歯の健康を守る「正しい歯磨きの方法」

 

はじめに

毎日きちんと歯磨きをしていても虫歯になってしまう・・なんて経験ありませんか?

 

歯磨きの方法はいつの間にか身についてしまうため、正しいのかどうか分からなくなってきますよね?

でも、間違った方法で歯磨きをしていると、虫歯を治療してもすぐにまた虫歯になってしまうのです。

正しい歯磨きを行うことは虫歯予防に大切なことです。

ここでは正しい歯磨き方法や歯磨きの際にやってはいけないことなどをご紹介しますので、ぜひ今後歯磨きを行う際のご参考になさってみてくださいね!

 

歯磨きの重要性

歯磨きを行うことはお口の中の不快感を除去するだけでなく、とても重要な役割と意味があると考えられています。

 

歯石が付くのを防止する

プラークは歯石になる前のもので、歯磨きを行うと歯石が付くのを防止できます。

歯石は一度ついてしまうと、とても硬いため歯ブラシだけで取り除くことができません。

だからこそ、毎日プラークを歯磨きでキレイに取り除くことは大変重要なわけですね。

 

歯周病や虫歯を防止する

プラークには細菌がたくさん棲んでおり、その中には歯周病や虫歯の原因になる細菌も多いです。

そういった細菌類がお口の中で繁殖しないようにするためにも歯磨きは重要な役割があるのです。

 

正しい歯磨き方法とは

では、具体的にどういった歯磨き方法を行えばいいのかここからご紹介していきましょう。

歯磨きの正しい方法とは歯ブラシの毛先の部分を歯や歯と歯肉の境目に直角に軽くあて、軽く力を入れて小刻みに振動させるように磨いていくことです。

横だけでなく、上下にも歯ブラシを振動させ横向きだけでなく縦にも磨いていきましょう。

この時、一定方向に磨いていると磨けない部分がでてくるため、上下左右、さらに、回すように磨いていきます。

歯ブラシの毛先が開いたままの状態でいると効果が落ちてしまうため、早めにあたらしいものと交換するようにしましょう。

これが一般的に正しい歯磨き方法ですが、なんとなく磨いているだけではプラークを取り除くことができないため、自分の日ごろの磨き方を見直していただき、クリニックで自分に最適な歯磨きの方法を指導してもらうといいでしょう。

なお、歯周病の根本的な原因と言われているのがプラークなので、歯磨きでプラークを取り除けば歯周病を予防できますが、強く磨き過ぎたり、長時間磨いただけでは歯の周りに付いたプラークを完全に取り除くことはできません。
あまり強くプラークを取り除こうと磨いてしまうと、逆に歯や歯茎を傷つけてしまうため注意しましょう。

 

完全にプラークを取り除くために

クリニックで歯科医師や歯科衛生士さんなどの専門家に指導してもらうのが一番早道です。

お口の中や歯並びはそれぞれ人によって違うため、その人に合った歯磨き方法があります。

特に、毎日毎回食後の歯磨きをしていても虫歯になってしまったり歯周病になってしまう方は歯磨きの方法に問題がある場合が多いため、クリニックで一度正しい歯磨き方法を指導してもらい行うようにしましょう。

 

歯磨きの回数とタイミングとは?

クリニックでは1日2回は歯磨きするように指導していることが多いです。

それは起きた後と寝る前ですね。

虫歯菌がお口の中で繁殖するのは寝ている間だと言われていますが、これは寝ている間は唾液の分泌が減るからです。

唾液は虫歯菌を洗い流してくれる効果があるため、大変重要なものです。

朝起きると口の中が乾いていますが、これは起きてすぐはお口の中細菌でいっぱいだからで朝起きた時に口臭がきついのはこのせいです。

なので、朝起きた後すぐに歯磨きを行って細菌を除去するといいわけですね。

寝る前に歯を磨くのはできる限り細菌を取り除き夜活動を抑えるためで、その日摂った食事の食べかすを除去しておくことが大切だからですね。

食事のたびに歯を磨く人が多いですが、細菌の繁殖を防止するなら1日に2回が適当だと言えます。

もし、口臭が気になる方は1日2回の歯磨きをより丁寧に行えばいいでしょう。

 

やってはいけない習慣とは

歯磨き粉をつけすぎる

市販の歯磨き粉の中には磨きをよくするためのミントなどの清涼剤や発泡剤などが入っているので、つけすぎるとあまり磨けていないにも関わらず磨いたような気分になってしまいます。

なので、歯磨き粉をつけないで歯磨きを行うように指導するクリニックもあるほどです。

最適な量としては歯ブラシの毛先に小豆大ほどの歯磨き粉をつけることです。

日本では毎日歯磨きする人は9割程度、毎日2回以上磨く人が7割程度もいると言われており、歯磨きの回数は世界的にも多いと言われています。

ただ、1回当たりのかける時間が短いと言われているため、口の中が泡や唾液などでいっぱいになったら一度吐き出すなどし、3分間は最低でも磨くようにするといいでしょう。

 

歯ブラシしか使わない

歯と歯の間は虫歯にもっともなりやすい場所です。

その理由は細菌が繁殖しやすい場所にも関わらず、歯ブラシが届きにくいからですね。

日本でデンタルフロスを使う人の割合は2割程度で、歯科先進国であるスウェーデンでは5割以上となっており、日本の半分以下ですね。

実際に、12歳児の虫歯の本数は日本が2.4本に対し、スウェーデンは1.1本と半分以下となっています。

これは単にデンタルフロスの使用率だけとは言えませんが、使用することは大切だと言えるでしょう。

1日に1回は最低でも歯磨き後にデンタルフロスを使うようにしましょう。

歯間ブラシは部分的にしかプラークが取り除けないため、歯の側面をキレイにできるデンタルフロスをおススメします。

糸状のものが使いにくいと思う方は持ち手がついているものもあるので、ご自分が使いやすいと思うものを選んで使うようにしましょう。

 

まとめ

クリニックで定期的に検診を受けるのも大変重要ですが、最も大切なことは日ごろのご自分での歯磨きでしょう。

正しい歯磨き方法を身につければ一生歯周病や虫歯と無縁でいることができ、その結果、健康で過ごすことができるはずですよ!

ぜひ、ご参考になさってみてくださいね。

 

TOP