見た目も機能も安心!銀歯をセラミックにするべき理由とは

はじめに

みなさんは虫歯になった時、それを補うものとして銀歯とセラミックどちらを選びますか?
見た目に美しいセラミックで治療したいと思うことがあっても、治療費が高いのでなかなか踏み切れませんよね?
銀歯は丈夫で治療費も安く済む素材ですが、審美性に欠けていたり、金属アレルギーの方は使用できない・・など、さまざまなデメリットがあります。
また、合わないままで使い続けると、お口の中の環境が悪化して歯周病や口内炎、虫歯などのリスクが高まります。
ここでは銀歯をセラミックにするべき理由とはどういったものなのかをまとめてみました。
現在銀歯に不具合がある方や、セラミックで治療をしたいと思っている方は参考にしてみてください。

銀歯のデメリット

そもそも銀歯で虫歯治療すると、どういったデメリットがあるのでしょうか?
銀歯とはその名前のとおり銀色なので、白い歯の中にあると目立つというデメリットがあります。
それが気になるあまり大きな口で笑ったり、会話できない・・という方も多いです。
さらに、金属がお口の中で溶け出すと歯ぐきが黒すみ余計目立ってしまいます。

  1. 金属アレルギーの方は使えない
    歯は金属をお口の中に入れるので、金属アレルギーの方は使えません。
    お口の中には常に水分があるため金属が溶け出し、それを飲み込むと体の中で蓄積されてしまい金属アレルギーを起こす場合があります。
    アレルギーなので、これまでは全く問題なかった方でもある日突然なる場合もあります。
    症状としては口の中が赤くなるほか、口以外の手や足などに症状が出る場合もあるそうです。
    また、軽度なものから重度なものまでさまざまだと言われています。
  2. 中で虫歯になりやすい
    銀歯は、接着するわけでなくすき間を埋めているだけだというのが実際のところです。
    しかも、付ける際の使用するセメントは少しずつ溶けだすのですき間ができるのは当然ですよね?
    そのすき間に細菌が入り込んでしまうことで虫歯になりやすいということになります。

セラミックのメリット

ここではセラミックで治療することで得られるメリットについてご紹介しましょう。

  1. 金属アレルギーでも使える
    銀歯の詰めものは経年劣化により、金属が歯や歯ぐきに溶け出してしまい黒ずむことがあったり、金属アレルギーだと慢性的な口内炎になることがあります。
    つまり、銀歯だとお口の環境を悪化させることがあります。
    いっぽうで、セラミックは陶器と同様の素材でできているため体に優しく、金属アレルギーの心配もないので安心して治療に使うことができます。
  2. 歯ぐきが黒くならない
    銀歯だと歯と歯ぐきの境い目が黒ずんでしまうことがあり、それが元通りになることはないと言われています。この黒ずみが気になるあまり人前で笑ったり、話すのがいやになってしまうかもしれません。
    ですが、セラミックなら耐久性が高いため長期間使っても黒ずむ心配はありません。
  3. 審美性や耐久性が長期間持続する
    素材によって強度に違いがあるものの、汚れがつきづらく美しい状態を長期間保つことができるのもセラミックのメリットです。
  4. その日のうちに作成できる
    クリニックにセレックという専用の機器がある場合、その日のうちに短い時間でセラミックの詰めものを作成できるのもセラミックのメリットでしょう。
    いっぽうで、銀歯を作成する際には手作業によって歯型を取り、模型を作って歯科技工士に頼み完成までに時間がかかります。
    でも、セラミックなら全ての行程をコンピューター上で行えるので、1つの歯なら1時間程度で作ることができるのです
    また、製作する上での精度がとても高いので歯と詰めものとの間にほとんどすき間ができません。もし、クリニックに専用機器がない場合には製作するのに数日程度かかりますので、その日のうちに治療を希望する場合には前もってクリニックに確認しておきましょう。
  5. 天然の歯同様の仕上がり
    セラミックは透明感の高い素材ですので非常に審美性が高く、まるで天然の歯のような美しい仕上がりが期待できます。また、周囲の歯と違和感なくきれいな仕上がりにできるので銀歯のように笑ったり、会話する際に目立つこともありません。さらに、変色しづらいため白さを長期間持続させられるのもメリットです。
  6. 虫歯になりにくい
    セラミックを使う際には強力な接着剤を使って歯と一体化させるため、詰めものとの間にすき間ができません。それに、セラミック自体は劣化しないためすき間から虫歯が進行することもなく、一体化しているため新しく治療する際にも銀歯のように外す手間もいりません。
    セラミックの表面は天然のツルツルしているので汚れが付着しづらくなっており、たとえ汚れが付いてしまってもブラッシングするだけで簡単に落とすことができるので衛生的です。

セラミックを使った治療の費用

虫歯の治療材料として優れた素材であるセラミックはさまざまなところで使用することができます。
詰めものとしても、被せもんとしても使うことができますが、使う場所によって値段が違ってきます。

  • 詰めもの
    ハイブリッドセラミックインレーだと3万円程度で、オールセラミックインレーだと4万円程度だと言われています。
  • 被せもの
    被せものの値段は詰めものの2倍程度だと考えておきましょう。
    前歯についてはセラミックを貼りつけるラミネートべニアというものもあり、これだと歯を削る量も少なく済みますし、見た目がきれいな治療ができ8万円程度で行えます。

まとめ

虫歯ができ詰めものや被せものの材質を決定する際、見た目と値段を最優先しがちですが、それより優先すべきことがあります。
それは治療箇所がまた虫歯にならない、金属アレルギーの心配がない、耐久性が高い・・などです。
つまり、多角的な視点で見た時にメリットが多いかによって最善の治療法を選ぶことが重要です。
詰めものや被せものの治療をすると、その後取れたり欠けたりするのは当然です。
ですが、取れてしまったらどうすればいいのかなどを前もって知っておけば、ある程度冷静に対処できるでしょう。
虫歯は再発しやすい病気なので、予防することを最優先に考えて日ごろのケアを適切に行いましょう。

TOP