。
また、歯並びにも影響がないのもメリットです。
もし、歯を抜いてしまうと神経に悪い影響がでますが、こういった二次的被害を防止できることも大きなメリットだと言えますね。

・細菌を減少させられる

根管治療は悪くなった歯の血管や神経を除去しますが、神経を除去することで痛みが起きるのを防止できます。
さらに、神経を除去した後は除菌と清掃を行いお口の環境をよくする処置が施されます。
根管からしっかりと治療するのは再治療をせずにするためです。
根管治療にはしばらく時間がかかるかもしれませんが、しっかりと治療を受ければずっと歯を健康的に維持できるので、最後まできちんと治療を受けましょう。

根管治療のデメリット

歯の根管部の構造はとても複雑で細かく、人によって形もさまざまです。
根管治療は肉眼で見えないほど複雑な歯の中を治療するので、技術や整った環境が必要な難易度の高い治療です。
ですので、根管治療が得意なクリニックで整った設備の中で治療を受けることが大切です。
さらに、根管治療を行った歯は血管や神経を除去するので元通りの健康な歯には戻れません。
つまり、虫歯になった時気づきにくいのがデメリットです。
根管治療はメリットばかりの治療法ではないので、治療を受けるかどうかはしっかりとクリニックで相談することが重要です。
もっとも大切なことは日ごろから根管治療を受けなくても済むよう、しっかりとお口のケアを行うことです。

まとめ

根管治療について詳しくご説明しました。
根管治療は歯を根本から治療するもので歯を抜かなくて済むため、ご自分の歯を残すことができます。
歯が悪くなったらすぐにクリニックで相談することが大切です。
もし、歯の神経が痛んでいたら自然治癒することなど絶対にありません。
根管治療を受けて健康な状態にすることが大切です。
最近ではマイクロスコープなどを使った治療を行っているクリニックもあります。
ぜひ、根管治療を受ける場合には信頼できるクリニックで治療を受けてくださいね!

TOP