インプラントのアフターケアを怠ってはいけない理由

はじめに

インプラント治療に使われる人工歯は人工物なので虫歯になることはありません。
ですが、その歯を支えている歯ぐきやあごの骨はご自分のものなので、治療をきちんと続けなければ歯周病と同様の症状であるインプラント周囲炎を引き起こすことがあり、最悪インプラントが脱落してしまうことがあります。
高い費用を払って治療を行ったインプラントですから、長く使いたいものですよね?
そのためには日ごろのご自分でのケア以外に、クリニックで定期的に検診を受けることが重要です。
ここではそんなインプラント周囲炎についてや、インプラントのアフターケアを怠ってはいけない理由、アフターケアの方法などをご紹介しますので、今後のご参考になさってみてください。

インプラント周囲炎が与える影響

健康な歯へダメージがある

インプラント周囲炎の原因となるのは歯周病菌で、これが増えてしまうと健康な歯にまで炎症が及んでしまい歯周病になる確率が上がると言われています。
また、インプラントがすでにぐらついていると、噛み合わせに悪影響が及んでしまい他の健康な歯にまで負担がかかってしまいます。

全身への悪影響

インプラント周囲炎の原因となる歯周病菌によって全身疾患を引き起こしたり、進行させてしまうことがあります。たとえば、動脈硬化や糖尿病、心臓病などの方は注意しましょう。

 

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎はプラーク中の歯周病菌によってインプラントの周りの歯ぐきや骨が細菌感染し炎症が起きると言われています。
インプラント周囲炎の主な原因は次の通りです。

  • アフターケアがいい加減
    インプラントは天然の歯と比べて抵抗力が弱くなるので、クリニックで適切なメンテナンスを行うことが必要です。
    クリニックでメンテナンスを受ける理由は日ごろのご自分でのケアだけではプラークや歯石などが完全に取り除けないからです。
    ですので、セルフケアに加えてクリニックでクリーニングを受ける必要があります。
  • 歯周病になったことがある
    インプラントでない天然の歯画歯周病になったことがある方はインプラント周囲炎にかかりやすいです。
  • 喫煙
    たばこを吸うとお口の中の免疫力が低下するため、たばこを吸わない方に比べて細菌感染のリスクが上がることと、たばこを吸うことで唾液の分泌が悪くなり細菌が増殖してしまうため、インプラント周囲炎になりやすいです。
  • 噛み合わせが悪い
    噛み合わせが悪く食いしばりや歯ぎしりなどをするくせがある方はインプラントに余計な負担がかかるため、周りの骨が吸収されやすくなります。
  • 糖尿病である
    糖尿病の方は細菌感染しやすいため、歯周病菌にも感染しやすいと言われています。
  • ドライマウス
    口呼吸をするくせがあって口の中が乾燥していたり、薬のせいで唾液の量が少なくなっていると、唾液によってプラークを洗い流せなくなってしまうためプラークが溜まりがちになります。

アフターケアを怠ってはいけない理由

このように、インプラント治療後にアフターケアを怠るとインプラント周囲炎にかかってしまい、最悪の場合せっかくのインプラントが抜け落ちてしまいます。
そうならないためにも、日ごろのセルフケアに加えてクリニックで定期的に検診を受けることで、インプラント周囲炎を予防しましょう。
インプラント治療を受けた方はどんな方でもインプラント周囲炎のリスクがあり、逆に言うと、インプラントはアフターケアを行うことで寿命を延ばすことができます。
ことを理解しておきましょう。
常にいい状態を保つように日ごろから心がけるようにしましょう。

インプラントのアフターケアの方法

セルフケア

インプラントは人工物なので虫歯になることは絶対にありませんが、歯周病菌に対する抵抗力は天然の歯より低いので発症や進行の速度は速いと言われています。
また、インプラントには神経がないので痛みを感じることがありません。何か病気にかかったとしても初期段階のうちは自覚症状がありません。だからこそ、天然歯よりも気をつけなくてはならないのです。

ブラッシング

歯磨きの際はご自分の歯と同様毎食後きちんと行う必要があります。
天然の歯に比べ感染症にかかりやすいため、よりていねいにブラッシングを行いましょう。
さらに、ブラッシングをきちんと行っていないと歯ぐきが腫れてしまうこともあるため、クリニックで正しいブラッシング法を指導してもらい日ごろからていねいなブラッシングを心掛けましょう。
ただ、なにもインプラント治療を受けたからと言って、特別なアイテムを使ってブラッシングする必要などありません。

膿が出てきたり、ぐらついてきたりしてから気づいても遅いのです。

インプラントはきちんとケアすれば一生使えると言われていますが、少しでも寿命を延ばすには治療後にきちんとアフターケアと定期的な検診を受ける必要があります。

クリニックでの定期検診

クリニックでの定期検診ではインプラントの状態や歯ぐきの状態、噛み合わせはどうか・・などを診ていきます。

クリニックでのクリーニング

インプラント治療後は定期的にクリニックでクリーニングを受けることも重要です。
クリーニングを受ければたばこのヤニやステイン、茶渋などをきれいに取り除くことができます。
また、バイオフィルムも取り除くことができるので、インプラント周囲炎を効果的に予防できます。
セルフケアでは取りきれないプラークや歯石まできれいに取り除けるため、必ず定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。
始めのうちは1ヶ月に1回程度検診を受け、その後3ヶ月、6ヶ月・・という具合に経過がよければ期間を開けていきます。

まとめ

インプラント治療が終ってもインプラント周囲炎になってしまうと、
せっかくのインプラントが抜け落ちてしまうことになります。
そうならないように、日ごろのご自分でのケアやクリニックでの検診を受けていただき、少しでもインプラントの寿命を延ばすようにしましょう。
治療したインプラントでいつまでもしっかりと噛んだり、会話したりできるよう努めてくださいね!

TOP