インプラントが必要なケースとそうでないケースとは

はじめに

最近インプラント治療が注目されていますが、必要なケースとそうでないケースにはそれぞれどのようなものなのでしょうか?

なくした歯を補うために健康な歯を取り戻せるインプラント治療は優れた治療ですが、どんなケースでも全てインプラント治療を行うというのには無理があります。

インプラント治療を行うには治療期間が長くなりますし、外科的手術が必要になるので、適さない人がいるのも事実です。

ここではインプラント治療が必要なケースとそうでないケースについてそれぞれご紹介します。

インプラント治療が必要なケース

入れ歯やブリッジが合わない方

インプラント治療は入れ歯やブリッジが合わない方に適していると言われています。

入れ歯を入れてもガタガタして違和感がある、食べものが詰まって食べづらい・・などの不満がある方は多いです。

ですが、インプラントなら骨にしっかりと固定されるので見た目が自然でまるでご自分の歯と同様に噛めるので、ブリッジや入れ歯が合わない方にオススメです。

見た目が気になる

また、見た目の問題ですぐに入れ歯を入れているのが分かるとか、金具が見えるのが嫌だという方もいらっしゃいます。

ただ、インプラント治療だと自費診療になるため費用が高額になります。

さらに、入れ歯だと面倒なのでインプラント治療を希望する方もいらっしゃいますが、インプラントも日ごろからブラッシングをていねいに行ったり、定期的にメンテナンスを行う必要があるためしっかりとケアができない人には向いていません。

健康な歯を削りたくない

インプラント治療を行うと健康な歯を傷つける心配がないので、ブリッジとは違い両隣の健康な歯を削りたくない人にもおススメです。

また、ブリッジ治療が不可能な一番奥の歯もインプラント治療なら可能です。

つまり、インプラント治療ならブリッジや入れ歯で治療が満足できない方に適した治療だと言っていいでしょう。

 インプラント治療が必要でないケース

骨の量が少ない

インプラント治療はあごの骨に直接インプラント体を埋め込む必要があるため、あごの骨の量が少ない場合は骨を移植する必要がある場合があるため向いていないと言えるでしょう。

全身疾患がある

インプラントの外科的手術を行う場合、出血する場合もあるため全身疾患があるケースでは向いていない場合があります。

インプラント治療に不向きな全身疾患を挙げてみますと、糖尿病があります。

血糖値が非常に高い場合免疫機能が正常に働かないため、治療を行って改善してからインプラント治療を行わなければなりません。

また、心筋梗塞の方は体への負担がかかりますし、血液をサラサラにする薬を飲んでいるため、出血しやすくなるので避けた方がよさそうです。

肝臓病の方も肝機能の低下がある場合、手術中に出血しやすいことや、服用しているお薬により肝臓に負担がかかるので向いていません。

人工透析を行っている場合もインプラント治療には不向きです。

人工透析を行っている間は出血しやすいと言われているからです。

以上がインプラント治療を避けた方がいい全身疾患の例です。

たとえインプラント治療が可能であっても、良好な状態に調整されていなければなりません。

他に全身疾患がある場合はかかりつけのクリニックできちんと相談した上で治療できるかどうかを判断してもらいましょう。

歯周病や重度の虫歯の方

インプラント治療を行う場合、治療に悪い影響を及ぼす重度の虫歯や歯周病などがある場合、その治療を最優先にする必要があります。

インプラントはあごの骨に支えられるので、骨が吸収される疾患である歯周病は問題外です。

もちろん、インプラントは人工物なので虫歯にはなりませんが、歯周病の歯が治療されないままだとインプラントの周りに汚れが溜まるのでインプラント周囲炎になりやすいです。

そうなると、最悪インプラントが脱落してしまうこともあります。

そのため、インプラント治療を受ける前にはクリニックでしっかりと歯周病や虫歯をチェックしてもらい、常にお口のケアを行うようにしましょう。

もちろん、残された健康な歯をできるだけ長く使うためにも日ごろのブラッシングは必要不可欠です。

妊娠している

インプラント手術の後やレントゲンを受けたくないなどのケースででは出産後にインプラント治療を受けた方がいいでしょう。

たばこを吸う方

たばこを吸うと、歯周病になりやすいためインプラント治療にとっても悪影響があります。

たばこを吸うことで血管が収縮し、お口の中の粘膜の血流が悪くなるため体全体の免疫力が低下すると言われています。

そのため、インプラント治療後の傷の治癒が遅れたり、歯周病が治りにくかったり、インプラント周囲炎になりやすかったりなど、インプラント治療を失敗しかねません。

当然、残された健康な歯をできるだけ長期間使い続けるためにも、たばこを吸っている方はインプラント治療をきっかけに禁煙するようにしましょう。

20歳以下の方

20歳以下の方もインプラント治療には不向きです。

1996年にスウェーデンで行われた会議でインプラント治療はあごの骨の成長に対応しないため、あごの骨の成長が終わった後に治療を行うと結論づけられたそうです。

人間の下のあごは成長期に前の方に伸びていきますが、下のあごの骨に埋まっている歯も少しずつ成長に伴い位置が変わっていきますが、インプラント治療を行うとそれが阻害されるためはじめに埋めた位置が成長後にずれてしまうと言われています。
ということから、20歳以下の方はインプラント治療には向いていないということになります。

まとめ

インプラント治療が必要なケースやそうでないケースについて具体的にご紹介しました。

入れ歯やブリッジ治療を行ったものの違和感があったり、見た目が気になる場合など、インプラント治療が必要なケースと言っていいでしょう。

いっぽうで、全身疾患があったりたばこを吸っている場合はインプラント治療には向いていないため治療は避けた方がよさそうです。

今後インプラント治療を受けようと思っている方はぜひ、ここでご紹介したことをご参考にしていただければと思います!

TOP