【入れ歯・ブリッジ】それぞれの治療の流れ

みなさんは万が一歯を失ってしまった時、どういった治療を選びたいですか?

歯を失ってしまった時の治療法には入れ歯治療とブリッジ治療があります。この2つの治療法にはそれぞれメリットがあり、どちらを選んでいいのか迷う方も多いでしょう。

ここではそれぞれの治療の流れやメリットについてご説明しますので、治療法に迷った時にぜひご参考になさってみて下さい。

入れ歯とは

そもそも入れ歯とは抜けた歯の前後に支えになる歯がない場合や、その他の理由などでブリッジ治療をしたくない場合に行う方法です。患者さんに合わせた入れ歯を作り、歯ぐきの上に置いて両隣の歯にバネを使用して固定する治療です。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリットは保険が適用されるため費用が安く済むこと、両隣の健康な歯を削る必要がないことです。ただし、大きな人工物を口の中に入れることになりますし、しっかりと固定できるわけではないので違和感があるのがデメリットだと言えるでしょう。

他に入れ歯の具体的なメリットとしては手術する必要がないことや、メンテナンスが簡単、どのような口やあごの形でも対応できるということが挙げられます。

入れ歯は手術の必要がないため、治療期間が非常に短いことが大変大きなメリットです。

入れ歯はほとんど制限がないため安心して入れ歯をつけることができますが、見た目が良く審美性の高い入れ歯だと保険外診療となりますが、基本的に保険適用内で行う方が多いです。

なるべく費用を抑えて治療を受けたい方にはおすすめの治療法です。

ブリッジとは

歯の抜けた本数が1~2本程度で、その両隣に健康な歯がある場合にはその歯を使って橋を渡すように歯を作り噛む力を復活させるのがブリッジ治療です。

ブリッジのメリット

このブリッジのメリットは奥歯に白い歯を入れたいなど特別なケースを除いて保険適用となるため費用が安く済むこと、治療期間が短いことでしょう。

ブリッジ治療を行うためにはなくなった歯の両隣の歯を土台にして被せ固定するので、その両隣の歯を削る必要があることがデメリットとなります。

つまり、健康な歯であっても削る必要があるので、それがデメリットとなってしまうのですが、それ以上にメリットが大きいと歯科医師が判断すればブリッジ治療が行われます。

他にメリットとしては違和感がほとんどないことが挙げられます。ブリッジは入れ歯と比べるととてもコンパクトで、歯の形に合わせて作成されるため、食事や会話の際になじみやすいのがメリットです。

さらに、食後のケアについても入れ歯だと取り外す必要がありますが、ブリッジは外さずに歯磨きするだけでいいのでケアが簡単です。

入れ歯治療の流れ

ここでは入れ歯治療の流れについてご紹介しましょう。
クリニックや歯科医師、患者さんのお口の状態によっても変わってきますが、基本的な流れは次の通りです。

  1. 初診

    カウンセリングを行って、それまでの治療歴や悩みごとなどを歯科医師に相談し、この時検査を同時に行うこともあります。

  2. お口の中の検査

    お口の中の検査やレントゲン撮影、模型を作って歯科医師が具体的に治療プランを提案します。

  3. 歯やあごの粘膜の型取り

    入れ歯を作るために歯やあごの粘膜の型取りを行います。

  4. 完成

    作成した入れ歯の歯の見え方や歯並び、口の周りのふくらみのようすなどをチェックし、ゆがみや変形がないか確認し入れ歯の完成です。
    完成した入れ歯を患者さんに使用してもらい、調整を加えて患者さんにぴったりな入れ歯が完成します。

ブリッジ治療の流れ

  1. 初診&検査

    初診で患者さんの悩み事を聞いたり、お口の中をチェックしたりします。レントゲンで検査した後、抜歯する必要がある場合には抜歯することがあります。

  2. 歯ぐきが回復するのを待つ

    抜歯した後、歯ぐきの傷跡は数週間で完治しますが、骨の状態が治るまでには数か月かかります。なので、歯ぐきが治ってからブリッジの型取りを行わないとブリッジが完成した時に隙間ができてしまうためです。

  3. 歯を削る

    土台となっている歯を削ってブリッジが入るように調整します。このように、ブリッジの両隣の歯を平行に削ることでブリッジと両隣の歯をつなげていくわけですね。

  4. 型取り

    歯を削ったら土台の型を取っていきますが、噛み合わせを考慮して反対側の歯の型や上下の噛み合わせも取っていきます。

  5. 仮歯を入れる

    いったん歯を入れて、噛み合わせが悪かったり歯が動いたりするのを防ぎます。なお、仮の歯が入っている時は粘着性の高いものを噛んだり、硬いものを食べたりするのはやめましょう。

  6. 模型作成しブリッジを作る

    型を使って歯型を作っていきます。この模型を元にしてブリッジを製作しますが、人間の噛み合わせを再現することができる咬合器というものを使って、しっかり噛み合わせができるようブリッジを作っていきます。
    完成したブリッジを患者さんに付けてもらい、噛み合わせの最終調整を行いますが、微調整を繰り返し違和感がないようにしていきます。

  7. セメントを付けて完成

    調整が終ったら最終的にセメントを付けていきますが、歯科用セメントでしっかりと付け30分程度待つと治療が終ります。
    このとき、クリニックや患者さんの状態によって噛み合わせをチェックするのに一定の期間仮留めをすることがありますが、これが終ればブリッジを完全に付けるため外すことはありません。もし、外す必要がある場合にはクリニックで歯科医師が器具を使って行います。

その他の治療法

歯を失ってしまった場合の治療の選択肢は入れ歯やブリッジの他にインプラント治療があります。

虫歯などを治療した後歯根がしっかりと残っている方の場合はインプラント治療を行います。保険外診療のため費用は高くつきますが、最近治療を受ける人が増えています

まとめ

歯をなくしてしまった時の治療法としてブリッジや入れ歯などさまざまなものがありますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

なくなった歯の場所や本数を考慮し、治療を受ける方の状況をしっかりと把握した上で歯科医師が最適な治療方法を提案してくれます。

担当する歯科医師にそれぞれの治療法についてしっかり説明を受けた上で、ご自身に合った治療法を選んでくださいね!

TOP