もしかして知覚過敏?歯がしみる原因とケア法

はじめに

歯磨きや冷たい水を飲んだ時、歯がしみることってありませんか?
歯がしみる最大の原因は知覚過敏と言われており、これは歯の神経がなんらかの刺激により過剰反応を起こすものです。
ただ、実際には知覚過敏以外にもさまざまな原因があると言われています。
放っておくとさらに激痛が襲うことになるため、歯がしみる原因や対処法、治療法などを知っておいてくださいね!

歯がしみる原因

  1. 知覚過敏

    知覚過敏とは歯ぐきが下がってしまい、歯の神経の近くの歯の根元が露出することで神経が過敏に反応する症状です。
    歯の根元部分は頭より弱くなっており神経とつながっているので、通常だと歯ぐきが下がっても神経の穴が詰まり強く刺激が伝わらなくなるそうです。
    ですが、その穴が何かの理由で埋まらない場合には知覚過敏の症状が起こると言われています。
    知覚過敏のメカニズムとしては虫歯菌によって歯の神経が刺激される虫歯とは違い、歯のエナメル質が剥がれることで痛みが起こります。
    歯のエナメル質の中には象牙質があり、その内部には象牙細管と言われる管が神経に向かって通っており、中は液体が詰まっています。
    痛みが起きる理由はこの象牙質が露出してしまい、象牙細管の口が大きくなっているためです。
    そこに歯ブラシの圧力や冷たいものなどの刺激がかかり、象牙細管内部の液体の流れに変化が起き痛みが起きる・・というメカニズムです。

  2. 虫歯

    虫歯により歯が溶かされてしまい神経に近づくと歯は当然しみてきます。
    虫歯菌が神経の管を通り太い管まで侵入してしまうと、神経が敏感になって熱いものや冷たいもの、甘いものもしみたりします。

  3. 歯の亀裂

    歯が割れてしまい神経まで亀裂が広がってしまうと、しみる状態が長引きます。
    歯の神経が残った歯に食いしばりや歯ぎしり、硬いものを噛む・・などの際に歯が割れてしまい、神経まで亀裂が達してしまうこともあります。その亀裂から細菌感染が起こり、冷たいものがしみます。
    もし、虫歯もないのに知覚過敏の状態が長引く場合は歯が亀裂しているかもしれません。

  4. 神経の取り忘れ

    虫歯治療で神経を除去したはずなのに歯がしみることもあります。
    歯の根っこの形はとても複雑で、全て神経を取ったつもりでいても取り残すことがあるからです。
    取り残してしまった神経は自然に塞がることが多いですが、一部が残り治療後にしみが起こることもあります。

  5. 歯周病

    歯周病により歯の周りの骨が溶けてしまい歯茎が下がってくると、歯のしみが強くなる場合があります。
    歯周病が進んでしまうと、歯の根から歯周病菌が侵入し歯の神経が死んでしまう場合があります。

  6. けがの直後

    前歯をぶつけた直後に歯がしみることがあります。
    けがにより歯の根っこに力が加わってしまい、歯の神経にダメージがあると歯の神経が炎症を起こしてしまったり、一部が死んでしまうことがあるので注意しましょう。

  7. 歯ぎしり

    緊張している時など、知らない間に歯ぎしりをしてしまうことってありますよね?
    よくあるのが寝ている間に歯ぎしりする方で、歯ぎしりは歯同士に強い力がかかるので削られてしまいます。
    そうなると、歯の神経までダメージを受けしみることになります。

歯がしみる時の対処法

歯がしみる時には自宅でできるセルフケアとクリニックでのプロによるケアの2つがあります。

セルフケア法

自宅でできるセルフケアには知覚過敏用の歯磨き粉を使用するというのが挙げられます。
たとえば、フッ素や乳酸アルミニウムなどが入ったもので、研磨剤の入っていないものを使いましょう。
最近、ドラッグストアなどで知覚過敏用の歯磨き粉がたくさん売られていますが、症状が軽ければ軽いほど知覚過敏用の歯磨き粉は効果があると言われています。
知覚過敏で冷たいものや熱いものがしみる時はほんの一時的で、すぐに症状が消えてしまうものです。
この段階で知覚過敏用の歯磨き粉を使用するとかなり効果的なのです。
また、柔らかめの歯ブラシを使うこともおすすめです。
さらに、歯周病の予防を行ったり、酸性の強い飲食物を避けることも効果があります。

クリニックでの対処法

歯がしみる時にクリニックへ行った方がいい場合とはどんな時か、検査法や治療の流れなどについてご紹介しましょう。
病院に行った方がいい場合とは歯のしみる状態が数日続く、回数が増える、激しい痛みがある・・などの場合で、このような場合にはクリニックですぐに診てもらいましょう。
さらに、歯や歯ぐきの状態もチェックしてみましょう。
たとえば、歯ぐきが腫れている、歯が欠けている、歯ぐきが下がってきている・・などの場合もクリニックに行く方がいいでしょう。
歯磨きの際にこまめにチェックしていれば異常が分かるはずですよ。

検査方法としては一般的に4つの検査を行います。
まず、レントゲンを撮り歯と歯の間に虫歯ができていないかをチェックします。
虫歯のほとんどは歯とはの間から進行するからで、次に歯周ポケットの深さを測ります。
この歯周ポケットとは歯の周りが溶けることでできる穴で、深ければ深いほど歯周病が進行しているということになります。
さらに、電気を使って歯の神経のダメージをチェックします。
歯が健康かどうかをこの検査で診断するわけですね。
これは歯の神経が死んでしまっている時に行うもので、チェックしながら歯を削っていきます。

予防には定期検診を

また、知覚過敏を予防するためにもクリニックでの定期検診は重要です。
いくら日ごろ完璧なセルフケアを行っていても自分で完全にプラークを取ることは不可能ですし、プラークはやがて歯石となりクリニックでしか取れなくなってしまうからです。
プラークや歯石は歯周病や虫歯の原因になってしまい知覚過敏にも関わってくるため、クリニックで定期的にチェックしてもらい、プラークや歯石を取ってもらいましょう。
虫歯や歯周病を早期発見し早期治療を行うことで知覚過敏も防止することができるでしょう。

まとめ

歯がしみる原因のほとんどは知覚過敏だと言われています。
ですが、他にもさまざまな原因があり、クリニックでもその原因を見つけられないことがあるほどです。
もし、歯がしみる状態が長引くことがあれば、一度クリニックで詳しく検査してもらって下さいね!

TOP