歯や歯ぐきの変色の原因とセラミックがおすすめな理由

はじめに

みなさんは笑った時に見える歯や歯ぐきの色に自信がありますか?歯や歯ぐきが変色する原因にはどういったものがあるのでしょうか。

ここではそんな原因やセラミック治療がおすすめの理由についてご紹介します。

ご自分の歯や歯ぐきの色が気になる方はぜひ最後まで読んでみて下さいね!

歯の変色の原因

色の濃い飲食物

色の濃い飲食物を摂ると、歯にステインが付きやすくなります。飲食物の色素はいったんついてしまうと、歯磨きだけでは取れないほど強力についてしまうと言われています。

例を挙げますと、紅茶、コーヒー、赤ワイン、ココア、カレー、ケチャップ、キムチ・・などですね。

抗生物質

テトラサイクリン系の抗生物質によって歯の象牙質の色が変色することがあります。

永久歯が生えてくる頃にテトラサイクリン系の抗生物質を長期間飲んでいると象牙質に色素沈着が起き歯の色が濃くなったり、縞模様が現れたりするそうです。

色はさまざまで、オレンジやグレー、茶色・・などがあると言われています。

変色がひどい場合はクリーニングやホワイトニングでは白く戻すことが困難な場合があります。

また、全身疾患などによっても歯の変色が起こると言われていますので、気になる方はクリニックで相談してみるといいでしょう。

フッ素

エナメル質が作られる時期に大量にフッ素を摂ると、歯が茶褐色になったり、白い斑点が現れることがあります。

この斑点はホワイトニングを行っても目立ってしまうことがあるため、クリニックで診てもらうようにしましょう。

茶褐色や斑点がひどい場合はホワイトニングできないことを理解しておきましょう。
このような場合、セラミック治療なら白くすることができます。

どの治療法がご自分にぴったり合っているのかを歯科医師に相談して決めるようにしましょう。

喫煙

飲食物の他に歯の変色の原因になるものに喫煙があります。たばこに含まれているタールは歯の表面のぺリクルと結合しやすいと言われています。

ただ、たばこを吸ってすぐに変色するわけではなく、ブラッシングをすれば取り除けるものの磨き残しがあるとそこにタールが付着し少しずつ色が付いていきます。

ドライマウス

お口の中が乾燥すると、歯に色が付いてしまうと言われています。

その理由は唾液の洗浄効果が弱まるからで、本来ならつかないはずのステインやプラークが付着するからです。

また、口呼吸も同じで口呼吸を治したり、ドライマウスを治療する必要が出てきます。

加齢

歳を取ると歯の色が黄ばんでくると言われています。

本来象牙質は黄色ですが、歳を取るとそれが国なっていきブラッシングなどでエナメル質が薄くなるため、象牙質の色が透けてきます。

これらは生活する上でやむを得ないことですが、ホワイトニングやセラミック治療で改善することができます。

歯の神経がない

虫歯治療などで神経を除去してしまった歯や、知らない間に神経が死んでしまった歯は時間の経過と共に黒くなります。

神経が死んでしまった歯は歯の内部から黒くなっているので、きちんと治療する必要があります。

歯ぐきの変色の原因

喫煙

たばこにはニコチンやタールが含まれており、タールはメラニンを生成する細胞を刺激すると言われているため、メラニンが大量に作られます。

また、ヤニが歯ぐきに付着すると変色が起きると言われています。

たばこを吸う方の部屋は壁紙が黄ばんでいますが、それと同様のことがお口の中でも起きる・・というわけですね。

このたばこが原因で歯ぐきが変色している場合は歯ぐきのピーリングでキレイにすることができます。

歯周病

歯ぐきの変色の原因には歯周病によるものもあります。

歯周病にかかっている歯ぐきは炎症によって赤くなりますが、進行に伴って炎症がひどくなり赤紫から黒へと変わってきます。

これは歯ぐきの炎症に伴って歯ぐきの中の血管の血流が悪くなることで起きると言われています。

ですので、歯周病治療を適切に行うことで変色を改善することがあります。

セラミック治療がおススメの理由

自然な白い歯を手に入れられる

セラミックの最大のメリットは審美性だと言っていいでしょう。銀歯だと見た目が悪いのは言うまでもありません。

セラミックにはつやがあり、作成時にご自分の歯の色に合わせられ天然の歯のような仕上がりが実現できます。

虫歯になりにくい

大人の虫歯の原因はブラッシング法ではなく、歯と歯の間から虫歯になったり、詰めものや被せものの下で虫歯が進行することが多いです。

銀歯などが劣化すると隙間ができてしまい、虫歯菌が侵入しやすくなります。

いっぽうで、セラミックだと歯との密着性が高いですし表面がツルツルしていて経年劣化がほとんどないので、二次虫歯の心配がないのがメリットです。

どの程度の使えるのかと言いますと、銀歯の平均寿命が7年であるのに対しセラミックは10年程度、適切なケアを行えば20年は持つとも言われています。

歯ぐきが黒ずみにくい

銀歯で治療すると歯ぐきが黒ずんできた・・ということを経験したことはないでしょうか?

その原因は銀歯に含まれる金属成分がお口の中に溶け出してしまい、きれいな色だった歯ぐきや白い歯までも黒ずんでくるからです。

ですが、セラミックで治療すれば水分があっても安心な素材なので金属も溶け出す心配がなく、歯や歯ぐきが変色することはありません。

金属アレルギーの心配がない

金属の詰めものや被せものをお口の中に入れると、水分と反応してしまい金属イオンになり溶けだすため金属アレルギーの心配があります。

セラミックは陶器なので金属アレルギーの心配がありません。

金属が溶け出すことにより起こる歯ぐきの変色は除去しづらいと言われています。

これを改善するには歯ぐきのピーリングを行う必要があります。

まとめ

歯や歯ぐきが変色する原因やセラミック治療がおすすめの理由についてまとめてみました。

セラミック治療が選ばれる理由には審美性だけでなく、金属アレルギーや虫歯のリスクを軽減できることなどがあります。

もし、今後歯や歯ぐきの変色によって治療を受けることがあれば、セラミック治療を選択肢の一つとしてお考えになってみてはいかがでしょうか?

TOP