入れ歯とブリッジの料金比較について

はじめに

歯をなくしてしまった時の選択肢としてインプラント、入れ歯、ブリッジなどがあります。
保健適用の治療としてはブリッジが一般的ですが、健康な歯まで削ることや支えとなる歯に大きな負担がかかる点でデメリットがあります。

入れ歯はブリッジのように歯を削らず残すため、負担も少ないと言えますがゼロとは言い切れません。
ここでは、ブリッジと入れ歯の平均寿命や費用、メリット、デメリットなどについて比べてみたいと思いますので、ぜひどちらか迷った時のご参考になさってみてくださいね!

ブリッジについて

平均寿命

まず、ブリッジの平均寿命はお口の中の状態によって違ってきます。
治療した結果、ブリッジと歯の間に隙間があまりないことや、歯とブリッジが隙間なくきっちり入っていることが長期的に安定して使えるポイントになるでしょう。

逆に、歯とブリッジの隙間があったり、支えている歯の状態によってはブリッジの寿命を短くすることがあります。

費用

ブリッジの費用については歯の本数によって変わってきます。
なくなった歯が多いほど費用は当然高くなります。

また、治療が保険適用のものかそうでないかによってもかなり差が出ます。
保険適用の場合はなくなった歯をブリッジにする費用の他に、初診料や検査代、型取り代などの治療費がかかってきます。

ここでは、保険適用の場合とそうでない場合に分けてご説明したいと思います。

・保険適用の場合

たとえば、前歯の3本をブリッジにすると2万円ほどかかります。
保健適用の場合のブリッジが完成するまでの費用の中には初診料、再診料、虫歯の治療費と根の治療費、歯周病検査費用、衛生指導料、土台や

型取り代・・などのさまざまな費用が含まれています。
土台となる歯の状態によって治療期間や治療費にかなり差が出るようですね。

・保険適用でない場合

白いセラミック製のブリッジ3本で24万円程度かかります。
また、仮歯代が3本で1万円程度かかるようですね。

メリット

入れ歯と比べてブリッジのメリットとしては違和感があまりないことが挙げられます。
ブリッジはとてもコンパクトで形も歯に合わせて作るため、食事の時や会話の時など大変馴染みやすいです。
さらに、食後のお手入れについても取り外す必要もなく、そのまま歯磨きを行うことができます。

デメリット

入れ歯は金具を歯に付け安定させているので、金具の入る隙間以外歯を削ることはほぼありませんが、ブリッジはそのものが被せものなので歯を削らないと使用できないデメリットがあります。

入れ歯について

平均寿命

次に、入れ歯の寿命は歯やあごの骨の状態によって変わってきますし、将来はやあごの骨がどう変化するかによっても変わってきます。

・部分入れ歯

部分入れ歯は留め金をひっかけている歯をきちんと磨いていないと歯周病や虫歯になるので注意が必要です。
虫歯になって詰めものや被せものの治療をすると入れ歯の留め金が合わなくなるため、その時点で新しいものを作る必要が出てきます。

また、歯周病の場合も同じで、入れ歯をひっかけている歯が抜けてしまった場合には、新しい入れ歯を作成しなければなりません。
なお、合わない入れ歯を使っていると強く当たるところのあごの骨が吸収され、入れ歯が不安定になります。

部分入れ歯を長期間安定的に使うには入れ歯をひっかけている歯を歯周病や虫歯にならないよう日頃からきちんと歯磨きすることが大切です。

入れ歯の留め金があるのでプラークが付きやすいため、歯磨きは丁寧に行いましょう。
もし、歯磨きの方法がよく分からない場合はクリニックで歯磨き指導を受けるといいでしょう。
入れ歯の作りの他、歯磨きの仕方によっても入れ歯の平均寿命は違ってくると覚えておきましょう。

・総入れ歯

総入れ歯の場合、歯ぐきが痩せてしまい入れ歯が緩くなったとしても裏側部分に入れ歯の歯肉が足せるため、歯が急劇に減ったりしない限りかなり長期間使用できるようですね。
ただし、これは総入れ歯と自分の歯ぐきがぴったり合っており、噛み合わせもいい状態に限ります。

上だけや下だけが総入れ歯で、噛み合う相手の歯に変化が起きた場合も作り直す必要が出てきます。

費用

・保険適用の場合

保健で部分入れ歯を作った時の費用は本数によって違いますが、5000~10000円程度です。
保健適用の場合は入れ歯代の他に初診料、再診料、型取り代・・などの費用がかかってくるため、一概にいくらとは言い切れません。

総入れ歯は10000円程度で、これも別に料金がかかることがあります。

・保険適用でない場合

保険外診療の入れ歯には金属床義歯などの種類があります。
金属床義歯は入れ歯の歯ぐきの部分のほとんどが金属製のもので、薄くて耐久性が高いです。
さらに金属製のため熱伝導が非常によく、食事の際に熱さや冷たさを敏感に感じることができます。

なお、保険外診療のため費用はクリニックによってばらつきがあります。
相場としては35万円程度のようですね。

メリット

まず第一に広い範囲の歯の欠損に利用できる点でしょう。
比較的歯の欠損が広い場合に利用できるため、なくなった歯が多い場合に向いています。

次に、残った歯を傷つけることなく固定できる点です。
入れ歯の他にブリッジやインプラントなどの方法がありますが、ブリッジだと残った歯を削らねばなりません。
ですが、入れ歯だと削る必要がなくばねで固定するだけです。

デメリット

入れ歯の最大のデメリットはバネにより入れ歯の両側の歯に負担がかかることでしょう。
噛む回数が増えるほどバネの振動がひっかけている歯に影響するため健康は歯も弱ってきます。

さらに、こまめなケアを行わないとすぐにガタつきが起きてしまうことも入れ歯のデメリットだと言えるでしょう。

まとめ

歯をなくしてしまった時の治療法はブリッジや入れ歯、インプラントなどさまざまなものがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

なくなった歯の場所や本数以外にも治療を受ける人の生活や健康状態も考慮した上で、どの方法を選ぶのが一番適切なのかじっくり考えましょう。

クリニックでそれぞれについてきちんと説明を受けていただき、納得した上で治療法を選んでくださいね!

TOP