ホワイトニングでも白くできない歯ってあるの?

はじめに

みなさんはご自分の歯の白さに自信がありますか?歯を美しく白くしたいと思ってホワイトニングをしたものの、「費用を掛けたのに思ったような白い歯にならなかった」という声を聞くことがあります。

ホワイトニングと一言で言ってもさまざまな種類がありますし、人それぞれ歯の色も状態も違っており、誰一人として同じ状態の人はいません。なので、ひとりひとりのお口の状態に合ったホワイトニングの方法があるはず。間違ったホワイトニングの方法を行ったところで理想の白さにすることは難しいです。

ここではホワイトニングで白くできない歯とはどういった歯なのか、他に方法はあるのかなどを具体的にご紹介します。

歯が変色する原因

外側からの着色の原因

歯の色が変わると聞くと黄ばみを想像するでしょうが、他にも黒っぽい歯や灰色っぽい歯、白っぽい歯・・などさまざまです。歯の色は表面ばかりが気になりますが、実際には内側がどういった色なのかが大きく関係してきます。

つまり、歯の変色は中と外の両方に原因があると言ってもいいでしょう。

まず、外側からの変色する原因は紅茶やコーヒー、ウーロン茶、ワインなどの色が濃い飲食物、たばこのヤニや薬の色素などが歯に沈着することによって起きると言われています。

内側からの着色の原因

歯の内側からの変色は加齢によって内側から黄色くなるものがあり、歯の象牙質という層の色が加齢と共に濃くなるため歯がきばんでくるそうです。

白い歯だと若く見えるのは若い人ほど歯が白いからなんですね。

ホワイトニングで白くできない歯

抗生物質の服用によって変色した歯

以前風邪薬に使われていたテトラサイクリン系の抗生物質を歯が作られる時期に服用すると、グレーがかった色になることがあります。また、エナメル質がきちんと作られないと、ホワイトスポットができることもあります。

最近ではこのテトラサイクリン系の薬は使われなくなってきていますが、大人の方でこの着色に悩んでいる方は意外といます。

 差し歯

保険を使って治療した差し歯は素材がレジンというプラスチックでできているため、治療したての頃は白くてきれいなのですが、少しずつ汚れが付いて表面以外に中にも染み込んでいくと言われています。

最終的に黄色く変色してしまい差し歯だということがすぐに分かるほどです。ですが、いったんついてしまった着色汚れはホワイトニング剤を使っただけでは白くできません。

なお、差し歯が着色する原因はさまざまで天然の歯と同様に食べものによるものや、経年劣化によるもの、プラークなどの菌によるものなどが挙げられます

天然の歯は唾液によって作られる膜で覆われているため着色がある程度防げますが、レジンにそのような効果はないことと、そもそも着色しやすい素材なので色が付きやすいと言われています。

色の濃い飲食物、たとえばコーヒーや紅茶などを摂っていると天然の歯と同様少しずつ色が付いてきます。さらに、たばこを吸うと着色しやすいので注意しましょう。

神経のない歯

歯の神経を虫歯治療などで取り除いてしまっていたり、なんらかの原因で死んでしまっている場合はホワイトニングで歯を白くすることはできません。

このような場合はセラミックを被せたり、特殊なホワイトニングを行うことで白くできる場合があるので、クリニックで相談してみましょう。

歯の表面に細かい傷や凹凸がある

歯を白く見せるためには光の反射も必要ですが、歯の表面に細かい傷やデコボコが多い場合は白く見えづらくなります。

歯にたての縞模様がある

歯の白や褐色のたて縞模様があるとそこは白くなりづらいと言われています。それどころか、逆にそこがホワイトニングを行うことで目立ってしまうこともあるそうです。

ところどころ白い斑点がある

ホワイトニングスポットと言われる白い斑点がある場合はホワイトニングを行うことで一時的に目立ってしまうこともあります。

 ホワイトニング以外で白くする方法

ラミネートべニア

では、ホワイトニングで白くできない歯を白くするにはどうすればいいのでしょうか?

ホワイトニング以外に歯を白くする方法にはラミネートべニアという方法があり、これは歯の表面を薄く削ってセラミック製の被せものを貼りつけていくものです。板のようなチップを歯の表面に貼りつける方法で、爪に付けるネイルチップのようなものですね。

ただ、歯を削る必要があることがデメリットです。

メリットとしては歯を白く見せることができ、短期間で治療を終わりたい・・という方に最適です。費用相場としては1本当たり10~15万円程度のことが多いです。

セラミッククラウン

次にご紹介するのはセラミッククラウンという治療法です。これは歯を削ってセラミックで作られた人工歯を上に被せていくものです。

セラミックの特徴は虫歯に非常に強く審美性が高いということがあります。また、光を透しやすく光沢のある質感なので、美しく錆びたり変形したりすることもありません。

セラミッククラウンがおすすめなのは金属アレルギーがあったり、長期間白さを維持したい、費用がかかってもいいので美しさをとことん追い求めたいという方です。費用の相場としては1本当たり8~20万円程度となっています。

ホワイトニング以外で白くする方法は時間とお金さえあれば、全部の歯に被せものをする・・というものまであるということになります。

ただ、ホワイトニングとこういった審美治療とを比べると、内容や歯に対する負担が基本的に違ってくるため症例数が豊富で専門的に行っている審美歯科だと安心して治療が受けられるでしょう。

まとめ

ホワイトニングができない歯とはいったいどういった歯なのか具体的にご紹介してみました。ホワイトニングができなくても歯を白くすることは実際には可能です。

もし、歯の着色が気になっているけれど実際にホワイトニングで白くできるのかと不安な方は無料カウンセリングなどに行っていただき、歯を白くできるのか、できない場合は他にどういった方法があるのかなどクリニックで聞いてみてはいかがでしょうか。

歯が白く美しくなれば笑顔が素敵に見え、結果的に自分に自信が持てるはずですよ!

TOP