ホワイトニングの効果が出ない歯の特徴

はじめに

歯を白くしたいと思いホワイトニングをやってみたものの、お金をかけた割に理想の白さにできなかったという話を耳にします。

ホワイトニングと一言で言ってもさまざまな種類があり、施術を受けるのは人間なので効果もそれぞれ違ってきます。

ホワイトニングを行っても効果が出ない歯の特徴とはどういったものなのでしょうか?

今後ホワイトニングをやってみたいと思っている方のために、ホワイトニングの効果が出ない歯の特徴をご紹介します。

ホワイトニングとは

そもそもホワイトニングとは歯の色を明るくし、理想の白さにしていく施術です。

日ごろからきちんとブラッシングしていても、自然に着色してしまうため歯ブラシなどでは取り除けない汚れがあります。

そういった汚れを専用の薬剤を使って分解し、除去していくのがホワイトニングです。

このホワイトニングにはクリニックで行うオフィスホワイトニングと、クリニックの指示に従って自宅などで行うホームホワイトニングとがあります。

オフィスホワイトニング

まず、オフィスホワイトニングは最大の特徴が即効性の高さです。

1回の施術でかなりの効果を得ることができます。

通常の治療と同様クリニックの診察室でホワイトニングの施術を受けます。

オフィスホワイトニングの場合、施術するのは歯科医師または歯科衛生士ですので安心できます。

即効性が高いためすぐに歯を白くしたい、間近に大きなイベントがあるのですぐに歯をきれいにしたいという場合にオススメです。

ホームホワイトニング

いっぽうで、ホームホワイトニングはホワイトニング用の薬剤をマウスピースに入れ装着し歯を白くしていくものです。

最低でも2~3週間程度がかかりますが、じっくりと歯を白くさせるためホワイトニング効果が高いと言われており、持続性も非常に長いのが特徴です。

 ホワイトニングで白くならない歯の特徴

エナメル質が薄い

エナメル質が薄いと、その下にある象牙質の色が反映しやすいためホワイトニングを行っても白くなりにくいと言われています。

日ごろの食事やブラッシングなどでもエナメル質は少しずつ薄くなっていきます。

また、間違ったブラッシング法や粗い研磨剤の入った歯磨き粉を使ったり、かんきつ系の果物が好きだったりなどの方はエナメル質が薄くなる傾向があります。

エナメル質形成不全症の方もエナメル質が健康でないのでホワイトニングの効果が得にくいようです。

こういったエナメル質の薄い歯はまだらに白くなることもありますので注意しましょう。

 テトラサイクリン系の薬を飲んでいた

子どもの頃にテトラサイクリン系の薬を服用していたことが原因で歯が変色している方がいらっしゃいます。

この変色の場合、効果が得づらいことはもちろんですが、ホワイトニング後にしま模様ができたり不自然な白さになることがあります。

つまり、ホワイトニングの効果が出づらい歯だということになります。

変色がひどい場合はホワイトニングに適しませんが、軽度だとホワイトニングである程度白くすることが可能です。

ただ、テトラサイクリン系の薬を長期間飲んでいて歯の色が全体的に黄色くなっている場合はテトラサイクリン系の薬が原因なのかどうか分からないことがあるため注意が必要です。

加齢による変色

歳を取るにつれ歯に汚れが付着してしまったためホワイトニングを行っても効果が得られないとか、加齢のせいで歯の色が黄ばんで見えたり、濃く見えたりするなどという方は意外と多いです。

歳を取ると象牙質の色が濃くなってしまうことがあり、ホワイトニングでの効果が得にくくなります。

どうしても歯を白くしたい場合はクリニックでよく相談しましょう。

金属によって黒ずんだ歯

保険を使った被せものや詰めものに金属を使ったものがありますが、これらが長期間お口の中にあると歯ぐきの色が黒くなったり、紫になったりすることがあります。

歯の色が変わるというより、歯ぐきが黒ずんでしまったと言った方がいいでしょう。

こういった場合、ホワイトニングでは効果が出にくいので歯ぐきに付着したメラニン色素を取り除くガムピーリングという施術を行うといいでしょう。

このガムピーリングはたばこのヤニ汚れにも効果があるため、施術してみたいという方はクリニックで相談してください。

神経を取り除いている

歯の神経を虫歯治療などの際に取除いてしまっていたり、なんらかの理由で死んでしまっている歯だとホワイトニング治療で白くすることはできないと言われています。

このような歯を白くしたい場合、他の特殊なホワイトニングを行うかセラミックなどを被せるしかないでしょう。

クリニックでよく相談し施術法を選ぶようにしてください。

被せものや詰め物

ホワイトニングで効果があるのは天然の歯だけです。

保険治療で使われている詰めものや被せものだと着色しやすいので他の歯がホワイトニングで白くなってしまうと逆に目立ってしまうので注意しましょう。

ホワイトニングの効果を高めるには

歯石を取り除く

ホワイトニングの効果を高めるためには前もって歯石を除去しておくことがおススメです。

さらに、歯石を除去することで歯周病や虫歯も防止できるのでいいことずくめです。

施術にかかる時間は30分程度ですが、頑固な歯石がある場合は何度か通院する必要があるので前もって確認しておきましょう。

ホワイトニング直後は色の濃いものやたばこを避ける

ホワイトニングを行っている間、コーヒーや紅茶など色の濃いものを避けるようにしましょう。

目安としてはホワイトニング後最低でも2時間程度は色の濃いものを飲んだり、食べたり、たばこを吸うのはやめましょう。

そうすれば、ホワイトニングの効果を最大限に得ることができるはずです。

まとめ

ホワイトニングの効果が出にくい歯の特徴やホワイトニングを行う際の注意点などをご紹介しました。

ホワイトニングは歯を理想の白さにできる素晴らしい施術ですが、効果が出にくい歯があることを知っておきましょう。

ホワイトニングを受けたいけれど、ご自分の歯がここでご紹介した特徴に当てはまっていた場合はクリニックで一度ご相談されることをおススメします。

TOP