ホワイトニング期間中の注意点

はじめに

ニコッと笑った時の口元が美しいと、相手にいいイメージを与えることができます。
ですが、その一方で歯の色が気になると言う様な口元に自信が持てないと、大きな口を開けて笑うことができないはず・・。
歯の色が加齢や着色汚れによって汚くなっても、ホワイトニングを行うことできれいにすることができます。
そうすれば、笑顔に自信が持てるようになり精神的コンプレックスから解放されるでしょう。
ここではそんなホワイトニング中の注意点についてまとめてみましたので、美しい笑顔になるためのご参考になさってみてください。

歯の着色する原因とは

ホワイトニング中の注意点をご説明する前に、そもそもどうして歯は着色してしまうのでしょうか?
歯の着色汚れの原因はさまざまですが、最大の原因は日ごろの食生活にあります。
コーヒーや赤ワイン、カレーなど色の濃い飲食物を摂ると歯に色が付きやすいです。
他にもたばこや遺伝、加齢などによるものもあります。

ホワイトニングのメカニズム

では、ホワイトニングによって歯を白くするメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?
歯の表面にはエナメル質があり、そこに付いた着色物質をホワイトニング用の薬剤を使って除去します。
歯を溶かしたり、削ったりするのではなく着色物質のみを分解して取り除くものです。
薬剤が参加する際に酸素が発生して着色物質と結合し分解することによるもので、歯を本来あるべき白さにできます。

ホワイトニングとクリーニングの違い

クリーニングは保険を使って施術できますが、ホワイトニングは自費となります。
クリーニングは歯の表面に付着したプラークや歯石を取り除くもので、振動で汚れを落としたり、スケーラーを使って取り除きます。
歯の表面汚れはこれだけでも白くできますが、あくまでも歯の表面の汚れだけを取り除くものなので、元々歯の色が変色してしまっている場合にはクリーニングだけでは完全に白くできません。
いっぽうで、ホワイトニングとは歯そのものを白くしていく姓術です。
このホワイトニングにはクリニックで行うものと自宅でご自分で行うもの、その両方を行うもの・・とがありますが、すべて保険が使えないため自費診療になります。

  1. オフィスホワイトニング
    このホワイトニング法は歯の表面に薬剤を塗布し光を当てて歯を短時間で白く美しくする方法で、クリニックで歯科医師や歯科衛生士が施術を行います。
    治療の際、歯ぐきを保護しますが、その理由は漂白する歯を決めるのと同時に歯ぐきを薬剤から守るためです。
    準備ができたら、歯に漂白剤を塗って効果を上げるために特殊な光を当てていきます。
  2. ホームホワイトニング
    クリニックで専用のマウスピースを作ってもらい、それを自宅で寝る前などに薬剤を注入して歯に装着する方法です。
    このホワイトニング法だと1日2時間程度の施術で2週間ほどかかりますので、すぐに歯を白くしたい方はあまり向いていないホワイトニング法と言えますね。
  3. デュアルホワイトニング
    オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行う方法です。
    3つのホワイトニング法の中で最も効果が高いホワイトニング法と言われているため、すぐに白くしたい方や長期間白さを維持したい方におすすめのホワイトニング法です。

ホワイトニング中の注意点

痛みがあったらすぐに受診する

薬剤を塗布した後に数日経過しても痛みがなくならない場合や、ひどくなる場合にはクリニックを受診しましょう。
とは言え、薬剤によって多少痛みがあることもあります。
ただ、ほとんどの場合は数日程度で症状がおさまってくるはずで、痛みがおさまらないのには理由があるかもしれませんので注意が必要です。
最近ではネットなどでもホワイトニングキットを購入できますが、そのようなところで購入したものだと痛みが起きる場合があるため、すぐ使用を中止し、医師へ相談してください。
薬剤の濃度が高すぎると歯ぐきに刺激を与えたり、虫歯の痛みが強くなることがあるため、自己判断で使用するのは避けましょう。

薬剤が合わない場合相談する

刺激が強すぎるとか効果が得られない・・という場合にはご自分に使用している薬剤が合っていないのかもしれません。
クリニックによって使用する薬剤は違いますが濃度がさまざまあるので、変えてもらうよう相談してみましょう。
ただ、患者さんによっては薬剤そのものが体質に合わないこともあるため、治療中に気になることがあったらできるだけ早くクリニックで相談するようにしましょう。
また、治療前に薬剤の種類がどの程度あるのかなど、クリニックを比べて施術に進むことをおススメします。

飲食物に気をつける

ホワイトニング中は飲食物にも気をつける必要があります。
ホワイトニングでは薬剤によって歯の表面の着色を除去するため、歯の表面を保護しているぺリクルという膜が剥がれてしまうので、歯が非常に傷みやすい状態になります。
特にぺリクルが再生されるまでに24時間程度かかるため、それまでの間は飲食物には注意しましょう。
せっかく歯を白くきれいにしたのですから、できるだけ白さを維持するためにも次のことを守りましょう。
ホワイトニング中は酸性のものを摂ってしまうと、エナメル質が溶かされる脱灰が起き、歯の表面を荒らすため注意しましょう。
主な酸性の食品には次のようなものがあります。
炭酸飲料、スポーツドリンク、梅干し、タバスコ、ピクルス、赤ワイン、かんきつ系の飲みものや果物・・などです。
特に飲みものの場合うっかり飲んでしまうことがあるため注意しましょう。
なお、オフィスホワイトニングもホームホワイトニングもどちらもホワイトニング中の飲食物については注意が必要です。

まとめ

ホワイトニング中の注意点について理解していただけたでしょうか?
ホワイトニングしているしていないにかかわらず、食事を摂ったら必ず歯磨きを行って汚れを除去することが重要です。
また、日ごろから着色汚れを防止するにはしっかりとブラッシングすることに加え、定期的なクリニックでのクリーニングも重要です。
ホワイトニングできれいな口元になり、自信を持って大きな口で笑えるようになるといいですね!

TOP