セラミックを長持ちさせるために重要なポイント

はじめに

セラミックは審美性が高いため前歯などの目立つところにおすすめの治療法です。

金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

ただ、保険が使えないため費用が高くなりますが、どの程度の寿命なのでしょうか?

また、セラミックを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか?

ここではセラミックを長持ちさせる重要なポイントをご紹介します。

 セラミックのメリット

審美性の高さ

セラミックの最大のメリットはやはりその審美性の高さでしょう。

セラミックで治療すると歯の先の部分の透明感を再現できたり、歯の根元から先へのグラデーションを再現できます。

また、ホワイトニングの変わりにセラミック治療を行う方もいるほどです。

セラミックで治療すれば、天然の歯と見間違うほどの審美性の高い治療が受けられると考えてよさそうです。

消化吸収が高まる

セラミックで治療すると噛み合わせも改善されるため、しっかりと噛めるようになりあす。

そうすると、唾液などの消化液もしっかり出るようになるので消化吸収がアップし、健康的な食生活を送れるようになるはずです。

さらに、成績がアップしたり運動能力がアップしたという調査結果も報告されています。

特に、小さいお子さんの場合将来的にお口の中のトラブルが起きないようセラミックで治療することがおすすめです。

金属アレルギーの心配がない

セラミックは生体親和性の高い素材ですので、歯や歯ぐきになじみやすくお口の中で安定します。

金属を一切使わないので金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。

劣化しにくい

保険を使った金属製の被せもので治療すると、数年も経てば少しずつ変色してしまい黄ばんでくることもあります。

ですが、セラミックで治療すれば変色しにくいため、長期間審美性を保てますし、劣化しにくいのもメリットです。

やはり、同じ治療を受けるなら一度治療したところはずっときれいな状態で維持したいと思うのが当然です。

何度も治療をやり直すとなると費用面も肉体面でも負担がかかるので、そういった意味でもセラミック治療はおすすめです。

 セラミック治療にかかる費用

セラミックは保険を使った銀歯より費用がかかるので敬遠される方も多いです。

ただ、保険を使ってセラミック治療を行うことも可能で、前歯でセラミックを使う場合金属の裏打ちにプラスチックを貼り付けたものは保険が使えます。

一般的なセラミックインレーの相場は3~5万円程度で、ハイブリッドセラミックインレーだと3~4万円程度だと言われています。
セラミックは高価な素材ではあるものの、寿命との関係性をしっかりと考える必要がありそうです。

つまり、費用がかかったとしてもその後ずっと使えるものなら結果的に安上がりになるからです。

セラミックの寿命

では、セラミックの寿命はどのくらいなのでしょうか?

全てをセラミックで作ったオールセラミックはジルコニアに次いで強度が高く、寿命が長いと言われています。

オールセラミックの場合の寿命は10年程度ですが、20年以上も使っている方もいるほどで、非常に寿命の長い素材と言っていいでしょう。

セラミックを長持ちさせるポイント

噛みしめや食いしばりをやめる

寿命が長いセラミックですが、どういった使い方だとさらに寿命を延ばすことができるのでしょうか?

最も避けるべきなのが歯ぎしりや噛みしめなどのくせです。

無意識に奥歯を食いしばると、歯に非常に負担がかかると言われています。

歯ぎしりも同じなので、セラミックで治療する前にこれらのくせがある方は改善するようにしましょう。

セラミックは高強度な素材ですが、これらのくせによってセラミックで治療した歯にかなり負担がかかり、最悪セラミックが割れてしまうことがあります。

保険を使った銀歯の場合、土台は金属を使っているため歯自体や根っこが割れてしまうリスクがあります。

つまり、それだけ歯に負担がかかるということですね。

さらに、セラミックは衝撃に弱いので奥歯を食いしばったりするスポーツを行う方は割れやすいでしょう。

歯周病や虫歯を防ぐ

保険を使った治療と比較するとセラミックは接着剤とより密着するため細菌が侵入しにくいですが、お口の中が不衛生だといくらセラミックで治療しても歯周病や虫歯になることがあります。

特に、歯周病になってしまうと歯ぐきの状態が悪化するため進行具合によってはセラミックを外したり抜歯することがあるでしょう。

虫歯についてはセラミック治療を行うと虫歯菌が侵入しにくくなり、虫歯になる可能性が低くなると言われています。

ただ、可能性が全くないとは言いきれないので注意が必要です。

噛み合わせの悪さを改善する

セラミック治療を行った直後は正しかった噛み合わせも、次第にずれてくることがあり、噛み合わせが悪くなるとセラミックが割れたり欠けたりするので注意しましょう。

メンテナンスをしっかりと行う

セラミックの寿命は長いと言いましたが、治療を行ったらしっかりとメンテナンスしないと、寿命が短くなることがあります。

お口の中の環境がいい状態なら20年以上はもつでしょうが、状態が悪いと劣化するのが速いです。

また、たばこを吸う方はセラミック自体変色することもありますが、歯周病などによって健康な歯自体が悪くなる場合もあります。

対策としては日ごろのブラッシングをていねいにすることは当然ですが、たばこをやめたり、クリニックで定期的に検診を受け歯石を取るなどすることが大切です。

このように、セラミックは耐久性の高い素材ですが保険が使えないので治療するとなると費用が高くつきますが、寿命と費用との関係を考えるとコストパフォーマンスが高い素材だと言えるでしょう。

まとめ

セラミックを長持ちさせるにはどうすればいいか、セラミックのメリットなどをご紹介しました。

セラミックで治療したいけれど費用が高くつくため躊躇している方は多いと思いますが、総合的に考えると長く使える素材なのでコストパフォーマンスが高いと言いきれます。

ぜひ、これを機会にセラミックを治療の選択肢の1つにして下さい。

その快適さに驚くこと間違いなしですよ!

TOP