失敗しないセラミック治療法の選び方とは

はじめに

最近広がりつつあるセラミック治療ですが、どういったセラミック治療法を選べばいいのか分からない方は多いでしょう。
セラミック治療と一言で言ってもさまざまな種類があるため、ここではその種類についてや、どういったポイントを押さえて選べばいいのかをご紹介します。

セラミックとは

セラミックは白くて美しい、金属アレルギーの心配がない、自分歯と区別がない美しさ・・など、セラミック治療のメリットは多く、多くのクリニックで行われるようになりました。
保険は使えないけれど、セラミック治療で歯を白くきれいに治療したいと考える人は増えています。
ただ、セラミックとはどういったものなのか具体的に説明できる方はそう多くはないようです
そもそもセラミックとはどういった素材なのでしょうか?

 

ここではセラミック治療とはどういったものかをご説明します。
虫歯で被せものや詰めものをする際に使われるものにはプラスチックや金属などが挙げられますが、これらは経年劣化があったり、金属は歯ぐきを変色させたりします。
このようなデメリットを補うのがセラミックという素材です。
セラミックは人体に対する有害性が低く、歯の色に似ているため虫歯治療に使われたり、審美歯科治療でも多く使われています。

補てん物の種類とは

セラミック治療の種類をご説明する前に、補てん物の種類についてご紹介します。

  • クラウン
    これはセラミックの被せもののことで、大きな虫歯や変形や変色の多きい場合に使われます。
  • インレー
    虫歯や歯の白い斑点などの治療の際に削って詰めるものです。
  • ラミネートべニア
    歯の表面を薄く削って人工の歯を接着します。
    歯の変色を治療する場合、歯と歯のすき間を補うのに使ったりします。
  • ブリッジ
    なくなった歯の両側の歯を削って人工歯と両隣にクラウンを被せてつなげる治療です。

セラミック治療の種類

  1. ハイブリッドセラミック
    これは保険を使って治療するレジンにセラミックを混ぜて作ったものです。
    周りの歯にダメージがほとんどないメリットがありますが、オールセラミックと比べると劣化しやすく変色しやすい特徴があります。
  2. オールセラミック
    金属を全く使わず、クラウン全部がセラミックでできているものです。
  3. メタルボンドセラミック
    セラミッククラウンの中に金属を使って、外にセラミックを焼き付けたものです。
    見た目は天然の歯とほとんど変わらない仕上がりになっています。
    ハイブリッドセラミックより自然な白さで、経年劣化による変色もほとんどありません。
    また、着色汚れが付きづらく落としやすい特性があります。
    ブリッジなどの強度を必要とする奥歯の治療に使われるものですが、クラウンの中にある金属が見えてしまうのがデメリットです。
    色調調節がしやすく光を透しやすいので、天然の歯と見分けがつかないほどきれいな仕上がりです。
    また、金属アレルギーの方でも使用できるメリットがあります。
    歯ぐきが変色する心配もないですが、強い衝撃がかかると欠けてしまうことがあります
  4. ラミネートべニア
    歯の表面を薄く削ってそこにセラミックを貼りつける治療法です。
    神経が死んで黒くなった歯や、白い斑点が目立つ歯などを天然の歯のようにきれいに仕上げることができますし、歯を削る量はほんのわずかなので自分の歯のように仕上げられます。
    ただ、元も歯の色が濃い場合にはその色が透けてしまうため白さを望めないことがあります。
  5. ジルコニアセラミック
    ジルコニアとはセラミックの3倍以上の強度としなやかさを持つセラミックの一種で、クラウンの中にはジルコニアを使って外側はセラミックを使います。
    これは虫歯治療の際に残された歯の本数が少ない場合、神経を抜く治療をした場合に土台を作りクラウンを被せていくものです。土台部分に金属が使われていると、オールセラミックの場合は金属が透けてしまうことがあります。
    ですが、ジルコニアだと金属の色を隠す効果があるので、オールセラミックよりきれいな仕上がりが望めることもあります。土台にも金属ではなくジルコニアを使うことも最近では増えてきたようですね。

セラミック治療を選ぶポイント

では、具体的にセラミック治療を選ぶ際にどういったポイントを押さえればいいのでしょうか?
どこまで被せるか、お口全体の噛み合わせ、もともとの歯の色や形状はどうか・・などのお口の中の状況を適切に判断した上で治療法を選ぶ必要があるため、かかりつけのクリニックでよく相談しましょう。
また、セラミック治療を受けた後長期間キープできるかどうかもポイントです。
そのためには素材選びに加えアフターケアも重要でしょう。
プラスチックを含まないオールセラミックはおすすめです。
金属やプラスチックが含まれている場合、治療後数年程度経つと歯ぐきが変形したり、変色したり、黒ずんだりします。
それは金属の成分が歯ぐきにしみ出したり、プラスチックが吸水することによるものです。
オールセラミックは金属やプラスチックを含んだものと比べると費用がかさみますが、長期間美しく白く保てますし、変色などによって再治療する必要がありません。

アフターケアも重要

また、セラミック治療を受けたらアフターケアをきちんと行うことも大切です。
アフターケアを定期的に受けることでいつまでもきれいな状態を保つことができます。

また、噛み合わせなどによってセラミックが破損してしまうリスクを軽減できます。
美しい状態をずっと保つためにはアフターケアには十分気を配りましょう。

まとめ

セラミック治療を選ぶ際にはかかりつけのクリニックでよく相談した上で、メリットやデメリットも理解し治療を受けるようにしましょう。
さらに、それ以前に今後虫歯にならないよにするにはどういったことに注意するべきか、歯周病で歯を失わずにするにはどうするべきか・・など、予防を行うことも大切です。
セラミック治療など質の高い治療法を受けても、ご自分のお口の中の状態をきちんと管理できなければ、今後またトラブルが起きるはずです。
ご自分の歯を守れるのは自分しかいません。
ぜひ、ここでご紹介したことを理解していただき、セラミック治療を受ける際のご参考になさってみてくださいね。

TOP