根管治療の必要性と期間について

はじめに

歯の根っこの治療を行う根管治療は痛かったり、時間がかかるので嫌だ・・という人は多いでしょう。
根管治療は歯の根っこ部分を消毒し薬を詰める治療のことですが、実はこの治療により歯の寿命がかなり影響を受けると言われています。
根管治療は歯を長期間残せる治療法なので、正しく理解しておくことが大切です。
ここでは、根管治療を必要とする症状や治療の大まかな流れ、費用などについてお教えしたいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてください。

 

根管治療とは

そもそも根管治療とは歯の根管部分についた細菌などを取り除くものです。

この部分が汚れていると炎症痛みがひどくなると言われています。

根管とは歯の中の血管と神経がある部分のことで、そこに付着した細菌や虫歯は神経を通ってあごにまで達すると言われているため、虫歯を放置しておくと痛みが起こるのです。

 

根管治療では根管に付着した細菌をキレイにした後、薬剤を詰めかぶせものをするのが一般的ですが、最近ではマイクロスコープなどを使った治療なども行われるようになりました。

 

根管治療が必要な症状とは?

根管治療が必要な症状とは、虫歯が歯の血管や神経にまで達している状態または、歯ぐきの炎症が起きた時根の治療をしたことがある場合です。

歯の根っこを治療したことがあると細菌が入り込みやすいからです。
また、虫歯があるにもかかわらず血管や神経を残したままだと根管治療が必要になります。

 

虫歯が進み痛みが激しい時

虫歯が進んで神経にまで達してしまうと、激しい痛みやしみたりします。
痛みを取るために麻酔を行い、神経を取り除く必要があります。
これを行った後根管治療を行って根の中を消毒していきます。

 

歯の根の先に膿が溜まった時

神経が死んでしばらくすると、根の先の歯根のう胞というものができます。
この場合症状が出ないことがほとんどで、レントゲンを撮って初めて気づきます。
そのまま放っておくとだんだん大きくなっていき、痛みや腫れが出る場合があると言われています。
この膿の原因は根の中の最近なので根管治療を行って根の中を消毒するとおさまります。

 

歯ぐきに白いできものがある時

歯の根の先部分に膿が溜まってしまうと歯ぐきに白いできものができます。
この場合にも根管治療を行って根の中を消毒すれば白いできものは次第に消えていきます。

 

歯ぐきに痛みがあり腫れている時◇

根の先の部分にが溜まると疲れなどによって体の抵抗力が落ちた時に歯茎が痛んで腫れることがあると言われています。
これは根の先に貯まった膿が急性化しているからで、腫れが引いてから根管治療を行って原因となっている細菌を消毒しなければなりません。

 

噛んだ時痛みが出る

虫歯が進んだ場合、歯をぶつけると神経が死んでしまうことがあり、その神経が腐って細菌が根の先部分まで達してしまうと噛んだ時に痛かったりします。
こういった場合には根管治療を行って消毒すると痛みが取れることがあります。

 

根管治療の必要性

根管治療とは悪化した虫歯を抜歯せず残すために行うものです。

虫歯菌に侵され死んでしまった奥歯の血管や神経を根管から除去し、中をキレイにして薬剤を詰めます。
ですが、実際根管はとても細くて複雑な構造のため治療は難しく根管の中から汚れた血管や神経を完全に取り除くのはとても高度な技術を必要とします。
もし、根管の中に細菌が残ったままだと再治療が必要になります。
つまり、精度の高い根管治療でないと上に装着した被せものを再度作り直す必要が出てくるわけですね。
根管治療とはそれほど大切な治療なのです。

 

根管治療の流れ

1.治療の準備

まず、根管治療を行う前に歯にある詰めもの神経を取り除いていきます。
虫歯があればその治療も行います。
次に神経を取り除くため歯を削っていきます。
神経をすでに除去しているとか、根管治療を行ったことがある場合には歯の中にある薬剤を除去します。

 

2.口の中をキレイにして消毒する

口の中の薬剤や神経を除去したら、専用の器具でお口の中をきれいにしていきます。
これは細菌などを除去し衛生状態を高めるためです。
きれいにした後は、その人に合った薬剤を詰めていきます。
もし、症状が重い場合には歯科用レーザーなどを使い殺菌や消毒を行うこともあります。

 

3.メンテナンス

根管治療はそれぞれの患者さんの歯の状態により経過が違うため、炎症や痛みの程度も変わってくると考えておきましょう。
つまり、様子を見ながら薬剤の消毒や交換を行うわけですね。
膿が出なくなったら細菌が入るのを防止するため根管の穴を埋めます。
さらに、ここで問題がなければ被せものや詰め物をし歯の形をきれいにしていき終了です。

 

根管治療の費用

根管治療を行う場合保険が適用されます。
その場合、歯1本当たり1500~3000円程度で済むようです。
保健適用の場合薬剤やレントゲン撮影などはすべて含まれますが、治療の程度により費用は上下することがあります。
また、差し歯や詰めものに別途費用が掛かることが多いです。
各クリニックでは専門の治療を行うところがあり、この場合は保険適用外となります。
費用は1~10万円と高額になるようですね。
ですが、保険適用外は費用が多少かかっても治療の精度はかなり上がります。
特にマイクロスコープを使用した治療なら肉眼で行う治療より精度がかなり上がりますので、興味があれば歯科医師に相談してみましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
根管治療は歯の土台を治療するものなので、歯科医師の間では建物の基礎工事に例えられているようです。
どんなに立派な建物であっても、基礎工事がきちんと行われていないと倒れてしまうことがあります。
それと同様、根管治療も上の被せものをずっと長持ちさせるには大切な役割を持っていると言えるでしょう。
口元の見た目はとても重要な要素ですが、それより歯はまずしっかりと噛めなければ意味がありませんよね?
なので、建物の基礎工事をしっかり行う業者選びと同様、歯の根管治療も信頼できる優れた技術力を持つクリニックで受けたいものです。
ぜひ、今後根管治療を受ける際のご参考になさってみてください。

TOP