歯磨きだけでは不十分!虫歯や歯周病予防に効果的なデンタルフロスの使い方

 

はじめに

みなさんは歯磨きの時にデンタルフロスをお使いですか?

みなさんは毎日きちんと歯磨きをなさっているかと思いますが、それでも歯周病や虫歯にかかる人は多いです。

その理由は歯ブラシだけでブラッシングしても、歯と歯の間のプラークは残っているからだと言われています。

歯と歯の間には歯ブラシは届きづらくなっており、そこにプラークがたまってしまうことで歯周病や虫歯になってしまうのです。

そこでデンタルフロスを使うのがおすすめで、歯と歯の間のプラークを除去しお口の中をきれいにするのに必要不可欠なアイテムです。

ここではそんなデンタルフロスの効果や使い方、選び方などについて詳しくご説明します!

 

デンタルフロスで得られる効果

虫歯を予防できる

虫歯は9割が歯と歯の間から発生すると言われています。

歯と歯の間は歯ブラシが届きづらく、どんなに丁寧に磨いたとしても完全に汚れを落としきることは不可能です。

ですが、デンタルフロスを使えばきれいにできるので、虫歯を効果的に予防できます。

なお、デンタルフロスを使った時に糸がばらけることがあれば、初期虫歯になっている可能性が高いです。

 

プラークが歯石になるのを防ぐ

プラークは時間の経過と共に歯石になりますが、歯石はプラーク以上にとても厄介なものです。

プラークとは比べものにならないほど細菌が多く棲んでおり、歯磨きだけでは取り除くことはできません。

さらに、いったん歯石ができるとそこはどんどん歯石が溜まっていき、歯周病や虫歯の原因になります。

つまり、磨き残したプラークが歯石になるので歯ブラシが届きづらい歯と歯の間にプラークが溜まり、そこに歯石が溜まっていく・・ということになります。

歯と歯の間に歯石がある場合にデンタルフロスを使うことで歯石が増えるのを防止でき、お口の中に歯石が出来てしまうのを防げるわけですね。

この歯石のあるなしで歯周病や虫歯になるリスクがかなり違ってきます。

そういった意味でも、デンタルフロスを併用することで歯ブラシだけできれいにするよりかなり効果が高まるということが言いきれます。

 

デンタルフロスの種類

では、デンタルフロスにはどういった種類があるのでしょうか?

ここではデンタルフロスの種類についてご紹介します。

初心者におすすめのホルダータイプ

デンタルフロス初心者には扱いやすいホルダータイプがおすすめです。

糸巻きタイプとは違って糸を切る手間がないため習慣づけやすい特徴があります。

なお、このホルダータイプには2つの種類があり、F型とY型があります。

F型の方は前歯に使いやすくなっており、Y型の方は奥歯に使いやすく設計されています。

奥歯の汚れが気になる場合はY型をおすすめしますが、歯の生え方は人それぞれ違うためご自分が使いやすいと思う方を使いましょう。

なおF型の方が経済的だと言われています。

使い慣れたら糸巻きタイプを

デンタルフロスに使い慣れてくれば、糸巻きタイプを使ってみましょう。

糸巻きタイプはホルダータイプと違い、1回当たりの費用が安くなります。

デンタルフロスに慣れている方はこちらのタイプが経済的でおすすめです。

なお、糸巻きタイプは糸の種類を自分に合わせて選べるのもメリットです。

糸の種類にはワックス、ノンワックスがあります。

ワックスとノンワックスの違いとは歯と歯の間に入れやすくするため繊維にワックスを塗っているかどうかです。

デンタルフロスをあまり使わない方は歯と歯の間に汚れが溜まっているはずなので、滑りのいいワックスタイプを使うといいでしょう。

ただ、デンタルフロスに慣れてくればワックスタイプではなくノンワックスタイプに変えた方がよさそうです。

それはノンワックスタイプの方が汚れをかきだす効果が高いからで、ワックスタイプで慣れてくればノンワックスタイプに変える・・という方法がおすすめです。

 

デンタルフロスの使い方

では、デンタルフロスはどうやって使えばいいのでしょうか?

 

ホルダータイプの使い方

 

1.まず、デンタルフロスを取り出したらフロスの持ち手の前の方を持ちましょう。

この時、動きを小さくし歯ぐきを傷つけないよう動かします。

 

2.歯と歯の間にデンタルフロスを入れゆっくりと前後させます。

この時、注意することは強く押し付けすぎると血がでてくることです。

3.デンタルフロスを歯の根元まで入れたらどちらかの歯の側面に当て、上下に動かしプラークをかき出しましょう。

片側が終ったらもう片側を行います。

 

4.お口の中をきれいにしてデンタルフロスを抜き出す際も、入れる時と同じで前後にゆっくりと抜くようにしましょう。

 

5.使い終わるたびに水できれいに洗い流しておきましょう。

このように、毎日デンタルフロスを使うことで歯周病や虫歯を効果的に予防できます。

 

糸巻きタイプの使い方

1.まず、フロスを40センチほど引き出し切って両端を左右の中指に数回巻き付けましょう。

指と指の間が10~15センチ程度になるようにするのがポイントです。

2.人差し指の腹に当てながら糸を張るようにし、歯と歯の間に入れ込みます。

奥歯の場合は少しやりづらいですが、両手の中指の腹に当て上の歯は下から押し上げるように入れ、下の歯の場合は上から押し込むように、フロスを入れていきます。

なお、下の前歯も奥歯と同じように両手の中指を使うといいでしょう。

 

デンタルフロスを使うタイミング

デンタルフロスを使う使うタイミングは1日に1回夜歯磨きをした後がおすすめです。

お口の中の細菌は夜寝ている間に最も増えると言われているため、歯と歯の間にたまった汚れを寝る前にしっかりと落としておく必要があります。

歯磨きの前にしては?と思う方もいらっしゃるでしょうが、そうすると歯と歯の間に汚れを押し込んでしまうことがあるので歯磨き後に行うのが効果的です。

 

まとめ

デンタルフロスの効果や種類、使い方などを詳しくご紹介してみました。

いくらきちんと歯磨きを行っていても、歯ブラシだけでは汚れを完全に落としきることは不可能です。

ぜひ、デンタルフロスを併用していただき、お口の中をきれいに保って歯周病や虫歯知らずの生活を送って下さいね!

TOP