セラミックの種類とそれぞれのメリットデメリット

はじめに

 

まるで天然の歯のような透明感があるセラミック。
銀歯に比べ耐久性もあり審美性、機能性共に兼ね備えた優れた治療法として知られています。
そんなセラミックは被せものや詰めものとして使われていますが、銀歯とは違い、自費治療となるため治療費がかさむことがデメリットだと言われています。
ただ、セラミックにはさまざまな種類があり、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
ここではそんなセラミックの種類やメリット、デメリットをお教えしますので、ご自分に合ったものを選んでいただき治療の際に役立ててみてくださいね。

 

セラミックの種類

ジルコニア

歯科医療で使われているジルコニアは人造ダイヤモンドと同じ元素で、美しさと強度を兼ね備えた素材として知られています。
欧米では白い金属とも呼ばれているそうです。
また、医療分野以外にも工業用や家庭用素材など、広範囲に使われている素材です。
メリットとしては金属同様の強さがあり、腐食の心配がなく整体親和性が高いことが挙げられます。
歯科医療分野で日本では2005年に認可がおりたため、ジルコニアを使ってオールセラミッククラウンの内部に使用することが可能になりました。
このジルコニアの最大のメリットは曲げ強度だと言われており、ジルコニアが強い理由はこの曲げ強度が高いことによるものです。
わかりやすく言うと、普通の木と竹の木のようなもので竹の木はしなやかですが強度に優れています。
ジルコニアもミクロ単位でかかる力を分散して吸収する・・という特性があります。
いっぽうで、ジルコニアのデメリットとしては硬いため治療後にトラブルがあった場合、取り除くのが大変難しいことが挙げられます。
また、特殊な機器を使って削り出すため複雑な形状のものを作るのが難しいことと、専用のセメントを使う必要なこと、外側は普通のセラミックなので割れるリスクがある・・ことなどがあります。

メタルボンド

メタルボンドは裏側が金属でセラミックを焼き付けたものです。
歴史のある素材として知られており、現在もさまざまなクリニックで使われています。
透明性に関して言えばオールセラミックに比べて劣るものの、耐久性と色調はまずまずです。
また、天然の歯の色合いに似ていることや、内部が金属なので強度に優れており割れづらく、さまざまな部位に使用することなどがあります。
さらに、強度に優れているため咀嚼力の強い方にもある程度使うことができます。
いっぽうで、デメリットとして歯の裏側から金属が見えてしまうこと、色味についてはオールセラミックと比べて劣ること、金属を使っているため歯と歯ぐきとの境目や歯ぐきが黒ずむ心配がある、噛み合わせの状態によっては天然の歯の透明感を回復するのは難しいこと・・などがあります。

オールセラミック

オールセラミックは白く透明感があり、まるで本物の歯のような美しさが回復できます。
そもそもセラミックは陶器なので、金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。
また、歯ぐきとの相性がいいと言われており、変色しづらい特性があります。
ですので、詰めものとしても自然に仕上げることができます。
デメリットとしては自費診療のため費用が高額になるので治療する場合はよく考えてから行う方がいいでしょう。
また、陶器なので強度は低く奥歯に向いていないことが挙げられます。
前歯に使った場合も欠けてしまうことがあるので、歯ぎしりする方はマウスピースを使った方がいいかもしれません。

ハイブリッドセラミック

この素材はプラスチックの手軽さとセラミックの審美性を兼ね備えた素材です。
素材を混ぜることで費用を安くすることができます。
1本当たりの費用は4〜12万円程度で自費診療の人工歯の中ではかなり安く治療できるのがメリットでしょう。
デメリットとしては劣化が激しく少しずつ変色したり、透明感が損なわれたり・・など、審美性の持続する期間が短い点が挙げられます。
ただ、柔らかいため他の天然の歯を傷つけないというメリットがあるものの、耐久性に劣るというのがデメリットです。

セラミックの選び方

ではセラミックで治療したい・・となった時、どういう視点で選べばいいのでしょうか?

  1. 審美性で選ぶ

    人工歯で治療したことを人に知られたくない、見た目がきれいな素材を選びたい・・という場合には自費診療になるものの、セラミックを使った人工歯で治療することをお勧めします。
    つやや色合いの再現性では最も天然の歯に近い仕上がりになるからです。
    ただ、耐久性については劣るため、寿命を伸ばしたい・・という方は審美性と強度のバランスに優れたメタルボンドやジルコニアを選ぶといいでしょう。

  2. 強度で選ぶ

    強度に優れていて長持ちする人工歯と言うと、オールジルコニアなどがあります。
    天然の歯との親和性という観点から言うとやや劣りますが、耐久性に優れているためおススメです。

  3. アレルギーがあるかどうかで選ぶ

    金属アレルギーがある方は症状が起こる可能性がある素材は選ばない方がいいでしょう。
    ただ、金属アレルギーはある日突然発症すると言われています。
    現在はアレルギー症状がないと言っても、いつ金属アレルギーを発症するかは分かりません。
    人工歯はいったん治療するとずっと使うものなので、慎重に選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
セラミックと一言で言ってもさまざまな種類があり、それぞれに特徴、メリットやデメリットがあることをお分かりいただけたでしょうか?
ただ、どのセラミックにも共通する点は銀歯などと比べて審美性が高く美しく治療できるという点でしょう。
日々新しい技術が開発されており、一部ですが保険が使えるものも出てきていますので、今後ますます費用が安くなることが期待されます。
ただ、今だにセラミックは高価なものがほとんどでクリニックによって扱っているものが違っているため、しっかりとクリニックで相談した上で治療に臨むようにしましょう。
ここでご紹介したセラミックの種類やメリット、デメリットなどを理解していただき、治療の際のご参考になさってみてくださいね!
セラミックを使った治療でみなさんの歯が白く美しくなることを願っています!

 

TOP