入れ歯とインプラント|それぞれのメリット・デメリット

はじめに

もし、ご自分の歯をなくしてしまったら、あなたならどういった治療法を選びますか?
なんらかの理由で歯をなくしてしまったり、欠けたりした時、入れ歯やインプラントなどで補てんすることができます。
ですが、それぞれにメリットもあればデメリットもあり、一概にどちらがいいとは言い切れません。
ここでは入れ歯とインプラントそれぞれのメリットについてご紹介しますので、どの治療を選ぶか迷っている方はぜひご参考になさってみて下さい。

インプラントとは

そもそもインプラントとはなくしてしまった歯があったところに人工歯根を埋め込んで治療する方法を言います。
この人工歯根はねじであごの骨に固定し、より強固なものにしていき、さらにその上に人工歯を装着します。
人工歯は被せものと言われており、あごの骨に固定したネジを隠すために取りつけるものです。
つまり、見た目をよくする役割を果たしており、人工の歯を装着することによって噛み合わせがよくなるメリットがあります。
もし、噛み合わせが悪い場合には別の歯を使いながら、自分に合った歯に仕上げていくことになっています。

入れ歯とは

次に入れ歯についてご説明してみたいと思います。
入れ歯とは歯を虫歯や歯周病、けがなどでなくしてしまった場合に補うもので、咀嚼機能や嚥下機能、正しい発音を行うために装着するもののことで、別名を義歯とも言います。
床と言われる土台に人工の歯が並んでおり、審美性や噛み合わせを回復させられるものです。

インプラントのメリット

さて、インプラントのメリットにはどういったものがあるのでしょう。

・食事が楽しめる

入れ歯だと熱さを感じられなくなったり、味覚を感じづらくなったりするので、口の中をやけどすることもありますが、インプラントならご自分の歯とほとんど同じなのでそういった心配は皆無です。

・発音しやすい

入れ歯がちゃんと合っていないと発音しづらかったり、違和感があったりしますが、歯根から再生するので発音しづらいということもありません。

・歯槽骨の吸収がない

歯をなくしてしまうと、その歯を支えていた骨である歯槽骨が痩せてきます。
その理由は歯根部がなくなるため、歯槽骨に咀嚼時の刺激が伝わらないからだと言われています。
歯を抜いた後ブリッジや入れ歯でなくした歯の部分を補てんしてもその刺激は歯槽骨には伝わらないため、あごの骨はだんだん痩せていきますが、インプラントなら咀嚼時の刺激が伝達されるため骨が吸収するのを抑えることができます。

・寿命が長い

一般的にブリッジの寿命は7~8年程度、入れ歯の寿命は4~5年程度だと言われています。
ですが、インプラントなら10年後の残存率は9割を超えているそうです。
中にはインプラントを40年以上使い続けている患者さんもいるほどです。
つまり、インプラント治療なら適切なメンテナンスを行っていれば、かなり長持ちさせることができるのです。

・周りの歯への影響がない

インプラントはなくなった歯だけを治療するため、ブリッジのように周りの健康な歯に負担をかけることもありません。
周りの健康な歯まで削ってしまうと、その歯まで虫歯になるリスクが高まります。
健康な歯はそのままの状態で残したい・・という方にぴったりな治療法です。

・しっかり噛める

インプラントは健康な歯の8割程度まで咀嚼力が回復するため、何でもしっかりと噛め、食事の際に不自由を感じることもありません。
咀嚼力に限って言えば、総入れ歯だと健康な歯の2割程度しか回復できませんが、インプラント治療だと歯根まで再生するため、歯をなくす前と同じくらいしっかり噛めるメリットがあります。

・審美性が高い

インプラントなら審美性が高く、まるでご自分の歯のように美しい仕上がりになります。
歯はたった1本なくしてしまうだけでも見た目が悪くなり、全身のバランスにも悪い影響を及ぼすと言われています。
これまでの治療法だった入れ歯だと金具が目立ったりしたため、見た目という点ではあまりメリットがありませんでした。
ですが、インプラント治療にすれば審美性の高さを望めるため、そういった問題をクリアすることができます。

入れ歯のメリット

・他の歯を削らずに済む

一部をのものを除けば、残された健康な歯を削らずに治療することができます。
また、少し削る必要があるものもあるにはありますが、ブリッジなどと比べると、健康な歯への負担はかなり少ないメリットがあります。

・費用が安く済む

入れ歯治療ならインプラント治療とは違って保険内診療で治療を受けられるため、費用が安く済むことがメリットだと言えます。

・清潔に保てる

入れ歯はご自分で取り外しができるので、外してきれいに洗うことができるため、常に衛生的な状態を保つことができます。

・外科的処置がない

歯をなくした場合にインプラント治療を行うことが最近増えていますが、インプラントだと外科的処置を必要とするため、その不安感や恐怖感から治療に踏み出せない方が多いです。
さらに、多くのクリニックでインプラント治療を行っていますが、その中にはさほど経験がないまま治療を行っているところもあります。
患者さんからその判断はしづらいので、外科的処置に不安を持つのも当然でしょう。
でも、入れ歯治療なら外科的処置がないため安心して治療を受けられます

・どのようなお口の状態でも治療可能

ブリッジだと両隣の健康な歯を支えにするため、歯が残っていないと治療ができません。
また、インプラント治療はあごの骨の量が少ない方は治療できないことがあります。
ですが、入れ歯だとどのようなお口の状態であっても、安く時間をかけずに治療ができるのがメリットです。

まとめ

インプラント治療と入れ歯治療のメリットについて詳しくご説明してみました。
インプラントと入れ歯のどちらの治療を選ぼうか迷っている方はぜひ知っていただき、ご参考になさっていただきたいです。
また、クリニックによって治療後仕上がりも変わってきますので、信頼できるクリニックを選ぶことも大切です。
どの治療法を選んでも失敗して後悔しないよう、正しい知識を身につけて下さいね。
ご自分のお口の状態や予算などに合わせて、最適な治療を選んでいただだきたいです!

TOP