インプラント治療を受けることができる人とできない人

はじめに

歯を失ってしまった場合の治療法としてブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。

最近この中でも特にインプラント治療を選ぶ方が増えていますが、すべての人がこのインプラント治療を受けられるわけではありません。

ここではインプラント治療を受けられない人と受けられる人についてご紹介したいと思いますので、インプラント治療に興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

インプラント治療が受けられない人

18歳以下の方

18歳以下の方はあごの骨がまだ成長途中です。

インプラント治療は長期間にわたる治療なので治療中もあごの骨が成長し続けますので、治療が終了した後あごの骨の成長具合によってはインプラントに不具合が起きる可能性があります。

こういったリスクがある限りインプラント治療は避けた方がよさそうですね。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪い方はインプラントに強い力がかかり過ぎることによってインプラントの寿命が短くなるので適していません。

インプラントがぐらつきだしてしまい、最終的に抜け落ちる可能性があります。ただ、こういったケースでも噛み合わせを改善することで治療ができる場合もあります。

また、噛み合わせの悪さは全身へも悪影響を及ぼすので、インプラント治療を行う行わないに関わらず治療しておくと良いでしょう。

骨密度が低い

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む治療なので、骨密度が低かったり、骨が弱い方は不向きだと言われています。

また、歯周病により骨が溶けてしまっている方も治療には向いていないと言えるでしょう。

骨量が足りないと判断された場合でも骨を移植することでインプラント治療が可能になることもありますので、クリニックで相談してみましょう。

また、骨密度が低いため骨粗しょう症の薬であるビスフォスフォネート系の薬剤を飲んでいる方や注射している方、過去に行っていた方はインプラント手術や抜歯の際に骨が壊死することがあると言われています。

お薬の服用や種類、期間などによって治療できる場合もあるため、クリニックで前もって相談するようにしましょう。

腎臓病

腎臓病の方は免疫力が落ちやすいため、傷が治りにくいと言われています。インプラント治療では基本的には2回の外科的手術が必要で、その際に出血することもあります。

特に、重度の腎臓病の方で人工透析を行っている方は骨が脆くなっている上に臓器に細菌が回りやすくなっているため、インプラントは難しいでしょう。

軽度の腎臓病ならまだしも、人工透析を行うほど重度の場合は手術の際に大きなリスクが伴います。

血糖降下剤やインスリン注射を行っている

インプラントを埋め込む本数や、難易度によって治療後に食事制限が必要な場合があります。

食事制限を行う場合、インプラント手術をした当日はインスリン注射や血糖降下剤の服用に支障が出る場合があります。手術後に腫れなどによって十分に食事が出来ない状態で決められた時間にインスリン注射を行ってしまうと、血糖値が下がりすぎるため低血糖になります。

そのため、血糖降下剤を服用している方やインスリン注射などを行っている方は前もってクリニックで申し出るようにしましょう。

さらにインプラント治療後は食事制限の必要があるか、腫れる可能性があるかなどを確認した上で歯科医師と相談しておく必要があります。

糖尿病

糖尿病が進んでしまうと免疫力が落ちてしまい、歯周病になりやすくなります。また、インプラントと骨が結合する際に起きる骨吸収の量が多くなるため、インプラントが脱落するリスクが伴います。

ただ、すべての糖尿病の方がインプラント治療できないということではなく、血糖値の調整がうまくできている方ならインプラント治療ができると言われています。医師と相談しましょう。

重度の心臓病

重度の心臓病の方もインプラント治療は避けた方がいいと言われています。

重度の心臓病の症状には次のようなものが挙げられます。

  1. まくらを背中に当てないと息が苦しく眠れない
  2. 階段を昇ると息が上がってしまう
  3. 足が常にむくんでいる

こういった症状に思い当たるものがあれば内科医で診断を受ける必要がありますが、心筋梗塞については発作が起きてから半年以上経っていれば治療が行えることもあります。

また、不整脈の治療などでペースメーカーを体内に入れている方はお口の中の細菌がこれらに付着し感染性心内膜炎にかかるリスクがあるため、インプラント治療は行わない方がいいでしょう。もし、ご自身の体のことで少しでも不安があることは事前にクリニックに申し出るようにしましょう。

事前の問診でしっかりと確認を!

インプラント治療は機能性、審美性に優れた治療法ですが、外科手術が必要となるためリスクがあるのに無理して行うのは危険です。

症状が重度の方や全身の健康状態が不安定な方はインプラント治療を行うのが難しいケースがありますが、中には可能となる場合もあります。

全身疾患がある方でインプラント治療を受けたい方はクリニックを受診する際に、かかりつけの医療機関の連絡先が分かるものを持っていくといいでしょう。そうすれば、歯科医師とかかりつけ医が治療法について検討することができるからです。

もし、以前全身疾患について指摘されたことがなくても、息切れやどうき、むくみ、不整脈、呼吸困難、胸痛・・など不安に感じる症状がある場合は事前に健康診断を受けておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

インプラント治療を受けられない人について具体的にまとめてみました。

上でご紹介したものにあてはまるものがなければ、インプラント治療が受けられる人ということになります。ご自分にあてはまるものがなければ安心してインプラント治療に臨みましょう。

ただ、もしあてはまるものがあったとしても受けられる場合がありますので、カウンセリングの際に歯科医師に伝えることが大切です。

TOP